あとがき



 まずはここまで読んでくださった方に、いつもどおりお礼の言葉を。
 ありがとうございます。そしてどうも変態色が濃くなってまいりました黒兎玖乃です。
 怒涛の二週間での完結。書きたいことはまあ伝わりました。僕はこの系統の作品に関しては多くは語らないつもりですので、あとがきも簡潔に。

 「昨日に戻れたらどうする?」と言う友人の何気ない一言が、この小説の発端でした。それをいくつもの物語として組み合わせていくうちに……この「昨日ノート」が出来た。それだけの話です。
 本編でも語られていましたとおり、「昨日ノート」とは、厳密に言えばノートではありません。また、「昨日」に戻れる確証があるわけでもありません。それではどうして、「昨日ノート」と言うタイトルをつけたのか?
 それが分かったならば、この小説の真理は分かったも同然です。
 最後の最後で、その最大の伏線は結局明かしませんでしたが、それはまあ、一種の余興として、もしくは読了後の娯楽として、お楽しみいただければ幸いです。

 それでは、このあとがきもそろそろ締めさせていただこうと思います。
 新都社関係の皆様、最後まで読んでくださった読者の方々に敬愛の念と、最大の感謝を送りながら――――



 このおはなしは、おしまい。


 黒兎玖乃