――後同桂成、先同玉、後4九角成、先5八桂――
 5八香でも後5九金から6三桂と捨てれば後同金に6五香で詰めろがかかり寄せに入るが、しかし、5八桂からの一直線にケリを付ける道、五三手目の5七歩同銀から見ていたこの筋には絶対の自信がある。渾身の一手だった。