脛毛王女と巨乳爺や [22353] / 志茂田 聾二

お気に入り [お気に入り一覧]

脛毛王女と巨乳爺や
あらすじ:過去に描きためた物語っぽいのやら言葉の寄集めなど色々な詩です。
作者コメント:人生で2回だけ、大切な人へ贈るために書いたものです。これで締めさせてもらいます。ご愛読ありがとうございました。
FA歓迎(一般)   過去ログ

志茂田 聾二 先生に励ましのお便りを送ろう!

読者感想   68 件中 1 - 50 件 [ 50件 | 1000件 ]

1 2 >>

[68: 白痴にも書けるラブソング【20/7/9】 ] スゴい。。 様々な愛と欲望の果てだからこそ たどり着いた平穏。。。 ンンンン? 『もよもよ』とは 先生の造語ですか? 遂には 誰にも辿り着けない オリジナルの境地 ということですね 素晴らしいです。。 流石です。。 最後は 愛の形で 丸く収める。。。 やっぱり先生は素晴らしいです。。 お疲れ様でした! <2020-07-10 03:43:49> hFDEr4b0P

ありがとうございます!「もよもよ」って言葉については、造語です。先に誰か表現されていたらすみませんが。。最後は、この2つの詩で締めようと当初から決めておりましたので、嬉しいです!最後までお付き合いありがとうございました。

[67: 白痴にも書けるラブソング【20/7/9】 ] 最後はこんな感じなんですね。完結お疲れ様でした <2020-07-10 01:12:26> kFMQ0Sp/S

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

[66] 素晴らしかったです……。。。 最高です。。!!! <2020-07-10 00:48:13> rbiVwBn/S

ありがとうございます!

[65: ゴキブリ男の一生【20/7/2】 ] 素晴らしいです! 深い。。  <2020-07-03 07:15:07> PnmA1GF/S

ありがとうございます!!

[64: ゴキブリ男の一生【20/7/2】 ] ブラボー!!! 日本の昔のパンクバンドみたい!!! スゴい! シビれる!!! とあるブルーズジャズバンドが回収騒動になった曲みたい! 私はGを掴めるように特訓しているし他人事ではなくスゴく染みいました!!! 最高最高サイコパス!!! <2020-07-02 15:02:17> sMJpvGH.P

ありがとうございます!!80年代インディーズブームの頃の音楽大好きなので、その影響とかも色々うけてるような気がしてます。

[63: イカサマサイコロ ダイスマンのテーマ【20/6/25】 ] いいですね 展開に起伏があって ラストのセリフも皮肉で悲しく サイコロだけに振るってる <2020-06-26 20:21:14> rnG/M5C1P

ありがとうございます!!物語を断片的な言葉だけで書くのが好きです。あとから気に入ったものだけ、行間を埋めていって形にしていきます。ダイスマンはいずれ何らかの形にしたいと思ってるんですが…

[62] おもしろい <2020-06-25 15:11:31> jLMgG5b.P

ありがとうございます!!

[61: 黄泉【20/6/25】 ] 全部、発想が素晴らしいですね!! アングラではない、と思いました 先生のコメの『水中、それは苦しい』に近い 目茶苦茶popで明るいモノだと感じました 最近アメリカで主流のオルタナR&B weekndとかビリーアイリッシュみたいな ネガティブPOPな感じがします 今回特に感じました アッパー気味のネガティブ 超 堪能致しました。。。 <2020-06-25 14:53:17> 6Ad0Pd6/P

ありがとうございます!!「水中。それは苦しい」の楽曲って、意味不明で面白いようだけど、チョッとした言葉選びで考えさせられたり泣かされたりするので大好きなんです。重ねてありがとうございます!

[60: 黄泉【20/6/25】 ] 最高ですな。。 絶望とシュール 通常の狂気 長くも短い諸行無常 ご馳走さまでした。。。 <2020-06-25 11:16:29> Lt0NwP8/S

ありがとうございます!!絶望的な状況でのシュールな様相は面白くもあり、悲しくもあり、まさに「ものあはれ」で大好きです。

[59] スゴイ 文学の挑戦 <2020-06-20 06:49:17> CuKOzf9.S

ありがとうございます!!

