「どちらにしようかな…」

ちよちゃんが迷っています。
指を右に左に振っては、かみさまをちらちら見ています。

「てんのかみさまのいうとおり」

ちよちゃんはまたちらっとかみさまを見ました。
けれどかみさまはただぷかぷか浮かぶばかりです。

「どちらにしようかな…」

ちよちゃんはまたかみさまをちらっと見ました。

「てんのかみさまのいうとおり」

ちよちゃんがまたかみさまを見ると、かみさまはすっと手をのばして、空をくる
くる指差しています。

「どちらにしようかな…」

ちよちゃんはそれから数回はあきらめずに繰り返しましたが、
けっきょく、自分で選ぶ事にしました。
かみさまはぼんやり天井を見つめていました。




「い…のと…せて…う…」
ちよちゃんが本を読んでいます。
ちよちゃんは少しなら字が読めますが、お父さんの本なので上手く読めないようです。

「から…え…ます…」
ほとんど内容はわからないようですが、写真や絵がところどころにあって、
ちよちゃんは楽しそうです。
そんなちよちゃんを見て、かみさまが嬉しそうに、すっと手をのばしました。

「…と…して…空の…」
ちよちゃんは楽しそうに本を読んでいます。
かみさまは、嬉しそうに歌をうたっていました。