週刊少年VIP [連載]

カンブリア叙事詩 [22171] / 木葉ノ萬

お気に入り [お気に入り一覧]

カンブリア叙事詩
あらすじ:木葉ノ萬の世界をお楽しみください。ちょっとした感想でも頂けると嬉しいです。
作者コメント:9/18:準備中(2021-08-28 21:43)
FA歓迎(一般)   過去ログ(7件くらい)
SF ロボット 群像劇 長編 ファンタジー

木葉ノ萬 先生に励ましのお便りを送ろう!

読者感想   831 件中 1 - 50 件 [ 50件 | 1000件 ]

1 2 3 4 5 6 >>

[ 831 ] プロローグ内でトトのことを「カンブリア編」、ジョーのことを「エニグマ編」という表現をしていた。以前はただの人間だったジョーが何故今の姿になっているのか、次のシリーズでいよいよ明らかになるか? <2021-09-23 16:17:40> KR8D5zR0P

[ 830 ] むむむ、次のシリーズでは未登場のキャラクターが満を持して登場するのか。TOP絵の4キャラは地面に映ってる姿が違う演出が次回への期待を膨らませてくれる! <2021-09-22 15:19:02> KR8D5zR0P

[ 829 ] 次も楽しみ <2021-09-21 22:39:02> FRTVp9n.S

[ 828 ] うお!TOPがまた新しくなってる。この4人は見覚えがあるような、ないような・・・? <2021-09-20 16:17:29> pigbgAL/P

今こそコメント番号3と57を見に行こう!

[ 827 ] おお、TOPが元の形に戻ってますね。プロローグを見返したら、ジョーが「ただの人間だった」こと。「元居た世界に未知の存在は『ほとんど』居なかった」ことなど、忘れかけていたことがまた頭の中に入ってきたぞ! <2021-09-16 14:04:50> xVj4eOV/P

異人の「ま」は特にここから先の秘密が隠されている作品なので改めて読み返すのも面白いかもしれません!

[ 826 ] お、作者コメントが更新されてる。次回からは完全な新章のようなので、楽しみにしながらじっくり待ちたい <2021-09-14 17:07:31> Uwv43PV.P

いよいよネームも完成したので体制を作画モードに立て直してからとりかかります!
たぶんシリーズ一周して時間を潰すのもたのしいかもしれません!

[ 825 ] そういえばフスマさんや三位一刀流の面々が冥界にいるシーンはなかったですね。宇宙浪人のキャラで冥界にいそうなのは東大寺ぐらいでしょうか <2021-09-12 12:24:09> rqT710m0P

今作では流れの都合上省いた部分もありましたがやはりそこに対してはお楽しみということで。
東大寺なら居そうですが逆に一番想像しにくいやつでもあります。

[ 824 ] 「宇宙浪人逮捕式」では "三位一刀流最後の演目"という表現がなされたが、梅禅には頑張って新しいメンバーを集うなどして三位一刀流を再建し、新たな演目を披露してほしいところだ <2021-09-06 14:09:40> PJpXqG21P

厄落としに名前を変えて活動するか全て背負って引き継ぐか。
なかなか身の重い事態を引き受けていますね。

[ 823 ] 宇宙浪人編1~4を見返すと宇宙船タイプのベガは度々見たが、ロボタイプは逮捕式後の変わり果てた姿だけか(椿鬼ちゃんに斬りかかったのはベテルギウスだよね)。まあベガの雄姿はラプラス編のバトルシーンで見れますから、緋銅に比重が行くのは致し方ないか <2021-09-05 14:27:38> PJpXqG21P

実は当時も感じていたことだったのですが3作もロボ描いたら作劇的に目新しさを出すのが難しくなるのでやはりドラマに振るべきだろうという部分で落ち着きました。オーパートに関しても用途が巨大ロボより宗教的な扱いなので(軸はスサノオとナイル)ロボものとして全力が出せたのはやはり黒鉄城ですね。パロディに寄りすぎたので今作ではなるべく削いだ形になってます。

[ 822 ] そ、そういえばジョーの顔も目が3つだよな。あのインナーの目の位置と同じなのがあからさまに怪しいぞ! <2021-09-03 13:12:01> Kc/9y.i/P

はたしてなぜこの三つ目を身に着けているのか・・・!?

[ 821 ] 「ま」先生が描いたノブスマちゃんも、アーメン先生が描いた椿鬼ちゃんも可愛くて大変よろしい! <2021-09-02 14:32:47> Kc/9y.i/P

椿鬼ちゃん美少女に描いて貰えて嬉しかったです!!

