――後7六歩、先同銀、後7五歩――
 この歩は取れない、痛い手だ。
 しかし確かに厳しいが、8一角成なら一手先に飛車取りをかけられ五分と読む。二時間近くの持ち時間を残している響に対して竹中は一時間を切っている点からも、総合すれば形勢はやや有利といった所だろう。