あとがき 2015/12/26

 今年もお疲れ様でした。坂です。
 二十八です。ええ歳になりました。
 最近一人暮らしを始めました。実家から徒歩十分程度のところにあるワンルームマンションです。一人暮らしの意味とは。

 
 今回このような作品をお読みいただきありがとうございます。
 最初の一作目から早五年。地味に自分の連載物としては一番の長期になります。そして新都社に来てもう七、八年くらい経つのだとおもうとマジ人生早いですはんぱねぇ。
 年々作品の内容は移り変わるし、ギャグも下ネタからコメディタッチなものに変わりますし、過去作品を自分で読み返すと変化を感じます。
 あれだけ毎日口癖のように言っていた下ネタも今ではまず言う事がありません。わしも大人になった。
 童貞です。

 今年の作品は主人公が異様に暗い人だったのでなんだか内容も重苦しいものになってしましました。
 例年なら悲惨な状況なのに一切を気にしない主人公達がコミカルに立ち回る作風が主でしたし、来年もし書くとしたらちゃんとギャグにしたいところです。
 プロット自体は十二月初頭には完成していたので余裕だろとか思っていたのですが仕事が予想の三倍以上に激務だったため今年の更新が若干クリスマス後になってしまった事をお詫びします。まぁどうせお前ら暇なんだし気にすんなよ。嘘です。

 ともかく、改めて今回はこの作品をお読みいただきありがとうございました。
 新作どころか最近では作品自体あまり書けていない状態でして、投稿用の作品を本当にちょっこちょこ書いてるのが現状です。
 ひょっとしたら新都社で連載する事はもうあまりないかもしれないんですが、機会があればまた是非に。
 もしどこかで見かけたら気軽に声をかけてやってください。

 それでは皆さん! すでに26日ですがメリークリスマス!



 坂