「きもちーねー」

夕日に包まれた部屋の中、ちよちゃんは窓を開けて外を眺めていました。
いつの間にか季節は、涼やかな風を吹かせ、どこかで虫の鳴き声もします。
ちよちゃんは窓枠にもたれ、ぼんやりと、まだ青い庭の木や目の前を過ぎるトンボなんかを見ていました。
道を行く友達がちよちゃんに手を振っています。
ちよちゃんも手を振りかえしました。

「またあしたねー」
「うん!あしたねー」

その子は大きめのカーディガンを風に膨らませながら、お母さんの背中を追いかけて帰ってゆきました。

「ふー」

大きく息を吐いて空を見上げると、千切れた雲がゆっくりと流れていました。
台所では、お母さんがお夕飯の支度をしています。

(おてつだいしようかな…)

ちよちゃんは立ち上がると、台所へ行こうとしました。
そんなちよちゃんに、かみさまがすうっと近づいてきました。

「なあに?」

かみさまは、首を傾げるちよちゃんの肩を優しく叩きました。

「?」

ちよちゃんはかみさまが何をしたのかわからず、頭にハテナを浮かべたまま台所へ行きました。

「おかーさんてつだうよー」
「あら、ちよ助かるわ。ありがとう。」
「へへー」
「ただいまー」
その時、玄関からお父さんの声がしました。
「あっ、おとうさんだ!おかえりー」
「ちよ、ただいま」
「お帰りなさい。」
「うん、ただいま。ほら、ちよ、お土産だぞ。」
「ケーキだ!」
「あら、ケーキなんてどうしたのよ、珍しい。」
「何か急に食べたくなっちゃってさ。ちよ、後で食べような。」
「うん!」

ケーキは、ちよちゃんの大好きなモンブランでした。

お夕飯のあと、美味しそうにケーキを食べるちよちゃんをみつめながら、かみさまは優しい歌をうたっていました。
庭では、秋の虫がうたっています。
その歌は、夏よりも賑やかに、夜を彩っていました。