To today's you



 今、このページを見ているあなたへ。
 あなたには戻りたい過去や、どうにかして変えたい過去はありませんか?

 あると言う方へ。それは誰にでもあることです。失敗してしまった過去や苦しみで満ち溢れた過去は、それはそれは辛いものです。しかしそれを忘れずに心に留めておくことで、あなたは苦しみに打ち勝ち、突破することの出来る心を手に入れることができます。それを忘れないでください。
 ないと言う方へ。あると言う方に比べれば、あなたの心は軽くて心地よいかもしれません。しかし、中には知らず知らずのうちに過去を閉じ込めてしまっている人も少なくないはずです。過去を拒絶するのはいいことではありません。少しずつでも、過去と向き合っていく。それを忘れないでください。

 そして、あるなしにかかわらず、全ての方へ。
 今この時も、あなたの人生は着々と未来に向かって進んでいます。当然のことながら、その旅路の途中であなたはいくつもの困難にぶつかることでしょう。そして間違いなく、後悔もすることでしょう。だから今、あなたはこの場所に立っているのです。
 ……何を言っているか分からない、って顔をしてらっしゃいますね。
 あなたは遠い将来、必ず何かしらの後悔を背負います。そしてその時あなたは、こう願うはずです。『もしあの時に戻れたらどれだけ良かったことだろうか』、と。そして“私”は、そんなあなたの願いを、きっと叶えるでしょう。
 もう、お分かりですね?







 あなたはその遠い将来から、今、戻ってきたのです。
 変えたい過去を。どうしても戻りたい過去を、変えるために。



 ――――あなたに、私が今、何を問おうとしているのか。
 あなたはもう、分かっているはずです。