[ 820 ] ジョーの出生については「生年月日」だけが気になってたけど、実は別の平行世界出身かもしれないのか(773コメ返)。原典のエニグマ回ではいろんな世界を巡っていたから、普通にありえそうではある。そして妖怪女子回での番人とのやり取りも今さら気になってきた <2021-09-01 13:21:00> cTaFcxK.P

時間移動と平行移動は切っても切れない間柄なのです!妖怪女子回、オーパート神話編と番人も興味深い反応を示していました。

[ 819 ] これで既存作品の語りはすべて消化したことになるので、次回はいよいよ新展開になるわけですか!建て替えた異人館もお披露目されるかな <2021-08-31 19:10:50> cTaFcxK.P

建て替えの異人館に新章の語り出しに新しいことがいっぱいです!お楽しみに!

[ 818 ] とうとう宇宙浪人編も終わったと思ったら、確かに最後のコマは・・・!まさか善行を強いる暴君になったりしないだろうな? <2021-08-29 14:17:34> Bmeq4Mj/P

宇宙浪人本編のラストからも繋がるクリフハンガーです!地の底に奴が居るなら対極に天の上にも居てもおかしくありません!

[ 817: 1 ] すげぇ!!! 語り部からいよいよ完全新展開へ!!! つまり、冒頭のあらすじ部分が終わった って事ですね!!! 鳥肌たった!!! <2021-08-29 02:29:06> GyMkFc10P

完結作品を改めて巡りつつ新しい展開への準備も着々と進めてきました!!古きを得て新しきを得る!未知の領域へようこそ!!

[ 816: 1 ] 団子の演出がすげーいい <2021-08-29 01:12:16> lTRyeHx1P

ありがとうございます!ここは描いてて特に好きなシーンなので嬉しい!

[ 815: 1 ] 老中!そのインナーは!!!! <2021-08-28 23:29:12> wmcScMZ.P

地の底、空の果て。ようやく彼の活躍を描けるフェーズに入って来ました!

[ 814 ] 桜吹雪に団子、風情がありますね〜 <2021-08-28 21:47:56> pZw6g8E.P

決着後の平穏って感じで特に気に入ってるページです!

[ 更新 ] 宇宙浪人編完結!過去作品巡りも終わり次回から完全新展開です。 <2021-08-28 21:43:33>

[ 813 ] 冥王船カロンとの決着はついた!椿鬼ちゃんをはじめ他のキャラのその後の動向は分かってるけど、どのように表現されるかが楽しみ! <2021-08-28 13:56:58> BPv3ZV4/P

ある意味これを語っている艮たちがその後を体現していますね。いよいよここから未知の領域に入っていきます!

[ 812 ] 『生体神経回路(カビ)』は機械ではなく細菌を用いるという画期的な発明だったが、実用化できずに逃げられたんだっけ。自我を持たれたらかなり危険なようで、今は開発されてないのかな <2021-08-27 13:20:44> BPv3ZV4/P

最近ドイツかどこかで脳細胞を用いた観察実験があって、光を与えたら目に当たる機関が発達したという報告がありました。
作中ではもうそういったものはありませんが果たしてこれからの科学ではどうなるでしょうか?

[ 811 ] 後の流れはオーガの語りという形になりましたか!もうちょっと続きがあるようですが、あれほどの大作を4話にまとめてるのがすごい <2021-08-25 12:47:17> NLCyAWM.P

直近の完結作品なのである意味まとめやすかったです!今よりつたない絵ですが内容は気に入ってるのでこの作品きっかけに読者さん増えたら嬉しいですね。黒鉄城も宇宙浪人も4話+aでまとめられたのが我ながら驚きました!逆にほぼ作り直しなのが狂魂、鉄神オーパート、ダンタリオンと鉄神ラインの作品に偏ってました。

[ 810: 1 ] 餅を焼かされる浪人萌え!「今までさんざ奪ってきたお前だ、~」は好きなセリフなのでテンション上がりました! <2021-08-25 05:25:32> eF/Eank/P

年季入った大人がわちゃわちゃしてるの描くの楽しい!全てが借り物だから本物にあっけなく倒されるカビこと冥王船カロンでした。

[ 809 ] 椿鬼ちゃん可愛いと思ってたので悪い人じゃ無さそうで良かった <2021-08-25 00:00:30> rmmm4Ld0P

とはいえ何人も切っているのでお咎めなしは無いのです。完結済み作品の宇宙浪人では椿鬼に下された判決やその後も描かれてるので良かったらそちらもどうぞ!

[ 更新 ] 宇宙浪人編全四編。第四回前編9ページ更新です。 <2021-08-24 22:11:37>

[ 808 ] ダイナー店内の会話から推測すると、ライメイちゃんは地球の鉄神星団の残留部隊の存在を知らなかったか、いるとは思ってたけどコンタクトを取る手段がなかったのかな。その所在が明らかになり、しかも自分の祖先が所有してたオーパートが健在な上に、その使い手が可愛い男の子となれば「行くしかねえ!」ってなりますねw <2021-08-24 15:29:26> NLCyAWM.P

例えるなら「海外の研究チームが邪馬台国の居場所を発見」みたいな感覚なのでアンテナが伸びてる人物ならどうしても飛びついてしまう話題みたいなものです。でも手に持ってるブロマイドは何なんでしょうね?

