★そのいち〜じゅうに

小さい頃はかみさまがいて、不思議に夢を叶えてくれた――。



ちよちゃんは3歳です。
少し茶色がかったくせっ毛が、肩の上にくるりと乗っていて、いつも前髪は短め

緑の洋服が大好きで、靴下をはくのが大嫌い。
言葉数は少ないけれど、いつも笑顔の女の子です。
ちよちゃんの後ろには、かみさまがいます。
ふわふわと浮かんでいて、時々風に揺れています。
色は白くて、ちょっとすべすべしていて、まるでいびつな玉子のようです。
かみさまは子供には見えますが、大人には見えません。
ちよちゃん以外にも、かみさまがついている子はいますが、誰にでもついている
わけではありません。
かみさまにも性格があります。
怠け者やお調子者、無口なやつ、おしゃべりなやつがいます。
かみさまは人間の言葉がわかりますが、人間はかみさまの言葉がわかりません。
だから子供たちの願い事に対して、かみさまは動きで示してきます。
決して「~が欲しい」という願い事に対して、その物をただ与えるという事はな
いのです。




「あめなめたい」
ちよちゃんがかみさまにお願いしています。
指をくわえたまま、かみさまの方を見るでもなく、お願いしています。
すーっと、かみさまが手をあげます。
にゅーって手から指が生えてきて、部屋のすみに散らかったちよちゃんのおもち
ゃを指します。
「えー」
ちよちゃんはちょっと不満そうに、口をとがらせて、それでも素直におもちゃを
かたづけ始めました。
ぬいぐるみに積み木がいちにぃ、小さなボールをおもちゃ箱に詰めると、部屋は
すっかりかたづきました。
「おっ、えらいな、ちよ。言われる前に自分でかたづけたんだな。」
お父さんです。
お父さんはまたえらいと言って、ちよちゃんの頭をなでました。
そして、
「お母さんに言うなよ。」
と言って、小さなメロン味のあめ玉をくれました。
ちよちゃんは、
「ありがと」
と、お父さんとかみさまにお礼をいいました。




「まだ、や」
ちよちゃんがお布団の中でわがままを言っています。
もう朝ご飯の時間なのに、ちよちゃんはまだおねむなのです。
「もうちょっと」
ちよちゃんはかみさまにお願いしました。
しかしかみさまはただふわふわと浮いているだけです。
「ほら、ちよ、もう起きる時間でしょ。」
お母さんが布団をはごうとしました。
「もうちょっと」
と、ちよちゃんはまたお願いします。
そしてお布団のすきまからちらっとかみさまを見ました。
かみさまは窓のところで、よくわからない歌をうたっていました。
「もう」
ちよちゃんはあきらめて、お布団から出ました。