自分を左殺しと思い込んでいるプロ野球選手 自分を左殺しと思い込んでいるプロ野球選手 の読者感想
ニートノベル 作品ID [20408]
藤沢 先生に励ましのお便りを送ろう!
作者コメント:コメ返108までサイレント更新しました。漫画化希望m(._.)m
読者感想欄 sage
  • [110] タイトルに惹かれてきたけど、一気読みするくらい面白かった。良い作品でした。無粋とは思うけど後日譚とか見てみたい <2018/09/04 14:19:12> mdlT7BW1P
  • [109] 2018年。当作品の本編では6話以降。山﨑プロ5年目27歳。年棒二千万の時ですね。それにしても漫画化どころかドラマ化してもいいレベル <2018/09/02 14:13:09> lAGxwPq.P
  • [108] 本人以外誰もたまたまプロになったとは思ってないやつだ <2018/09/02 00:27:39> /0/hjY7.P
  • [107] しゅき。誰かこれを原作に漫画書いてほしいレベル <2018/09/01 23:46:41> Lx7qwEw0P
  • [106:番外編4「埼玉の某県立高校野球部の思い出」] 二点差負けなところが試合を想像できて楽しい <2018/09/01 22:14:26> VZs6jbz1P
  • [105:第十三打席「そして彼らはオリンピックを目指す」] ワロタwいい回だわぁこの話。。 <2018/09/01 15:25:48> c.py1La0P
  • [104] いい作品だな <2018/08/06 14:45:20> iXkQg3X/S
  • [103:第十打席「自分を左殺しと思い込んでいたプロ野球選手」] メジャーの黒田でなく前田でなく、打者の前田を思い出した。広島の誇り。安芸の、被災地の一早い復興を祈ります <2018/07/18 16:52:27> QX05qj7.P
  • [102] 山﨑へのファンからのメッセージの部分とても良かった <2018/07/16 18:00:39> iN6LL6s/P
  • [101:第七打席「もういちど生まれる」] 山崎選手とは違うけど、昔広島に片岡光宏ってゆう代打本塁打男がいたな。相手に研究されたのか本当半年で目立たなくなったけど <2018/07/16 07:14:38> Psxd8NE/P
  • [100] 人間だよな。スターも、プロも。 <2018/07/15 23:22:29> TwGB/K4.P
  • [99] 確かな筆力 女騎手も更新たのしみにしてるよー <2018/07/15 18:10:42> cXT9Qt5.P
  • [98:番外編3「二〇一八年夏 広島の野球選手」] タイムリーですね。山崎がんばれ!広島、被災地に元気を!!頼むよー! <2018/07/15 16:23:12> hyIfkwv0P
  • [97:第三打席「去りゆく"レジェンド"の遺言」] オモロイ。やっぱ野球ってイイなぁ〜 <2018/07/15 11:32:27> /xKrJVD1P
  • [96] W杯ばかりに気を取られて、昨日オールスターがあって松坂が投げていたことにたった今気付いたわ <2018/07/14 17:10:12> AcqDgEW1P
  • [95] 松坂勝利記念コメ。打たれるよりは押し出しでもいいと言うあたりが割り切ってるなあ <2018/05/01 02:27:56> S8K4j/d/P
  • [94] それじゃ次の更新ではあれだ。2018年、メジャーで活躍する二刀流の選手を見て、去年交流戦で1度だけ対戦したことを山﨑が思い出す話ですね? <2018/04/27 13:01:26> r5gNND..P
  • [93] そうか!山﨑の初1軍が2017年で引退が2023年という設定だから、リアルプロ野球で面白い出来事があったら「もしこのとき山崎がいたら?」ということができるわけね <2018/04/24 01:00:02> k2HgEAT0P
  • [92] これは平成の怪物 <2018/04/23 23:42:17> hwPN7U0.P
  • [91] こういうエピソードが読めてとても嬉しい。"自分の過去を利用している"は本当にあったかもしれないな! <2018/04/22 20:33:39> kgKqoKt.P
  • [90] わかるわ。怪物は死なないんだよな。 <2018/04/22 20:26:07> SFjGGNB/P
  • [89] 藤沢先生。今au解放されてるかもしれない(何を今更) <2018/03/26 12:03:49> lKA7Ovk/P
  • [88] すき <2018/01/28 00:00:12> xAIWKGd0P
  • [87] 星野仙一氏がお亡くなりになったとは・・・。というわけでいつでもいいから山﨑の現役中にアイロンズのかつての名選手の訃報があったエピソードの番外編希望です <2018/01/06 03:49:46> 5HPOapo.P
  • [86] 単行本版の特別追加話みたいでめでたい。 <2018/01/03 23:25:07> Qi3XZYI/P
  • [85] よかった <2018/01/03 21:19:40> .sQyd8E/P
  • [84] おお藤沢先生、あけましておめでとうございます。山﨑はドラフト4位でしたか。契約金は3000万ぐらいかな。ドラフトと言えば、斎藤佑樹を外し、塩見をも外したヤクルトが指名したトリプルスリーの山田が大当たりだったのは有名な話ですよね <2018/01/03 16:14:54> x8l/PfC.P
