「島津七段とはどういった経緯で、その、ご一緒に勉強なさるようになったんですか?」
「それが、良く覚えてないんですよね……奨励会に入りたての頃だから六年くらい前だと思うんですけど、向こうは当時三段で、なんでか声をかけられて」
「何か目につくようなことでもしたんですかね?」
「うーん、何だったかな……当時の自分は小学生で、本当に生意気でしたから、そうかも知れませんね。とにかく、最初はボコボコにされた記憶があります」
 ――後同香、先同香――