――先2五桂、後4二銀、先4五歩、後同歩、先5五銀、後2四歩、先6四歩、後同歩――
 ここですぐに6四銀と捌きに行きたい所ではあるが、6七に歩を叩かれてから5八角と打たれる両取りが痛く、また、金が5六に上がることで中央をより強固にできる。