ちよちゃんがお庭で穴を掘っています。
新しい、買ってもらったばかりのスコップが嬉しくて、
にこにこにこにこ穴を掘っています。
だけど、もしこんなところをお母さんに見つかったら怒られてしまいます。
それにちよちゃんが夢中で穴を掘っているのはアリさんの巣なのです。
アリさん達は逃げまどい、つぶれてしまったものもいます。
それを見たかみさまが、すうっと手をあげました。
「あ…」
すると突然、ざあっと雨がふりだしました。
ちよちゃんはびしょ濡れ。
スコップを投げ出しておうちへ駆けてゆきました。
お庭では、アリさん達が溺れていました。




ちよちゃんがお絵かきしています。
空を、雲を、飛行機なんかを、かわいい色のクレヨンで描いています。
あまり上手じゃないけれど、何より楽しそうなのが良いです。
かみさまもそれをみながら、何だか嬉しそうに歌っています。
「うーん…」
ちよちゃんが悩んでいます。
どうやら雲が上手く描けないようです。
すぐに散り散りになってしまうせいで、上手に形が描けないようです。
それをみたかみさまは、ぴたっと歌うのをやめ、すうっと手をあげました。
するとみるみる空を雲がおおいはじめ、すっかりくもりになってしまいました。
「あー…おひさま、かくれちゃった…」
かみさまは少し得意そうでしたが、ちよちゃんはがっかりしてしまい、
お絵かきをやめてしまいました。