――先9五銀、後同玉――
 まだ、やめる訳にはいかない。負ける時は徹底的に、無様な死に方を晒さなければならない。それは響が自身に科した絶対の掟だった