6.神秘の女 <11.5> <11.8>


  6

「反逆は連帯責任だ。この部屋の者は皆、殺される……もう俺達は終わりだ。あんたのせいだぞ」
 男は口を震わせながら、サナを睨んだ。後ろにいる同僚達が顔を見合わせ、ざわめき始めた。サナが立ち上がり、男を睨み返す。
「二人を……見殺しにするべきだったって言いたいの?」
 ざわめきが一瞬、消えた。サナの後ろで座っているレイリが俯く。
「どうかしてるよ、あなた達も」
 サナは腰に手を当てて溜息をついた。
「ど、どうかしてるのは、そっちだ」
 皆が声に振り向いた。端の方に立っていた気の弱そうな男が、震えながら恨めしそうにサナを睨んでいる。
「お、おまえのせいで僕達は……殺されるんだぞ! おまえのせいなんだ、どうしてくれるんだ!」
 サナは顔をしかめた。言い返そうと口を開いた瞬間、他の声がそれを遮る。
「そうだよ……どうしてくれるんだ」
「ずっと我慢してきたのに……!」
 非難の声は徐々に広がり、同僚達は口々にサナをなじり始めた。
 サナは反論を諦めた。彼らを無視して振り返り、再び膝をついてロイとレイリに声をかける。
「二人に話したいことがあるんだ。立てる?」
 ロイとレイリは真剣な表情で頷き、痛む体を起こして立ち上がった。レイリがロイの体を支える。
 サナは頷き、二人を連れて部屋の外に歩き出した。
「待てよ、逃げるのかよ!」
「責任取れよ!」
 サナは扉の前で立ち止まり、振り返った。サナが無言で睨みつけると彼らは怯み、罵声は止んだ。

 三人は小屋から少し歩き、人気のない空き地で立ち止まった。
「ごめんなさい……私のせいで」
「君のせいじゃない」
「そうだよ、レイリ」
「うん……」
 うな垂れるレイリの背中を軽くさすりながら、ロイはサナを見た。
「色々と聞きたいことはある……けど、先に君の話を聞くよ」
「うん、そうしてくれると助かる」
 サナはそう言って突然、自分の服の中に手を入れた。豊かな胸の谷間がロイの視界に入り、ロイは反射的に目を逸らす。
「これ」
 声に反応し、ロイは再びサナを見た。サナは手を差し出しており、折りたたまれた小さな紙切れを指に挟んでいる。
 ぽかんとしているロイに代わり、レイリがその紙を受け取った。
 紙を開いていくと、ある道筋を記した簡単な地図が描かれていた。横のロイも地図を覗き込む。
 少しして、レイリは顔を上げた。
「これって……」
 ロイも同じく顔を上げる。サナは頷いた。
「夜の見張りがいないルートと時間。割と隙だらけなんだよね」
「いつも夜いないと思ったら、こんなことを……」
「あ、気付いてた? ロイって割と鋭いとこあるよね」
 サナは茶化すようにロイを見た。無言でサナを見つめ返すロイ。サナはすぐに真剣な表情に切り替えて、二人を交互に見た。
「二人で夜明けまでにこの国を出て。それから日の昇る方角に半日歩けば、村があるの。止まらないでその村を目指して」
「えっ?」
「な……」
「大丈夫。その地図の通りに歩けば安全だから」
「一体何を……君はどうするんだよ?」
「あたしは、ここでやる事があるから」
 ロイは一瞬、言葉を失った。
「え、やる事って……?」
 そう聞いたレイリに答えようと、サナは彼女の方を向いた。そこにロイが割り込む。
「サナ、ちゃんと話してくれ。君の目的っていうのは何なんだ? どうして僕達を逃がそうとしてる? さっきの兵士を倒した力は何だ? 君は一体、何者なんだ」
 幾つもの質問を一斉に投げかけてくるロイの視線を、サナは正面から受け止めた。微かに頷き、口を開く。
「……いくつか、嘘をついてた。ごめんね、騙すつもりじゃなかったんだけど」
 ロイとレイリは無言で続きを待った。
「本当はあたし……五年前まで、この国で暮らしてたんだ。ウルが王位に就いた時、この国が封鎖される直前にネティオを出たの」
 二人は唖然とした表情でサナの告白を聞いている。
「あたしがこの国に戻ってきたのは、カルツを助け出すため。様子を見るためにわざと捕まったんだけど……甘かったね。直接城に向かうべきだった。こんなに酷いとは思わなかったんだ」
「カルツって……もしかしてカルツ様? ウル国王のお兄さんの?」
「彼は殺されたんじゃないのか?」
 サナは首を横に振った。
「それはただの噂だよ。彼は生きてる。城に幽閉されてるんだ」
「何でそんなこと、君にわかるんだ?」
「ばあやに聞いたの」
「ばあや?」
「うん、カルツの……乳母っていうのかな? 彼を子供の頃から育ててきた人」
「そんな人とサナが知り合いなのか?」
「うん」
「なんで……君は一体何者なんだ」
 サナはくすっと笑った。
「何者ってことはないんだけどね。あたし、カルツと付き合ってたんだ」
 ロイとレイリは目を丸くして言葉を失った。サナが面白そうに笑う。
「びっくりした?」
「そりゃあ……だってそんな話、噂にも……」
「本当……なの?」
「うん。だからあたしは、彼を助けに行く。その為にこの国に戻ってきたんだからね」
「でも、一体どうやって?」
「城に忍び込んで、ウルと兵士達を全部倒す」
 サナは握った拳を顔の前に上げて笑った。ロイが顔をしかめる。
「無茶だ」
「それが無茶じゃないんだよね。さっきあたしが兵士を伸すところ、見たでしょ」
 ロイはレイリを見た。彼は意識が朦朧としていた為、サナの戦いをはっきりとは見ていなかった。レイリは黙ってロイに頷き、サナを見た。
「確かに、信じられない強さだった。けど……」
「心配しないで、大丈夫だから」
 サナは不安そうに見つめてくるレイリに微笑みかけ、先程と同じ様に胸元に手を入れた。
「一つ、お願いがあるの」
 言いながらサナが取り出したのは、布切れに固く包まれた、小さな塊だった。