[58: レイ=プレイpart1~まん見え改竄大妄想~【20/6/18】 ] これぞ芸術や……! 自由な表現 過激で タブーの残忍さ その切れ味が鋭い程 刃は美しく大きい そして この作品以外の全てのモノに レッテルを貼る レッテルが異常か レッテルを剥がすか 最高です。。。  <2020-06-19 04:02:52> DY9vF2.1P

ありがとうございます!!レッテルって貼るのは簡単ですが、剥がすのは大変だと思ってます。

[57] 今回更新分も 更に崇高 宗教 珠玉の名器の数々 締めが近いということもあり 過去の小説作品と補完関係になるものもあり 全作品を知る私には興奮 感動ものです 性癖のグロ 結論であるグロ 否、よく考えると アスのように清々しいのも ある意味【グロ】なんだ! 先生の求めるグロ 完璧なるグロ その終点は純度の高い麻薬のように純粋だ(慣用句) 大好きです! <2020-06-12 15:04:32> S47ihws1P

ありがとうございます!!多分、いつまででも垂れ流すことはできると思うのですが、同じ形式、同じ根幹で違うものを作るとしたら50くらいが限界かなと勝手に思っております。こんな内容ですが、これでも厳選しているつもりですので…今回更新分含めて、42ですので、あと3回くらいで終わりにします。終点は決まっているのですが、果たしてこれで良いのかと言う答えは、分からないです。すみません。

[56: アリスとテレスのアイスクリーム【20/6/11】 ] 思慮深さに感動して 唐突なグロに超ウケましたwwww <2020-06-11 15:16:44> VjPfwhy.P

ありがとうございます!!最近、グロの境界線が分からなくはなっております。

[55: アリスとテレスのアイスクリーム【20/6/11】 ] 凄く面白かったですwwww 途方もない悲しみ その奥にあるシュール 天才や!! <2020-06-11 13:06:09> wvzwcFa1S

ありがとうございます!!悲しみの中にあるシュールで乾いた笑いと言うものが物凄く心地いいので嬉しいです

[54] 良いですね どれもショッキングでした <2020-06-04 21:48:52> eFNXlV/.S

ありがとうございます!!

[53: ただ寒いだけでただ暑いだけで喜ばしい一時のこよみ【20/6/4】 ] これ好き <2020-06-04 21:22:13> S/oX65s1P

ありがとうございます!!

[52: ただ巧言乱徳はとある雨夜に起こる盛者必衰の理【20/6/4】 ] これいいですね どこか俳句のようなような情緒 <2020-06-04 21:00:28> nPo1tXR0P

ありがとうございます!!こういう短い言葉の集まりの究極系が俳句とか短歌のようなものなんだと思います。

[51: 時の重圧【20/6/4】 ] 素晴らしかったです!! 多くの印象的な言葉が焼き付くようです。。 『世の中にある知らない方が良い事』はRDでも触れていましたね、良心の呵責とかの次元じゃない アカシックレコードの目的レベルの話なんでしょうね スゴイです! <2020-06-04 14:53:34> LTGizZQ.P

ありがとうございます!!特にどうなる訳でもない短いものばかりだったのですが、多分、根底にあるものは変わってないんだと思います。アカシックレコードの存在は、色々妄想する上でかなり影響受けてる気がしますね。

[50] 発想は面白いと思う <2020-05-30 23:12:57> smvY2eH.P

ありがとうございます!!

[49: 蛇女外道節【20/5/30】 ] 面白いです!!! 全部素晴らしかったです!! 『女殺油地獄』と『賢者の贈り物』が一緒になったような イビツで美しい愛 補う愛 ハートマークよりビクビク動く心臓に愛を見出すような 『dan dan 』もシンプルで体現される恍惚がショッキングで素晴らしいです 私の周りも殆ど音楽家なのですが パラノイアサーカス的な詩が多く 大好物です <2020-05-30 23:02:32> pstqI2H1P

ありがとうございます!!本人たちしか分からない歪な愛情は誰でもわかる普遍的なものと比べると、とても美しいものだと思ってしまっております。パラノイアサーカスな世界観は私も物凄く大好きなので、多分無意識に寄って行ってるんだと思います。

[48: パラフィリア=グロッサリーその2【20/05/08】 ] すごい…… 素晴らしいです…… 究極の刺激 だけじゃない 闇深いエロチシズムの中に 愛と希望 それらが先にあったから 辿り着いた絶望 すごい これぞ文学!! 探求者や…… <2020-05-09 04:13:25> Lf3sS8Z/P

ありがとうございます!!日本の文学の根本になるのは、愛と欲望と悲哀なんだと思ったり思わなかったりしております。

[47: パラフィリア=グロッサリーその2【20/05/08】 ] 今回の2つかなり好きかも <2020-05-08 22:23:28> 6Q4AXsi.S

ありがとうございます!!

