トップに戻る

まとめて読む

 いつもと同じ金曜日の朝――

 鳴り響く目覚ましを止めて、起き抜けの頭で朝食の濃口味噌汁を啜る。

 ちょっと制服にこぼしてちゃって出発予定時間をオーバーするけどこれもまた想定内。

 今日こそは言ってやる。深く息を吸い込んで俺は家のドアを開ける。

 明日からの週末休みを永遠にする。じゃないともう君に逢えないからね。


 AM8:07 好きな相手の電車乗る時刻を細かく覚えてる。

 3車両目の中列右端が始発駅から乗り込むいつもの俺の指定席。次の駅でドアが開いてボンパドールのおでこが素敵な同じ学校の制服着た女子が

「いっけな~い遅刻、遅刻」

 って大急ぎでダッシュして階段下りて曲がり角曲がったら食パンくわえたその子が電車に乗り込むその瞬間、

 小型隕石が落ちてきて人類滅亡即刻END!!!



 ――20XX年。紀元前から繁栄を続ける人類に未曾有の危機が訪れていた。

 正月休みでNASAすら見落としたマッハ200以上の超高速で一直線で地球に向かう直径100メートル越えの巨大小惑星『アポストフ』と言う名の小型隕石。

 それが明後日、つまり週明けには日本海に墜落すると神のお告げで知った俺はそれまでになんとしても自分の胸に秘めたこの想いを彼女に伝えなければいけないと思ったんです。

 休み明けのNASAスタッフが目の前の大型モニターを見上げた時には既に手遅れだった。この事態を知ったアメリカ様が出した答えはこの事実を一切公表しないことだった。

 アホ面晒して平々凡々に生きてる民間人が一段高いとこに立つ偉い人に「明後日で人類は終了でーす、バーカ」なんて、行き成り告げられたらやる事なんか知れている。

 追い詰められた捕食対象動物が取るような理性を振り切った暴力に略奪。来る日も来る日も死にたい死にたいと言い続けてきた癖にいざ週末の時が分かると我先にと見付からない出口を探して自分だけは生き残りたいと喚き散らして行進を始める。

 醜い、美しくない。見たくも想像もしたくない下々の混乱を避けるために偉い人は運命を許諾して頷きながら胸で十字を切る。

 いつもと同じように、何も変わらない週末を過ごせますように。だけどもだけど、それじゃ俺はダメなんだ。死ぬ前に何としても自分の気持ちを彼女に伝えなきゃ。事実を知った時、俺は決めた。俺は運命に反旗を翻す。


 ――ドアが閉まって電車が駅を出る。気になるあの子は同じクラスの友達と談笑。

 …少し離れた乗客挟んで斜め45度の角度にキミのストーカーがここにいるぞ。電車が地下に潜って窓が鏡に変わる。髪型、見た目なんて気にしない。どうせ俺はモテないただのストーカーなんだし。

 何気ない会話で笑う彼女の周りにはいつも誰かが傍に居る。どうしよう、話しかけるきっかけが掴めない。諦めるな。俺は自分で自分を励ましてみる。

 じゃあまず、インスタグラムで彼女がUPした写真と同じ構図の写真を撮って挙げるのをやめろ。

 ツイッター、彼女が好きそうなアイコンに設定してその子がタイムラインでその話題出したら『どうしよう、俺に天使が舞い降りた...』とかほざくのをやめろ。

 あとで冷静になって俺の事じゃねぇからぁぁぁ状態。エアリプじゃねーから。彼女のアカウント震える親指でタップしてフォローしてちゃんと言え。

「僕はあなたのストーカーです」ってね。

 上条ミドリ。俺はあなたを調べました。裏アカ作って同じガッコのJKのフリして人伝てに色々と聞いた。携帯と家の電話番号も知ってる、キモいかも知れんがついでにマイナンバーも。

 これはマジで伝えたい。胸に秘めた俺の想い。この場で伝えようと思ったけどなんだか恥ずかしいから端折るわ。それは付き合ってからでも遅くはない。人類には今日含めてあと3日、残されている。

 だからミドリちゃん、イヤでも俺と付き合え。

 次目が会った瞬間、言ってやるぜ俺。自分の言葉で。

 一緒に週末を俺と過ごそう。

 一生俺の味噌汁を作ってくれ。

 超高速で向かってくる隕石。キミのお団子頭で跳ね返そう。

 その為にはまず言わなきゃ伝えなきゃだこの想い。


 週末のデッド
 キンコーンカンコーン。

 学校に着いて始業の鐘が鳴る。

「…やっぱり言えなかった」

 俺はふたつ前の席に座る彼女のお団子頭を見ながら頬杖を付く。やっぱり向こうから話し掛けてくれる、なんてファンタジーは夢の中だけの話なんだな。

「ハーレムラノベの読みすぎだろ。それは」

 俺の数少ない友人で俺がミドリちゃんを好きな事を知っている笹平が俺の机に手を付いて笑う。

 俺が笹平にその事を打ち明けたのは修学旅行の夜に「なぁオマエ、好きな女子いるん?」と聞かれたのが始まりだったのかも知れないし、クラスの男子みんなでやった暇つぶしの罰ゲームで俺が負けて好きな女の子を言う羽目になったのが始まりかもしれないし、その辺は忘れちゃったけどとにかく俺はミドリちゃんの事が好きなんや!