[ 807 ] ↓ コメ返 そういえば無人城も冥王星カロンも「自我を持って暴走した」という意味では似ていたかもですね。再生力の強い無人城と寄生能力のあるカビはどちらも厄介な相手でした <2021-08-22 16:07:46> aejS8sx/P

ナノマシンとカビで似たような相手ですが実際お互いぶつけたらどうなってしまうのでしょう。お互いに喰いあうかまったく新しい厄介な何かになってしまうか。

[ 806 ] ふむ。ロボとパイロットが痛みを分かち合う黒鉄城を作ったあしゅら博士だけに「無人機は作らない主義だ」という言葉は重みがあるね。ダメージフィードバックは一見リスクしかないようなシステムだが、帰還率が高まりそうだし <2021-08-20 13:52:11> RjQ4sqd0P

あとは黒鉄城編のボスの名前が無人城というのもありますね。同じ失敗は繰り返さないのがあしゅら博士です。

[ 805 ] 鉄神星団にとって地球は「開拓するつもりが氷河期を招いてしまい、撤収を余儀なくされた黒歴史な惑星」みたいなイメージだったのかな。しかしそうではないことが分かったのでライメイちゃんはテンションが上がったのだろうか? <2021-08-19 12:47:10> s4//mys.P

知らないよその土地でご先祖様と古代の遺物発見的な鉄神ラインの大人キャラたちとほぼ同じ考えかもしれません。
谷屋教授の投げた石の余波はここまで到達しました。

[ 804 ] びょうぶがカッコいい <2021-08-19 01:01:05> OOm/bj4/P

ありがとう!折り目部分が大変でした!

[ 803 ] 漕ぎ出した舟 一つの再会と 終焉の始まり 泣けて面白いです!! あれ?既出でしょうが 木曜の「ま」先生から 同じ読み方の 木葉ノ萬先生に襲名ですか? 本来の姿か 楽しみです!! <2021-08-18 20:47:47> G/iKupC.P

これもまた旅、終わりとはじまりが訪れます!ちょっとしたゲン担ぎのつもりで読みは同じく名前を変えました!渋くて気に入ってます!

[ 802 ] 面白い! <2021-08-18 18:15:08> c5T9.941P

ありがとうございます!

[ 801: 1 ] クライマックスに向けてワクワク感がすごい!あしゅらさんの安心感もすごいw <2021-08-18 17:22:14> Zu7qlT11P

双方準備は整いました!しかし所詮相手は全てが借り物。宇宙浪人はどちらも本物なので敵いようはないのです!

[ 800 ] うつろ船緋銅と艮復活きたああ!カビに強いだけでなくマグネットサルベージへの耐性もありそうだ! <2021-08-18 16:37:35> qTRTEWl0P

地味に人気なマグネットサルベージ!銅合金ですので磁気体制はありそうですね。自身が磁気膜を張れば太陽風にも対抗できるかもしれません。

[ 更新 ] 宇宙浪人編全四編。第三回、謳歌編。 <2021-08-18 16:17:29>

[ 799: 1 ] 宇宙浪人前半のクライマックスだった「宇宙浪人逮捕式」。それを今作では "三位一刀流最後の演目" って表現をしているのがまた渋い! <2021-08-17 16:34:39> qTRTEWl0P

事実上の解散状態から生き残りが集まって一芝居打ちますからね!最後の大芝居です!

[ 798: 1 ] 更新来てた!作者名も先日から変えてたようですね。扉絵の屏風と花吹雪などがこれから起こる二人への試練を感じさせます! <2021-08-14 15:24:33> 0qtWUyJ/P

新しい名前でリフレッシュ!萬は訓読みでまとも読めるらしいです。第一階と第三回のトップ絵で見比べるのも楽しいです!

[ 797: 1 ] 「転」て感じですねぇ!次回に向けて高まってきた~~!マスター、そのよく分かんない人、強キャラなんすわ…… <2021-08-14 09:03:13> AP83j1H/P

よくわからない人を連れ歩くノレンちゃんの心境もさることながらマスターが一番ハラハラしてそうです。

[ 796 ] ↓ なんと!それじゃ宇宙旅行中に事故にでも遭ったら冥界へは入れないのですか。その場合でも地球で「行方不明 → 死亡認定」されて葬式をするなどの供養をすれば、魂が地球に戻れて冥界に入れるなどの救済措置が欲しいですね <2021-08-13 16:52:05> JrB5usS.P

