世界観

 一昔前にこの世界で起きた、すべての国を巻き込んだ大戦争、『神魔戦争』。
 この戦争については、記録はおろか記憶すら、誰にも残っていないという謎の多い伝説のような話だ。ただ一つ、その戦争があったということだけが民間でも伝わっている。どうしてそのようなことが起こり得るのかは未だに研究されている最中で、詳しい事はまだ分かっていない。
 けれど、その戦争こそが今のこの世界を形作っているといえる。
 その戦争を境に作られた宗教、『パラレル』。一般的に『パラ教』と呼ばれていて、世界で最も信者の多い宗教だ。そしてこの宗教が、その戦争を境に作られたということがその経典に載っているという。その経典によれば、『神魔戦争』とは神と魔王の争いであって、その戦いが長く続き、その末に神が魔王に勝利し、そして世界を魔の手から救った、ということらしい。もちろんその話における神というのがその宗教における神であるのは言うまでもない。
 一般的にはこの宗教の話が『神魔戦争』の真実であるという説が強い。しかしそれを裏付けるものは何一つとしてないというのもまた一つのの事実である。
 そして今の世界は大きく分けて3つの国に分けれれる。
 一つは『パラ教』を信仰する国。その宗教を推奨し、そして多くの人がその神を信じる。『神魔戦争』でおける、神の立場ともいえる国だ。こういう国が世界の割合では一番高い。
 一つは『パラ教』をあまり認めない国。その宗教を推奨することはせず、信じる人は少ない。『神魔戦争』における、魔王の立場ともいえる国だ。とはいっても、もちろん魔王という存在をを承認しているわけでもない。魔王とはいつの時代においても『敵』であり、『敵』であるこそ魔王といえる。あくまで魔王というのは『敵』の代名詞でしかなく、大衆の敵であれば、それは魔王といえる。つまり魔王というのはただの比喩である、ということだ。
 一つはそのどちらにも含まれない国。他の宗教を推奨している国もあれば、自由に信仰している国もあるなどそれぞれだ。
 近年は『パラ教』派が力をつけてきていて、近々そのことで戦争が起きるのではないかと噂が立っている。しかし周りの国が、『パラ教』派が力をつけていることを疎ましく思っているわけではない。むしろ逆で、『パラ教』の悲願が世界の統一なのだ。この宗教の理想こそが世界統一による永劫の平和で、だからこそ戦争が起きるだろうと言われている。
 真偽は不明だが、いくつかの『パラ教』派の国では戦争の準備が行われているのではないかとも噂されている。世界統一こそが、この世界の平和に繋がると信じて――。