「いいか、自分から『今度の週末、ワタシとふたりで遊びませんかぁ~ウフフ!』なんて誘ってくる女なんてこの世には存在しない。そんな女は羽毛布団の営業か性病持ちのヤバイ奴だ。お前の気持ちが本当だったら自分からアプローチしな」

 笹平が指を立てて俺に忠告した。クソ野郎が。お前も彼女が居ない癖に偉そうに。

「…つうか誘ったとしてもどこにデートいけばいいんだよ?」

 俺が聞くとヤツは俺の口からデートというロメンティックな言葉が飛び出したのがおかしかったらしく、制服の袖で笑いをかみ殺している。

 笑うな笑うなよ殺すぞ。俺だってごく一般的な高校生らしく市内の商店街をウィンドウショッピングしたりふたりで立ち寄ったゲーセンでゾンビ撃ち殺すゲームやって「キャー怖~い」とかなって抱きつかれた腕に彼女の大きめなお山が触れちゃったりとかしたいんじゃ!

 笑いが収まった笹平が俺に向き直る。

「いいか?ほとんど面識の無い女子に声掛けて2人きりでデートにこぎつけるのは相当難易度が高い。お前が一流のナンパ師か、アミ○ーズ事務所にコネが無い限り9割9部9厘失敗してLINEグループで晒されるハメになる。
今のお前は上条にほとんど認識されてないレベルだがそれは逆に運命的な出会いに変えられるチャンスでもある。出会いに“シンプルで良い”なんてこと無い。出会いをドラマティックに、大胆に演出しろ」

 俺は笹平の言うことを頭で整理しながら机から次の授業で使う教科書を取り出した。周りではクラスメイトがワイワイと賑やかに話している。みんなあと3日で世界が終わっちまうってのにノンキなもんだ。

「運命的な出会いか…そうだ」

 名案が浮かんだ俺はまだ目の前で恋愛マスター気取りで講釈を垂れている笹平に尋ねた。

「お前の妹元気?ちょっと相談したい事あんだけど」



 ――昼休み、俺は笹平の妹を学校に呼びつけてこの偉大なる計画を実行に移すべく、校舎の裏でしゃがみ込む茶髪ギャルに今回の作戦を教え込んだ。

「……と言うことで今説明した通りにやってくれ。報酬は弾む」

 俺の話が終わると笹平の妹は退屈そうに膨らませていたバブリシャス(復刻版)をパンと顔の前で割ってマニキュアの生えた指で顔の前で輪を作って言った。

「まー、ハクト(俺の名前だ)とはガキンチョの頃からの付き合いだからねー。今回は協力したげる。お小遣いよろしくねー」

 彼女はそう言うと手の平をひらひらさせながら立ち上がって校庭を一人で歩いているミドリちゃんに近づいていった。

 今日はミドリちゃんの友達が弁当の日なので彼女が一人でメシを食うという調べがついていた。つまり今ナウ現在がミドリちゃんがひとりきりになる最大のチャンス。これも日々記録していたストーカー日記帳の賜物だった。

「おい、先輩。焼きそばパン買ってこいよ」

「いやいや拙者は満腹ですので」

「オメーの分じゃねーよアタシの分!さっさと購買部行ってこいよ」

「いや、私パンより普通にパスタ派だし。そもそも今の時代にJKが焼きパンって珍しくない?つーか面白いからラインのID交換しよ?」

 うぐっ、予想外にヤンキーギャルが圧されている。このままでは俺が懸命に考え抜いた『彼女が悪党に襲われてるところに俺が偶然通りかかって彼女を助けてそのままデートの約束しちゃうぜ計画』が『ヤンギャル、他校ではじめての友達が出来る』という別の題材の感動巨編に変わってしまう。


「おいやめろ!やめろ!嫌がってるじゃないか、その子から離れろ!」

 やや強引なタイミングで俺が物陰から飛び出して笹平妹に啖呵を切る。「なんだオマエ?やんのかコラ!」現役ヤンキーのドスの利いた返しが校庭に響き渡る。するとカラフルなイラストの描かれた一台のバンが校門の前に停車した。

「移動販売のパスタ家さんだー。ミドリ、渡り蟹のトマトクリームパスタ食べたーい」

「…どりゃ!男女平等パンチ!」

「うおうおうおーやられたー超つえー」

 棒読みで崩れ落ちる妹越しに俺は車に駆け寄っていったミドリちゃんの後姿を見つめる。

「はあはあ……大丈夫?怪我してない?」

 肩で息をする俺がかける言葉は本来言うべきだったミドリちゃんではなく笹平の妹であった。彼女はまんざらでもない表情をして「お、おう」と顔を赤らめて俺が差し出した手を握り返した。

 もうミドリはどうでも良い。

 とりあえず俺君は不良少女役の友達の妹を一生大事にしろ!