宇宙で死亡した人は宇宙に溶け込みます。地球上では一度冥界の街を通じて塔を登り(場合によっては地下送りにされてエングラーに燃やされる)ゆるやかに宇宙に溶け込んでいきます。中継地点があるだけで行く先は実は同じなのです。

[ 795 ] ヘキレキさんは青蛾や梅禅を狙わずに艮や椿鬼さんなど強い相手との手合わせを望むところに武人としての心意気を感じる。惜しい人を亡くしたがせめて冥界では達者で暮らせ(地球以外の場所で死んだ場合、冥界に行ける?) <2021-08-12 16:47:04> 6z9g0fW0P

ある種のギャンブラー精神でもありましたね。それなりに実力があったからこそ余裕が油断に繋がったのかもしれません。冥界は地球対応なので月ぐらいでももう射程外になってしまいますね。

[ 794 ] 4万年も前の話が今もこうして紙芝居などで語り継がれるのにはぐっと来るものがありますね。夏の星座の三銃士という呼び方もかっこいい! <2021-08-11 16:46:45> 6z9g0fW0P

※ネタバレを含むレスを表示する

[ 793: 1 ] ヘキレキを討った際の傘と刀を持って決めてるポーズがかっこいい!そのコマだけザアアアと雨音があるのは、まさか血の雨? <2021-08-10 18:51:45> ay.CXj21P

血の雨を浴びながらの残心!まさしく通り雨!

[ 792 ] ヘキレキさんは椿鬼さんに勝負を挑みましたか(どっちにしても相手が悪い)。そして今さら気付きましたが傘に刀を仕込むのは "傘を開いて相手の視界を奪いながら抜刀" ができるってわけね <2021-08-09 13:58:21> F9jysMJ1P

三位一刀流で無いにも関わらず顔見せしてくるヘキレキさん、結構いいポジションに収まってます。仮面ライダー響鬼と七人の戦鬼よろしく目隠し突進も出来ますね。青天破れて血の雨が降る!今作地味に"揺らぎの"とか"青天の"とか二つ名がついてます。

[ 791: 1 ] ああ。。 ここから劇は 冬へ向かう と思うと 春を知りつつも涙が禁じ得ません。。。 <2021-08-09 13:11:07> iiRF5ul/P

冬があるからこそ春の華やかさがいっそう際立ちますねぇ・・・!次回から木枯らしが吹き始めます!

[ 790 ] 面白い!!! <2021-08-07 18:10:55> LFATq5Z1P

ありがとうございます!!!

[ 789 ] おお!ダイモスで主要キャラを一気に出して、紙芝居でビートルジュースたちの神話を出してくるとはまとめ方が上手すぎる! <2021-08-07 15:11:13> DDZ0gGF1P

我ながらスタートから40ページほどでここまで持ってこれるとは思いませんでしたw一度作った作品をさらに組み替えてるのでどこを拾うべきか覚えてたのかもしれません!

[ 788 ] 宇宙とか古代とかスケール大きいのに紅茶飲んだりタオル使ったり普通なところ好き <2021-08-07 14:07:45> XDle8Np/P

ありがとうございます!どこまで突き詰めても生活はあんまり変わらないんじゃないかな~って個人的に思ってます。それが逆によかったりするかもわかりませんね!

[ 787: 1 ] 信じられないクオリティだ……そしてドラマチック!お人形可愛いw <2021-08-07 14:01:40> IWWsONN1S

当時と比べても線やカメラが上達した気がしてます!絡んだ相手が実は、も好きな展開!昔教育テレビでも人形劇やってましたねw

[ 更新 ] 宇宙浪人編全四編。第二回、逢瀬編。 <2021-08-07 13:35:52>

[ 786 ] おお、敗北したとはいえ艮をここまで負傷させるとはアンドンは出世したな。そしてまだ(本編では)名前が出ていない梅禅くんとショウブ姐さん。最後に登場する真打ちはどっちかな? <2021-08-06 16:40:45> DDZ0gGF1P

アンドンが負傷させたのかたちまちのうちにオーガにぶちのめされたのかは謎のまま・・・。
梅禅やショウブだけでなく生存組の青蛾の顔見せもやはりしたいですね!

読者感想   831 件中 1 - 50 件 [ 50件 | 1000件 ]

1 2 3 4 5 6 >>

コメントに返信する(作者用)

※作者向けコメントBAN機能できました※

お絵かき掲示板で、この作品のファンアートを描きませんか?

FA許可設定:一般FA歓迎

Re: おいもの魔法使い / アーメン坊主

Re: おいもの魔法使い / アーメン坊主

カンブリア叙事詩FA / WAKAYAMAてふてふ

カンブリア叙事詩FA / 聖しだれ丸

Re: 完成できなかったetc / テレワ

無題 / 聖しだれ丸

カンブリア叙事詩FA / ゆくえしれずつれづれマン

Neetsha