朽家ベル 散文詩集 朽家ベル 散文詩集 の読者感想
文芸新都 作品ID [22210]
朽家ベル KutchaBell 先生に励ましのお便りを送ろう!
作者コメント:「朝」「夜」「人間」「動植物」「その他」に各一編追加。
読者感想欄 sage
  • [27: “夜” ] 「なにかの重みで」が好きです <2020/04/07 22:42:21> 9aQ66kv0P
  • [26: “その他” ] 面白いです。。 犬の消化不良の糞から広がる文学の種ってことですか? 違いか スゴい。。 情熱 花 月 から 糞 まで 全部が謳歌してる。。 スニーカーを乗り物代わりw 向いてみろ→剥いてみろ ですかね <2020/03/12 14:42:55> N3L/foD0P
  • [25: “朝” ] 本当にすこ スゴい 素晴らしい。。 音のない宇宙において まるで光は音のようで 静寂に宿った躍動のようで 衝撃であり。。 ひと度闇が訪れると 光を求めてしまうけど 涙の中には光を湛えていて あなたが周りの光になる 光と神様の因果。。 表現 発想の飛び具合が素敵です。。。 <2020/02/22 04:12:21> .cRDIDc1P
  • [24] 初めて読んだんだけど一気に好きになった <2020/02/22 02:43:17> GfuMW1d1P
  • [23] えっ!!まず最初に時間だけ読んだんだけどめっちゃ良い雰囲気の詩書いてるんだな!! <2020/02/22 00:42:21> NSwanRa.P
  • [22] 本当にスゴい文に酔いしれます。。 今生まれる時の表現 生まれる波紋 余韻 花びらのように広がる散文 本っシビれます <2020/02/05 19:36:08> oKKJgem/P
  • [21] いいね! <2020/01/13 08:07:07> J/GTkr8/P
  • [20] 凄いなぁ。。 めくるめく物語 時に文字に時に映像に 韻を踏んだりリズムを会わせたり 大河のように緩やかな流れから激流や暗闇に光る蜘蛛の糸のように 言葉遊びに血肉の駆け引きに震えます。。 <2020/01/13 02:17:13> 5/xPCMe.P
  • [19] この語彙が小説でも発揮されるのか気になる <2020/01/09 01:00:34> zG4fMwN0S
  • [18] て、天才かよ……! <2020/01/09 00:45:01> dIdnnTp0P
  • [17: “時間” ] スゴい…… 前回読んだ時は更新箇所だけを読んだのですが… 通して読んだら 全くの別の 大きく表情を変える節に 驚愕に感動しました 優しいさざ波、風、ぬくもりから始まり 涙のしずくが光、月、歌になる そんな感じ 言葉を拾ってくとそんな感じ! 泣くくらい美しい文! 本当にコレヤバイ 通して読むと本当にヤバイ 更新(横)読みしてても感動したのに 縦読みはヤバイ 又感動しました! あとご迷惑お掛けしまして済みませんm(_ _;)m <2020/01/08 22:25:54> i9a01i9.P
  • [16] ☆後藤ニコさんではありませんよ。過分なお言葉に恐縮しております。「ポルカ」気に入っていただきありがとうございます。あれは去年庭の草をむしっていて思いついた詩でした。草むしりさまさまですね。(作者) <2020/01/08 22:02:10> 1SlC5Xj/P
  • [15: 12 ] 間違ってたら済みません 後藤ニコさんじゃないですよね? 只 どちらでもイイのですが 凄い 本当に体が手が震える 天才 興奮する 今一番新都社作品の中で好きかもしれない 言葉遊びが心地よくシルクのように巻き付き 五十音がリズミカルでタップしてる 夕焼けの部隊の素晴らしい観点 全部全部素晴らしいですが『月と少女のポルカ』を次の休みの日にお酒を飲みながら浸りたいです 本当に素晴らしい文 もっともっと味わうべき <2020/01/07 03:57:19> qjL7EcG1P
  • [14] 超天才 今度休みの日にお酒を呑みながら読む <2020/01/01 15:24:23> CESSPsG/S
  • [13] 超最高 マジヤバい 凄い すこ すこすぎて すこ <2019/12/31 17:06:17> u38JWbU0P
  • [12] イヤ マジヤバい 呼吸を奪われる ゼイゼイ言ってるマジ <2019/12/15 23:12:38> 1sneBFq.P
  • [11] いいじゃん <2019/12/15 22:48:59> iDkRo2o0P
  • [10: 8 ] 天才 ヤバい 凄い 震える 本質を構成する因果をバラバラにして愛でた感じ <2019/12/14 12:16:14> fv1vEHK.P
  • [9] すごく大卒らしさを感じる <2019/12/02 03:14:15> bHBTgvb1P
  • [8] 知性が爆発してんな、いいぞもっとやれ。 <2019/12/01 18:30:17> 7xX.Y3t1P
  • [7: 6 ] イイですね カラスの最後 突きつけられて面白かった <2019/12/01 16:28:33> mNdmRFw/P
  • [6] 面白かったです。 <2019/12/01 02:36:04> CEp.Uy0/P
  • [5] 無茶苦茶クオリティ高いなオイ。最高か?ぜひ続けてほしい。 <2019/12/01 01:04:35> VotwmOE1P
  • [4: “朝” ] 結構素晴らしい 特にこの詩はスゴい 起承転結がしっかり成り立ってる 詩の嫌いなところは丸投げ 起だけ 問題定義しかしない無責任な事があること 小説は継続の体力が要る 例えば四行だけ書いて保留とかが出来なく ある程度長い文を一気にリズムを作り韻(被らない意味の独自のリリック)を踏み一気に集中して編み込まなければならない そして印象派モネみたいに小説のなかに詩を織り込むことが出来る 印象派を装った抽象的マグリット表現が出来る でも貴方の書く詩は私の陳腐な想像を超え 詩にしか表現できないことへ達すると思う <2019/11/28 12:08:22> H6w4rQs1P
  • [3] いいね <2019/11/26 18:20:28> cavDe8/1P
  • [2] 詩です。 <2019/11/26 17:56:29> EFwMw5M/P
  • [1: “時間” ] 詩だね <2019/11/26 12:57:19> iSsfCY71P