~~星に願いを~~

 流星群がふる、その夜。
 ぼくたちはふたグループにわかれ、別々に運河のほとりの河原へいった。

 一方は、ロビンとミューとカトルさん。
 もう一方は、残りのぼくたち――ぼくとリアナ、ぼくたちのなかにいるアリスとミミちゃん。

 ミミちゃんとカトルさんは、決めたのだ。
 お互いの想いは恋愛感情じゃなかった。
 だから、あれですっぱり、お別れしよう、と。
 そしてそうなった以上、互いに変に未練が残るような真似はやめよう。
 流星群は、一緒の河原でだけど別々に見て、互いをきれいな思い出にかえよう、と。

 ――だからぼくたちはいま、ここにいる。
 いつになくにぎわいを見せる河原に、夕闇に紛れて、互いを心でだけ思いあいながら。


「……ミミちゃん、本当にいいの?」
 リアナがミミちゃんに尋ねた。
「カトルさんには、確かに失礼な事をしてしまったかも知れない。
 けれど今回のことは、こういってはなんだけどお互い様じゃないかしら?
 まだ、ほかのひとを探して恋をしたっていいんだし……」
『………』
 ミミちゃんはさびしげに微笑んだ。
『ありがと、リアナさん。
 でも、もういいの。
 せんぱいと一緒にいて、すごくしあわせだったし……
 それに。

 わかっちゃったの。
 あたしは、どんなにがんばっても、ただの5さいの女の子なの。

 ……だから、オトナの恋なんて、したくても、できないの』
「そんな………。」
 そういわれるとぼくには、もう何もいえなかった。
『あたし、天国にいく。
 そうして、もういちど生まれかわって、ちゃんとオトナになって、それからオトナの恋をするの。
 そうしてしあわせになるわ。せんぱいや、クレフさんや、ロビンさんみたいな人と。
 ……リアナさんみたく』
「ミミちゃん………」
 するとぼくの中からアリスが口を開いた。
『ねえ、ミミちゃん。恋人としてじゃなくても、そばにいる方法ならまだ……』

「あ、来たっ!」

 突然、誰かが声を上げた。
 地に落ちる影が、ほんの少し濃くなったような気がした。
 見上げると、ひとつ、またひとつ。
 西の空から尾を引いて、銀色の星たちが流れてくる。
「うわあ!!」
「流星群だ!!」
 河原は一気に沸きかえった。
 星明りのなか、天を指差し流れ星を数えるひと、カメラを向けるひと、友達と手を取り合ってはしゃぐひと、なぜかひとり泣いているひと………
 そして、願い事を唱えるひとたちがいた。
 何人も、何人も。

『そっか、いちおう流れ星だから……』アリスがぽんと手を打つ。
「まあ、素敵ね! わたしたちもやってみましょう!」リアナがぱん、と手を打つ。
「そ、そうだね」ぼくは相槌を打ち、
 ミミちゃんはぽつり、つぶやいた。
『……いたい』
「?」
『せんぱいに会いたい。
 カトルせんぱいにあいたいよー!!』

『まったく。そういうことはもっと早く言うのだニャ!』
 すると、後ろの方から声が聞こえてきた。
 ふりかえるとそこにいたのは、首にリボンを結んだミュー、ミューを抱えて軽く息を切らしたロビン、そして、息を弾ませ涙を浮かべたカトル先輩。
『せんぱい……ロビンさん、ミューちゃん……!』
 ミミちゃんは大きく目を見開き、しかし涙を浮かべて目をそらした。
『ご、ごめんなさい、いまのは、……
 あたしには、せんぱいにあう資格なんかないんです。
 だってもうあたしは、せんぱいをふっちゃいました、から……』
「きょうだいでもいいじゃないか!」
 とそこへ、ロビンの声が響いた。
「ミミちゃんは“お兄さん”としてカトルさんがすき。
 カトルさんは“妹”としてミミちゃんがすき。
 それは、ぜんぜん、いいと思う。
 恋人どうし、という関係と比べて、劣ってなんかいない。
 だから、それでいいと思う!
 最後なら、……呼んであげればいいじゃないか。
『お兄ちゃん』て!」
『あ、………… ああ…………』
 ミミちゃんは言葉を失った。
 そしてその目から、涙があふれた。
 カトルさんも言葉を失った。
 その目からも涙があふれた。
 ミミちゃんが歩み寄る。
『……ん……』
 カトルさんも歩み寄る。
『……ちゃ、ん……』
 ミミちゃんが駆け出した。


『カトルおにいちゃ――ん!


 ……だいすきだよ。これからもずっとずっとずっと!!』
 カトルさんが、ミミちゃんを受け止める。
 そして、涙で告げる。
「うん。僕も、ずっとミミちゃんが大好きだ。
 妹になってくれて、ありがとう……」
『おにいちゃん………』

 ふたりはそのまま、しっかりと抱き合っていた。
 流星群の光が降り注ぐなかで、ただふたり、じっと。

 やがて流星群は天のかなたに消えた。
 するとその後を追いかけるように、ミミちゃんの魂はリアナの身体を抜け出した。

『みなさん、ほんとにありがとうございました。
 おにいちゃん、あたし、もう一度ちゃんとおにいちゃんのところに生まれてくるね。
 きっときっと、やくそくだよ』
 星色に輝くミミちゃんは、ちょっとだけ大人っぽくなった言葉と微笑みをのこして、天の高みへ昇っていった。