銀乃介ではないが、難解な局面でこそ、弱気な姿勢を見せる訳にはいかない。こちらが解っていないことを確信されてはならない。『もしかすれば知っているのでないか』という疑念を、相手の思考のどこかに残しておかなければならない。
 相手の精神を、片時たりとも楽にしてはならない。
 ――先同桂、後1五角――