あまりに堂々と飛車交換を挑んでくる姿勢に、自陣の狭さに目が向かないのか、と不安を覚えなかった訳ではない。
 しかし躊躇する訳にはいかなかった。読み筋通りの進行なのである。
 余分な時間は消費できない。
 ――後同飛――