ドアを開いた女の子

それは描かれる女の子のお話で。

女の子は決して自分でなにかをきめることはできないよ?
女の子はとてもとても、ああ、それはそれは理不尽なんだ。

描かれる存在だからね。

だからある日、女の子はお願いしました。
女の子の世界は描かれているもので。

けれども、この世界の神様は何を考えているのだろうか?
女の子が一人いるだけの。
うんうん、真っ白なんていう言葉ですら絶対に間違ってるのに。
何もないっていう言葉も、女の子の世界にはないのでした。


ソノオネガイモ、オネガイサセラレテイルトハシラズニネ。
私が生まれる。
産み落とされる、私の意思とは関係なしに、だ。
うんうん、そうじゃない。
最初から私には意思などありはしないのだから。
この苦しみも、えらく憂鬱の気持ちも、全ては。
私の手の届かない、神様の考えなんだから。

目が覚める。
ゆっくりと起き上がる私は白い部屋の中にいた。
ただ、白いだけの床に突っ伏していた。
木製の丸っこいドアに、夜空を映し出す窓が一つだけ。
申し訳程度に丸い蛍光灯が天井からつるされ、真っ白な光で室内を照らしだしていた。
生まれ落ちる場所としてはあんまり良いところではなかった。
とと、考えるのは楽しくないからやめよう。
うんうん、私には楽しいと思う気持ちさえ存在してないのだ。
窓から夜空を見上げる。
真っ暗だ、星はおろか月の灯さえない、ただ真っ暗が広がるだけの空。
神様はどうやらとんでもなく暗い気持ちなようだ。
けれども、部屋は真っ白だ。
矛盾している。
本当は、神様は明るい気持ちなのだろうか。
ああ、そうか。
私がこう考えるということは、神様も自分がどんな気持ちなのか分かってなどいないのだろう。

パチッ。
私は蛍光灯の灯を消すと、そっと部屋を後にした。


神様、いったいアンタは何を考えているんだ。

ただっぴろいバザー会場。
私の瞳には人々が露店を広げている広場が飛び込んできた。
「これはいくらだい?」
「これはお嬢ちゃんがつくったのかい?」
「これは売り物なのかい?」
そこには色々な。
本当に色々なものが売られていた。
それこそ甘いアイスクリームから、小さな子供まで。
そう、本当に色々、だ。
空は相変わらず真っ暗なまま。
辺りの電灯に照らされながら、人々はおのおのに売り買いを楽しんでいた。
これはあくまでも私の主観。
そう映ったからそう思っただけ、ただそれだけだ。

「ねぇ‡」
女の子だ。
茶色いショートカットの少女が私に話しかけてきた。
「ねぇ、とってもとっても痛いの‡」
少女は憂鬱そうな表情で私に訴えてきた。
「どこが痛いの?」
「ねぇ、とってもとっても痛いの‡」
「私にどうしてほしいの?」
「ねぇ、とってもとっても痛いの‡」
私は痛いということを言葉では知っていたけれども。
実際にそれを体験したことなどなかった。
すると女の子は残念そうな表情をすると、次々と広場の明かりは、その灯火を消していった。
真っ暗な広場に人々の言葉だけが繰り返される。
「コレハイクラダイ?」
「ネェ、トッテモトッテモイタイノ‡」
「コレハオジョウチャンガツクッタノカイ?」
「ネェ、トッテモトッテモイタイノ‡」
「コレハウリモノナノカイ?」
「ネェ、トッテモトッテモイタイノ‡」
知らずしらずのうちに私は走り出していた。
全力でバザー会場だったそこを走り抜ける。
どこでもいいから、ただ、そこにはもういたくない。
ただ、それだけ。
勇者と魔王がいたとしてさ。

どっちとお友達になりたいかって話をして。

貴方は魔王を選ぶのかな?
勇者を選ぶのかな?

でもそれって、とっても変なことなんだよね。

良い魔王もいれば。
悪い勇者だっているのかもしれないよ?

でもその二人も結局は何も知らなくて、
ただおもちゃ箱の中で、神様に遊ばれるのを待っているだけの。

お人形さんだとして。
sage