  • [83] 日本プロ野球は平安時代から存在していた……? <2017/12/27 10:13:19> VUObVe3.P
  • [82] この作中では第1話が1017年か。5話ぐらいの時点で仮に巨人から追い出された村田がいたとしたら、アイロンズが雇う価値はあっただろうか? <2017/12/27 05:00:46> WINiVNP1P
  • [81] その後バッティングコーチになった山﨑はその気はないのに左殺しのバッターばかり育ててしまい1年でクビになってたりしてw <2017/12/15 09:36:36> wD0QvBt.P
  • [80] 尾張フェニックスの親会社はライブドアか?(フェニックス違いだろそれ) <2017/12/04 15:36:29> 6yZUmtI1P
  • [79] いいじゃん。面白かったよ。ちょっとした切っ掛けで濃密でしかし一瞬と短い輝きのなかをすごした選手の軌跡。 <2017/12/01 14:48:28> .z9ayVZ0P
  • [78] 己の筆を研ぎ 読者を捕らえ 一文で魅せろ ランキングを切り裂け 読者殺し藤沢! <2017/12/01 11:17:32> TsMwuQc1P
  • [77] あとがきおつ。とても楽しめた作品だったので何だか感慨深いです <2017/11/30 09:09:25> TKHVU9q0P
  • [76] 完結おめでとうございます <2017/11/29 22:36:19> vbZQRc3/S
  • [75] 最終打席がホームラン・・・広沢克しか思いつかん <2017/11/24 10:56:37> oMgSj630P
  • [74] 山﨑は努力が報われた・・・わけではなかったかもしれないが、悔いはなかったと思う <2017/11/21 23:25:07> 8dLzOpM.P
  • [73] 途中で送っちゃった。園田さんへのいろいろな申し訳ありません。泣けた...。一点、15話の万波さんの"うんと若いやつに譲るわ"と最終話の記者の今後に対する質問に対する答え、"球団の発表をお待ちいただきたい" なんかの伏線かと思ったんだけどなぁ。じゃあなかったら最後のこんどは違う形で帰ってきたいは余計かなっと。どうだろう?約束の地へも続きはよー! <2017/11/18 21:56:08> 7Dk5uZe.P
  • [72] 12話から最終話までいっき読み。おもしろかった。園田さんへのいろいろな <2017/11/18 21:41:29> 7Dk5uZe.P
  • [71] なんつーか溜息が出たよ これからも色々書き続けて欲しい <2017/11/18 19:50:16> a861d700P
  • [70] 二〇二三年九月三〇日。覚えていたらこの日に記念コメントしに来たいものだ。だから消すなよ!それと「後書き」が欲しい <2017/11/18 09:53:56> C/p59cP/P
  • [69] 良かった けどやっぱりこういうの見るとあの怪我さえなければとかどうとか色々考えちゃう…本人はケリをつけてはいたけれど <2017/11/17 01:44:56> y8Ttj0D0P
  • [68] とても良かった。精神論ってバカにする人も居るけどやっぱり気持ちって大事よね。 <2017/11/16 23:30:10> 0wDnSrp1P
  • [67] この作品読んでると実際のプロ野球での出来事を思い出したりする。15話の「契約してもらえるだけで、有難い」ではロッテの黒木が思い浮かび、14話を読んで(強打者の「後」だけど)ジャイアンツにいた頃の松井が敬遠されて次の打者清原がHRを打った瞬間吠えた場面を思い出した <2017/11/16 10:14:38> Ys1rKzc/P
  • [66] 読み返してみて最後の打席のあたり、いないはずの山崎という人物が藤沢先生の筆に乗り移ったかのような錯覚に陥った。打席での心の声、ロッカールームでの挨拶やその後のインタビュー。本当に山﨑という人物がいたような気がした。あと応援歌めっちゃかっこいい! <2017/11/15 12:00:01> 1b9CFtz.P
  • [65] 今更読んでみたけどかなり面白かった。だけど新都社小説って正直ほとんど誰も読んでないからもっと人がいるところでやったほうが良い気が <2017/11/14 20:37:52> Qxu/Dzo0P
  • [64] めっちゃよかった。欲を言えば、もっとライバルとの確執とか、首位打者になるまでの道のりとか、オリンピックでの活躍とか、もっと見たかったなあ <2017/11/14 17:27:42> SRtIg1B0P
  • [63] とても読みやすかったです <2017/11/14 03:11:13> VcyATbc.P
  • [62] 連載お疲れ様でした。山﨑は活躍した期間は短かったが、それを感じさせないとても濃いプロ野球人生だったね。ノベル作品でちゃんと読んだのはこれが初めてで、付き合いで読んでいたのでは決してなく、次々と更新されるシナリオがとても面白くていつも楽しみにしてました。本当に良い作品に会えた。ありがとう! <2017/11/14 03:06:28> mB1rdHJ/P
  • [61] もともと突出した能力を持たず、努力型で、(本心では)自惚れず、練習もたぶん私生活も真面目、受け答えも優等生すぎる。 なんて日本人受けしそうな選手なんだ!!  読み進めやすかったです。 <2017/11/13 06:37:32> fRZWYLw1S