――先5六金、後2五歩、先6四銀、後5五歩、先同銀、後7五歩、先4四歩、後3三金寄、先5四角――
 7六の守りに効かせながら攻めを狙う角。
 形勢は悪くないのだが、7五に突かれた歩から、喉に刺さった魚の小骨のような気分の悪さを感じてしまう。