奥歯を軋ませながら、響は指す。
 ――先同角成、後同玉、先1三竜、後5三銀、先同竜――
 優勢と思い込んでいた盤面は、一転して響の負け一色に染まっている。