4話

畸形細工   (4) 私と隠れたヒーロー 前編

義昭のもう一つの顔、という物を垣間見たあの日から、既に二週間が経過していた。
アレで必要以上に目立ったのは、キレた義昭と、庇われた私の二人。
義昭は基本の性格が良いから学校生活に問題無いと思っていたが、事実問題なく過ごしている。
一方私の方はと言えば、あの件が原因でまた虐められると予想していたのだが、何事も無い。
正確には目立った事は起きていない、と言った方が良いだろう。
廊下を歩いていたら足を引っ掛けられたり、机の上或いは中にあった物が紛失していたりはする。
が、小中学校の時の事を思えば、どれも子供の悪戯並みに慎ましい物ばかりだ。
本来ならアレで女子達の反感を買い、凄惨たる虐めの日々の幕が上がってもおかしくないのだが。
高校生ともなると、あぁいう人間でも自重という言葉を覚えるのだろうか。
まぁ、虐められないに越したことは無いので、それはよしとするのだが。
あれから気になり始めたのは、義昭の奇妙な行動である。
例えばそれは、昨日のこと。
私はうっかり机の上に携帯電話を置きっぱなしにして、トイレに行くべく席を立った。
そして戻ってくると、机の上に置いてあった携帯電話が、見事に神隠しにあっていたのだ。
まぁ犯人は言わずもがな、例の女子達なのだろう。
その時も、何も無い机を見下ろしている私を見ながら、クスクスと声を潜めて笑っていたから。
ロックは掛かっているから中身を見られる事は無いだろうし、別に見る物も無いからと気にしないで居た。
然し、昼休みの事。
相変わらず男子達に絡まれて、けれど楽しそうな義昭を放置して、一人で屋上で昼食を取っていた。
私の友達は義昭一人なので、本来なら義昭と昼食を共にしたいが、私一人独占する訳にはいかない。
義昭は私も一緒に食べれば良いと言うが、他の男子がきっと対応に困るだろうから、二日に一度にした。
で、昨日は私は一人で昼食を取る日。
屋上にはチラホラとカップルが見受けられたが、気のせいか、私が来てから人数が減ったように思う。
まぁ屋上では何事も無かったから省略する。
問題はその後、昼食を終えて屋上から教室に帰ってきた時のことだ。
教室に入り自分の席に戻ると、机の上にポツンと置かれた自分の携帯電話。
白くて飾り気の無い、シンプルな私の携帯電話が、机のど真ん中に置かれていたのだ。
女子達が返してくれる筈も無いだろうし、壊れてる形跡も無い。
ただただ、机の上に私を待っていたかのように、携帯電話があったのだ。
不審に思っていると不意に視界に入ったのは、不愉快そうな女子達の顔と、楽しそうな義昭の顔。
私は思い切って携帯電話を手にし、男子に囲まれる義昭の元へと歩を進めた。
「…携帯電話が返ってきた」
ただ其れだけを口にしたのだが、義昭はビックリしたように体を大きく揺らした。
彼の黒い瞳が左右に泳いで、短い黒髪が少しだけ跳ねた。
「お?おーっ、良かったジャン!?」
周りの男子は笑いを堪えている。
私は其処まで鈍くない。
義昭がイジメグループから私の携帯電話を奪い返し、私が居ない間に机に置いたのは明白だ。

其れからも、義昭の秘密にならない秘密の行動は続いた。
といっても、専ら紛失物を私のいない間に戻しておくとか、そういう行動なのだが。
その度に私は義昭に報告したが、義昭はギクシャクとしながらも誤魔化すばかり。
そして女子達は不機嫌で、男子達は面白そうだ。
義昭は一体何がしたいのか、私には全く理解できなくて、三週間も過ぎていた。
今日は、紛失していた歴史のノートが返って来た。
イジメグループが落書きしたり破いたりしたのだろうか、ボロボロだ。
流石に破損されたノートを返されても困るのだが、ふと義昭を見れば許してしまう。
何故なら彼は、まるで隠れて悪戯していた子犬のように、ハラハラした、何処か困っているような表情で、私を凝視していたからである。
一応イジメグループから取り返してみたものの、ボロボロになったノートを返すのは流石に気が咎めたのだろうが、今まで取り返し続けてきた手前、ドキドキしながら置いたといったところだろう。
私はボロボロになったノートを、机の横に引っ掛けた鞄の中に突っ込んだ。
どうせ今日の歴史の授業は終わっているし、どの道使い物にならないから。
それから、ちょっと前流行っていたCMのチワワのような義昭の元へと歩いていく。
義昭は椅子の背凭れを抱くように座っていたが、なんだかダンボール箱に捨てられているみたいだった。
「…義昭、歴史のノートが返って来た。だが、ボロボロになってた」
「……お、おぅ…」
「だから…歴史のノートを放課後、写させて欲しい」
私はぎこちなく笑って見せた。
ぎこちないのは仕方がない。
今まで誰かに笑顔を向けたことなんてなかったのだから。
ついでにこの笑顔、あの自己紹介で引かれたアレだ。
「お、おう!字ぃきたねっけど、オレので良かったら全然貸すって!!」
然し、義昭は嬉しそうに笑みを浮かべて立ち上がり、興奮気味にそう返事した。
「何々笹川さん、歴史のノートだったらオレの貸すよん?」
義昭の友達―多分、香川賢吾という名前だったと思う―が、ひょっこりと顔をだしてそう言った。
だが私は首を左右に振って、その申し出を断る。
「有難う。けど、義昭に話もあるんだ」
「お、何々…ラブラブってやつか!?」
「…ラブラブ、になるのか?」
「なるなる。放課後かぁ…二人っきりであんなことやこんなこと――」
「ばっ、賢吾テメッ!変なことコイツにふっこむなっつの!!」
「いやーん!義昭くんがおこったぁ」
「キメェ!!超キメェッ!!」
騒がしくも楽しげな二人を放置して、私は自分の席に戻ったのだった。