――後7四歩、先3九金、後1四歩、先3六歩、後4二角、先6五歩、後5一金、先4五歩、後3三銀引、先4七銀、後7二飛――
 銀が5筋を空けて飛車道を確保したところにちょっかいを出してきた、といった所か。6六角と受ければ8二飛と戻され千日手が見えてしまい、このまま勢いで押し切りたい響としては指し直しは頂けない。打開する方法としては、結局のところ5六歩とついていくしかないのだがと、多少時間をかけて慎重に読む。
 先5六歩から後7五歩、先同歩、後同飛、先5五歩、後8六歩、先同歩、後7三桂と跳ねられると悠長にはしていられない、先5四歩から後6五桂、ここで角を切って先3三角成、後同銀、先7六歩、後同飛、先6五飛、後7九飛成と入り込まれる流れが最有力だろうが、そこから先6三飛成、それとも思い切って先5三銀と打ってみるか。いずれにせよ角切りも銀桂二枚換えなら悪くなく、局面自体も良いと見え、次の一手は決まった。