2話

23歳 176cm ウェルター級 リーチ長い 名前沖田

性格      … 頭脳派タイプ

得意パンチ   … しつこい左アッパー

主な防御方法  … ガードは苦手

好きなボクサー … 元ボクサーだった父親

右構えの変幻自在スタイルから旺盛な手数で圧倒する
ワイルドな服装が印象的。

戦績23戦10勝(4KO/40%)13敗1分
○◎●●○○ ●◎●●◎●○●●●●●◎●○○●

―――――――――――――――――――――――――
1.無事にプロ試験には合格。計算通り、と言ったところか。乃木会長も秋田トレーナーも喜んでいたけど私に言わせれば当たり前ですね。

2.プロ初試合。序盤からペースを握り結果は小差判定勝ち。なんだ。大した事無いな。

3.強化合宿に参加して2戦目に挑む。今回のキャンプ地はなんと南国のリゾート。砂浜は足腰が鍛えられる。
とは言っても……くそっなんだあの胸は。計算外だ!
試合自体は楽勝だった。しつこく左アッパーを決めると4R簡単に倒れた。とは言え担架で運ばれていく対戦相手を勝利と敗北は紙一重なのだと改めて確認する。

4.ジムメイトが一撃必殺の強打と軽い5連発の連打。どっちのボクサーが好きかと聞かれた。ふんっ。そんなの決まっているだろうに。
勿論連打だ。強打を振り回すボクサーは確実に消耗する。その点連打は長丁場になればなるほど強さを増していく。さらに冷静な防御も手にいれれば完璧だ。
……とは言っても私はガードが苦手だが。
試合は相手のフェイントにまんまと引っかかり1RKO負け。気が付くとリングに倒れていた。
計算を間違ったな……。

5.小学校の同窓会で影のある女の子に話し掛けた。私の計算で行けば間違いなく落とせる! 
4戦目、今度はうまく入れず小差判定負けになってしまった。どうにも上手くいかないな。

6.フック主体の分厚いラッシュが武器の格上選手。強すぎてどうやら試合が組まれていないらしい。ふむ。これはチャンスだ。
適正距離を確認し、1R終盤にストレートでペースを握る。そのまま大差判定勝利に。
ふっ……計算通りだ。

7.ボクシングは強いだけでは駄目だ。人気もなければ。ということで黒いトランクスを買った。これで人気もうはうはだな。
ポイントを上手くとり小差判定勝利となった。ふふふ。

8.既に減量苦を感じているのだ。これ以上厳しくなったらやばいな。S・ウェルター級に変更する。
くっ……カットの影響で前が見えない。結局4RKO負けを喫してしまった。
情けない……失敗だったか?

9.峡谷を流れる急流の側に強化キャンプに行く事になった。秋田トレーナーから倒すにはパワーだけじゃ駄目タイミングを手にいれろといわれた。
キャンプ終了間際に長靴を履いた秋田トレーナーから釣りに誘われた。乃木会長も一緒だ。なんかこの人たちよく一緒にいるな。
絵に描いたような幻想的で神秘的な滝壷での釣り。超大物に引きずり込まれそうになるがなんとか吊り上げるがすぐに糸が切れてしまう。一瞬見えたのはピラルクだった。まさか……なぁ。
1Rジャブでペースを握り、4Rにパンチがヒットすると相手は力無くロープ際まで後退した。効いているのか? 
まぁ効いていたとしてもあと2R。無理に追う必要も無い。冷静に対処した結果4RKO勝利。
ふっ……読みが当たったな。日本ランク入りも達成だ。

10.会長はミットを持ってはくれなかった……が、どうやら信頼してくれているらしい。応えねば。
しかし日本ランク初試合は小差判定負けだった。ポイントは獲っていたのだが、強打によって展開が変わってしまった。
くそっ……

11.今度の相手はよく見えない反則をしてくる奴らしい。が、私は反則を仕返すつもりはない。
序盤ポイントを奪われていたが、中盤なんとか圧し返す。が、またしても5R強打を浴びてしまう。
焦ったせいかこんどはもろに6R強打をもらい、7R……相手の強い圧力に屈してしまった。
あろうことか目をつぶってしまったのだ。結果7RKO負け。
引退を勧められたが……まだ、やってみたいことはある。

12.今まで計算的にやってきた。クールに戦ってきた。しかし、ボクシングを失う訳にはいかない。まだ終わらせたくない。
臆せずにどんどん前へ前へと圧力をかけていく。3Rストレートが綺麗に決まった。いつもなら、これで満足しただろう。
が、立ち止まるわけには行かない。倒すつもりで攻める! 5R見事に左フックが顎に入りダウン。そのまま立ち上がる事は無かった。
5RKO勝利! 親父! どんなもんじゃーい!

13.再び日本ランク入りしたが1RにKO負け。日本ランク落ち。
また引退の話を言われるが、まだだ。まだ終わっちゃいない。

14.ボディ攻撃で苦しめていると堪らず相手はダウンした。その後怒涛の猛攻を食らうがなんとか防ぎきり中差判定勝ち。
危ないところだった。

15.某有名ジムの期待のルーキー。デビュー戦から派手なガウンを纏い女性ファンに囲まれて入場している。期待に応えて連戦連勝をキープしているが対戦相手のレベルには疑問符がつく。
こういう奴は嫌いだ。こういう奴は嫌いだ。会長にお願いして試合を組んでもらった。ぶっ飛ばしてやろうじゃないか。
結果は小差判定負け。
くそがああああああああああああああああああ!!!