 週末のデッド
2, 1
「あのさ!今日学校終わったら一緒にサイゼリア行かない?……急すぎるな…市の図書館に村上春樹の新作入ったから借りにいこっ…ダメだ、ミドリちゃん漫画以外本読まねぇし…うーん」

 ――男子トイレの洗面台の前。鏡の前に立った俺は台を掴んでミドリちゃんに声を掛ける練習を繰り返していた。5時限目が終わり今日の授業もあとひと教科で終わる。

 彼女は帰りを友達と帰るので俺に与えられたチャンスはほとんど残っていないと言っても良い。緊張して胸の奥から不快な唾がこみ上げてくる。俺は洗面台に粘着質なソレを吐き出しながら、前回過ごした週末を思い出した。

 ―何度も経験しているがやはり死が目の前に迫ってくる感覚というのは言葉で伝える事は難しい。俺は部屋で毛布を被りながら何度も何度も彼女に自分の気持ちを伝えられなかった事を悔みながら土曜と日曜を過ごしていた。

 そして週明けの朝に何の前触れも無く、あの憎たらしい隕石が降ってきて目の前が真っ白に消し飛ぶ。そして金曜日の朝に目覚ましの音で意識を取り戻す。どうして?これだけの人間がいる中でどうして自分だけ?

 とうとう考えるも嫌になって俺は自分に与えられたチャンスを生かそうとしてチャレンジする。このままだと悔いが残って死んでも死に切れない。

 でも、

「なんだよ、おっさんがゲーゲーえづいてると思ったらハクトか。もう授業始まるぞー」

 後ろから気配がして振り返ると無気力な脱力系男子、山田蘭丸がけだるい表情を浮かべて手を洗う順番を待つようにふらふらと立っていた。

「さっきのアレ、聞いてた?」

 俺が尋ねると蘭丸は右耳のイヤホンを外して俺に向き直った。

「んーん、全然。ハクトが想いを寄せる上条ミドリちゃんをデートに誘うリハーサルしてた所なんて全然見てないよー」

 この野郎、一部始終見てたんじゃねーか。俺は恥ずかしくて髪を掻き毟る。

「きっかけが掴めないんだろ?」

 重量の無いふわふわした蘭丸の声で俺は顔を上げる。あいつが外した片耳のイヤホンからは ART-SCHOOL の SWAN SONG が流れている。

 俺は心の内を見透かされたのが悔しくて笑って誤魔化そうとした。

 …彼女なんか居なくたって良い。友達がいれば良いさ。でもな、友達がいつの間にか彼女になれば最高だよな。

 だからまずは友達になりたい。でも話しかけ方が分からない。

「そんなの誰も知らない」

 蘭丸が再び俺の心を見透かして言った。蘭丸よ、お前はどうして俺が今考ている事が分かるんだ。マジでエスパーなんじゃないかコイツ。すると頭の上で授業開始を告げるチャイムが鳴り響いた。

「とにかく今のうちにそのストーカー癖治さないとマジでミドリちゃんどころかクラスの皆からハブられるから。行き成り誘うのが無理だったら友達から始めればいい」

 …確かに蘭丸の言うことは一理ある。でもあと3日で人類は…俺はぎゅっと両手を握り締めて決意を固めた。

「ミドリちゃんは移動教室で2階の廊下にいるよ」

 洗面所を駆け出した俺の背中に蘭丸の細い声が届く。きっかけ?話し方?そんなの俺もわかんねぇよ。

 とりあえずあの子の前まで言ってなんとか言え!

「水星って公転早いですねー」とか言え!

 気持ち悪くたっていい!キモいと思われたってもいい!

 それが嫌だったら告白しないうちにフラれろ、諦めろ。

 諦められないんだったら普通にあの子に話しかけろ。


「上条!…さん!」

 誰もいない廊下の途中、お団子頭の女の子が歩みを止めてゆっくりとこっちを振り返った。彼女は少し驚いた顔で俺を見上げていた。

「あの!」「あの!」

 ほとんど同時だった。彼女がほとんど面識が無いはずの俺に向かって精一杯の声を出した。「えっ?」びっくりして俺はその場でフリーズ。

「藤木ハクトくん!良かったらさ、週末に私とジョリーパスタ行かない!?」

 真っ赤な顔で彼女が何度も練習したであろうその言葉を振り抜いた。彼女、上条ミドリちゃんは、すっとぼけたフリをして俺の気持ちに気付いていたのだった。

「まいったな」

 俺は首を傾げながら正面を向き直ってモニター越しに手を差し出しながらキミに尋ねている。

「皆さん、コレどう思いますか?」


 週末のデッド 終わり
3

混じる出汁 先生に励ましのお便りを送ろう!!

〒みんなの感想を読む

トップに戻る