――先2五歩、後5二飛――
 ここから角交換に持って行き穴熊を目指す手もあるが、それではあまりに素直すぎて読まれているだろう、今日は5八金右型に押してやる、と意志を固めてあった。