一の一

「――負けました」
 上手に座った女が、にこやかな投了だった。香落ちの一戦。あからさまな態度ではないが、本気でやれば小学生相手に負けるはずがないという余裕を持っている雰囲気は十分に伝わってくる。二十四歳、タイトルにも挑戦したことがある有望株の女流二段。指導という名目でふらりと部屋に顔を見せたがその実は若い男にツバを付けに来たのだろう。対局中から女の視線が余所に向いていることに少年は気付いていた。
「あれ、岩手さん負けちゃったんですか?」
 脇から伸びてきた男の声に女の目の色が変わる。男との会話の種に負けた程度のつもりなのかも知れない。
「ええ、恥ずかしいけど。この子とっても強くて」
「その年で岩手さんを負かせるんじゃえらいもんだな」
 軽い調子で答える男は十八歳奨励会三段、高校卒業を間近に控えながらの後期三段リーグで優勝がほぼ確実となっている。整った顔と今風の軽い性格、しかし一度盤の前に座ればそれらに反してどこか昔気質な印象を覚える一本強気押の棋風を見せることが良い話題となり、意地を貫き通した上で勝ちをもぎ取る、今時珍しく応援しがいのある心底惚れる将棋だと、四段昇進前から好事家のファンがついているような男だ。
「島津君カタキとってよ、ね?」
「え、俺すか?」
 ぬるい空気の漂い始めた場に、ふと、少年が言葉を漏らす。
「もう一局お願いします……今度は振駒から、平手で」
 ざわり、にわかに室内がどよめく。女流とは言え相手はプロのタイトル戦経験者、奨励会にも入りたてという小学五年生に許される発言ではない。岩手女流は苦笑した。
「うーんと、それはね――」
「――子供相手に平手で指して負けるのが怖いですか?」
 明確な挑発。場が凍り付く。小学生相手に本気で怒ることもあるまいが、どちらにせよ場を納めることは至難だ。
 と、そこへ助け船を出したのは、何を思ったのか島津三段だった。
「まあまあ、折角ですから岩手さんも一局指してあげて下さいよ。調子に乗った若手に『ワカラセル』のも先輩の仕事ですよ」
 へらへらと笑いながら、さながら雲のようにつかみどころ無く、自然な流れで岩手女流を盤前に促す。
「そいじゃあ俺の立ち会いってことで……両者とも、よろしくおねがいします」
 島津の聞きようによってはふざけた言葉、しかし少年は無表情に盤に沈む。

 七十手を過ぎた辺りから周囲にギャラリーが集まり始めた。新進の、威勢の良い少年を一目見ようというばかりではない。入会半年経たずの少年が、女流とは言えプロを平手で正面から負かそうかという局面だった。岩手女流の調子が特別に悪いというわけではない。この棋譜とても自らの階級であるならばそれなりの勝ち負けをできるレベルにあるだろう。むしろ真っ向から叩き崩した、少年の小学生らしからぬ抜きん出た棋力をこそ誉めるべきだった。
 以て九八手、詰めろの金が打ち付けられたところで岩手女流の声が震えた。投了の機を逃したようですらある圧倒的な盤面と『負けました』のその声に動揺がしかと現れていた。それらはつまり指導という枠を超えた全力の敗北であることを示している。
 ただの一局で解らせたのは、女流ではなく少年だった。周りを囲む人垣からは賞賛とも驚嘆ともつかないどよめきが沸いている。
 少年は、しかしなおも表情を変えず、もう一度言った。
「最後にもう一局、こっちの二枚落ちでお願いします」
 研鑽を目的とした対局でないことは、ただ相手を辱める為の言葉であることは、誰の前にも明らかだった。さすがにギャラリーから、恐らく会館の職員だろう、仲裁の声が入る。
 しかし少年は岩手女流の目を覗き込むようにじっと見据えその姿勢を崩そうとしない。
 少年はつまり、謝罪を待っているのだった。無論、一局目において駒落ちをしたことに対する謝罪などではない。指導対局とはいえにこやかに笑いながら投了し、あまつさえ敗戦を種に異性へ媚びるような、勝負に礼を欠いたことへの謝罪だ。
 膠着しかけた場に割り込んできたのは島津三段だった。
「そんなことより、どうせなら俺と指さないか」
 その言葉は聞きようによっては岩手女流への侮辱が含まれているとも取れるが、或いはかばうつもりなのか、盤前に座ったままの岩手女流を押しのけて少年と向かい合う。
「どうした、納得いかないか。やっぱり小さくても女と指す方が嬉しいもんなのか」
 少年を煽るような口調で。つまらない勝負なんかよりも俺と指せ、そう誘っている。
 島津の密かな熱気に呼応するかのように、少年は礼をした。

「飯食いに行こう、もちろんおごるよ……つっても安い定食だけど」
 島津の誘いがあったのは指導が終わり帰り支度を始めていたときだった。
「君と話がしたくてね、浅井響くん。遅れまして、島津銀乃介だ。よろしく」
 少年――響は、素直に提案を受け入れた。