★そのにじゅうなな〜さんじゅうはち

「ちよー、ちょっとそれ取ってー。」
「はーい」

「ちよー、この味どうかしら?」
「ちょっとうすいー」

今日はちよちゃん、お母さんのお手伝いをしています。
時計の針ははなればなれ、お夕飯の仕度です。
いつもよくお手伝いをするちよちゃんですが、お料理の手伝いは初めてです。
食卓で待つお父さんも、何だか落ち着かない様子で台所を気にしています。

「はい、できた。ちよ、これ運んで運んで。」
「はーい」
「気をつけて運ぶのよ?」
「はーい」
「ちよ、お父さんが運ぼうか?」
「お父さん、じゃましないの。」
「はーい。」

お夕飯は、何だかいつもよりちょっとだけ、美味しく感じました。


その後、お片付けの手伝いもしたちよちゃんは「つかれたつかれた」とお部屋に戻りました。
そして床にぽんと座ると、突然「はい!」と言って両手を前に出しました。
目の前にはかみさまがぷかぷかと浮かんでいます。
かみさまはちよちゃんの手の中をのぞき込みました。
そこには小さなおにぎり。
ちよちゃんがかみさまにと、こっそり握ってきたのです。
「どうぞ」
にこにことしているちよちゃんから、かみさまはとまどうようにおにぎりを受け取りました。
ちよちゃんは何かを期待するような目でかみさまを見ています。
かみさまは、しばらく悩むようにおにぎりを見つめていましたが、
おもむろに空いてる方の手でおにぎりをすっとなでました。
おにぎりは、音もなく消えてしまいました。

「…おいしかった?」

少し考えてから、ちよちゃんがおずおずと聞きました。
食べたのかどうかもわからないので、不安そうな顔です。
そんなちよちゃんに、かみさまははずむような歌をうたいました。
ちよちゃんはそれを聴くと、「ごちそうさまは?」と言って笑いました。