16.告られた。ふふふふ。前回の私はどうもおかしかったな。まぁどうでもいい。
彼女にいいとこ見せてやろう。
しかし結果は小差判定負け。ポイントリードしていたというのにまた強打でひっくり返された。
くそっ……もう精神的に疲れてきた。

17.出稽古にもいかず留守番。試合は小差判定負け。
もうボロボロだ。

18.最近は練習もしなくなってきた。彼女がボクシングと私どっちが大事と効いてきたがもちろん彼女さ。
試合は中差判定負け。現役生活も疲れた。

19.1000円が落ちていたので拾おうとしたが一般人に先にとられた。どうでもいいことな筈だがなんか凄いショックだ。
試合は大差判定負け。これで5連敗だ。

20.彼女と東京ネズミーランドに行ってきた。朝から晩まで楽しみ、久々にボクシングを忘れられてすごい楽になった。
彼女といると凄い安心してくる。彼女の笑顔は説明できない素晴らしさかあるのだ。もうメロメロだ。
試合かぁ……どうでもいい。そんな風に思っているというのに秋田トレーナーは熱心に指導してくれる。
「君はまだ負け犬じゃない!」
そう言って送ってくれた。負けられない。1Rしつこい左アッパーが直撃!
強打を貰うも前へ出る! 冷静にチャンスを待ち、4R猛一度しつこい左アッパーが命中!
4RKO勝利だ! 苦戦続きで低迷していた自分にとってこのKO一勝は確かな自信に繋がった。

21.彼女にフックの角度の甘さを指摘された。何時の間にか詳しくなってるなんて……でも、私は一人じゃなく、色んな人に支えられてたんだな。
大差判定負け。くそっ……申し訳ない。計算式を何度間違えているんだ……

22.中差判定勝利! が、鼓膜が破れた。

23.「あなたのファイトにいつも励まされています。私も明日から頑張ります!」
こんなファンレターがジムに私宛に来た。何度も何度も手紙を読み返した。私のファイトが誰かに勇気を与えているのだ!
試合は大差判定勝利! 引退のデマが流れていたがたった一人かもしれない。けどそのファンの為にも戦わねば!
けど鼻骨が折れた。最近怪我ばかりだ。

24.彼女の友達にTシャツを作っている人がいるらしい。なんと私の写真と名前入りのTシャツをダンボールから取り出したのだ。
100着あるらしい。もっと人気が必要といわれた。ちょっと……頑張ります。
試合は小差判定負け。
残念ながら協会から引退勧告を受けた。
もっと戦いたかった……が、仕方ないか。甘くは無いのだ。

25.会場での大声援は一生の宝物だ。今はボクシングジムの会長をやっている。今度乃木ジムのボクサーと戦う予定だ。
私の指導力が試されるな。あと余談だが私のファンTシャツ100着はあっという間に売り切れたらしい。



―――――――――――――――――――――――――
22歳 158cm フェザー級 リーチやや短い 名前長州

性格       … 勝負事が好きなタイプ

得意パンチ    … 離れ際のフック

主な防御方法   … 微妙なヘッド・スリップを駆使

好きなボクサー  … 大橋秀行(フェニックス)

右利きのサウスポーのアップライトスタイルから必ず打ち返す。
たまにニコッと笑うのが男女を問わず人気の理由

戦績2戦0勝2敗0分
●●

―――――――――――――――――――――――――
1.プロ合格。身長が低いからフェザーじゃ大変だと思うけど頑張れ!

2.相手も同じデビュー戦だ。勝ちたいのはどっちも同じ。キツイ練習を必死にこなしてきたのも同じ。でも勝てるのはどらかだけなんだ。それがボクシングなんだ。
バンテージを巻きながらそう熱く語る。長州君は大きく頷いた。よし、気迫充分。やっと迎えたプロの舞台だ。楽しんで来い!
2R中盤まで微妙にポイントをリードしていたがバックステップより大きく相手が踏み込んできていた。避けきれずにストレートが直撃。そのまま試合は小差判定負けに。惜しかった。

3.1Rジャブ中心の連打で完璧に主導権を奪われた。圧力も強い。どうにかして立て直せるか?
駄目だった……か。結果は小差判定負け。残念だけど乃木会長は引退を決意……。せめて初勝利くらいさせてあげたかった……。

4.聞いた話によると引退後は防御重視のトレーナーとして大活躍しているらしい。
今後も彼のトレーナー人生が上手くいきますように。



―――――――――――――――――――――――――
24歳 172cm S・ライト級 リーチやや短い 名前佐貫

性格      … 研究熱心なタイプ

得意パンチ   … しつこいボディ攻撃

主な防御方法  … 反射神経でかわす

好きなボクサー … 柳光和博(ボクサーシンガー)

半身で右構えのデトロイトスタイルからリング狭しと旋回する。
大会社の社長の息子なので金銭感覚が圧倒的におかしい

戦績2戦0勝2敗0分
●●

―――――――――――――――――――――――――
1.プロ試験は無事に合格。彼がお金が目的じゃなく平等な世界でどれだけやれるかを試しに来たといってジムにやって来た日が懐かしい。
入会金にざっと100万くらい出してこれじゃ足りませんかとかきいてきたっけ……。

2.1Rやや劣勢だったものの2R押し返し始めた。しかし相手が待ち構えていたフックが直撃。続くボディへの連打で勢いを殺がれ結果は小差謹呈負け。

3.今日が合宿に参加したものの調子が芳しくない。大丈夫だろうか。
試合は終始ポイントを奪われ中佐判定負けに……。またしても未勝利での引退になってしまった。

4.二代目として会社を継いでいるようだが未だにボクシングへの未練があるらしく別の職を探していると言っていた。
乃木さんは励ましてくれたけどやっぱり僕には無理かも知れない。これ以上選手達の可能性を潰したくない……。

sage