[46: アンチスーサイダー戦場へ赴く【20/5/1】 ] 面白い 心が痛くて快感てとこ <2020-05-08 22:18:47> 3vbmTsi1P

ありがとうございます!!心が痛くなりすぎると快感になることは本当にあると思います。

[45] 全部スゴイ 全部好き好き <2020-05-08 21:44:43> YM8lpuF.S

ありがとうございます!!

[44: 惑星独りぼっち【20/5/1】 ] 『一人連れてこられて』『石ころ等価交換』とは 隕石が惑星に衝突して その衝撃で弾き出され 流星になって 他の重力圏に引っ掛かった って感じですかね 星は運命の縮図みたいなモノかもですからね。。 その惑星内に生まれる生命か鉱物か 『離れて行く』は同じように流星化したり 寿命が尽きたりして いなくなるとかでしょうか。。 『贖罪と鎮魂』ってイイですね。。 惑星自体が墓標だよ あるいは 星はお母さんでみんなの命を慈しんでいるよ あるいは 【石】自体 いろんな宗教で 魂が依り易いとされてるよ とか 抽象的で素敵です <2020-05-04 08:18:21> SHjb6tK/P

ありがとうございます。「惑星独りぼっち」については、実際に私が殺してしまった大切な命に対する贖罪と鎮魂が入っております。ある瞬間、軽んじてしまったために殺してしまった命について、未だに思い悩む日々は続いております。そして、この命には本当に奇跡としか思えないような後日譚があるのですが、そちらについては、表に出す事に躊躇があり、未だにどんな形でも消化する事が出来ずにおります。そんな実話を、抽象的に書いた感じです。とは言え、それとは別として、前述しました通り、解釈自体は読み手の方に委ねるべきだと思いますので、いただきました感想もとても興味深く拝見させていただきました。本当にありがとうございます。

[43: アンチスーサイダー戦場へ赴く【20/5/1】 ] アンチスーサイダー アンパンマンやんwwww 戦場の英雄はヒトゴロシなのか 逆転で手当たり次第が爽快なのと 癒えない渇き そのなかに夢もあったのか。。 キチガイぶっ飛んでて面白いですw <2020-05-03 20:52:23> MAIm9b4.P

「子どもの頃よく聞いたあの歌」はアンパンマンです。何気なく聞いていたあの歌詞も、ある瞬間に当てはめた時、物凄く心にズドンと来たような感じです。「1人殺したら殺人鬼だけれども、100万人殺せば英雄」と言う、チャップリンの映画「殺人狂時代」に影響を受けてるはと思います。

[42] 全部素晴らしく面白いです。。色んな解釈が出来そうてはありつつも 異常なところも やわらかなところも 欲と渇望が溢れてて素晴らしかったです <2020-05-02 13:18:47> anMVf2N/S

ありがとうございます。解釈自体を読み手の方に委ねる事が出来るのは、詩と言う形式の良い所なのかもしれないです。根底にある感情を読み取って頂ければ、それで多分満足できるのではないでしょうか。

[41: あまつさえ死ぬことも出来ない【20/5/1】 ] 【アンチ】対象が自分か他人か わがまま快楽サツジン良いですね。。途中爆笑しまして それでも満たされない心にイラッとキマしたwww【惑星】惑星視点や抽象的な表現を織り交ぜながら 不思議な味わいのある文章です 石ころ大の流星みたいな惑星なのだろうか 惑星は鎮魂なのだろうか【あまつさえ】素晴らしいです。。 落下の夢的なモノとかは 真相心理の恐怖ですね なんとも言えない癒えない不快感と 最後がまた素敵な語感です。。 漠然と「続く」 何かが続く しかし目的も 本当は不明瞭なのだ皆 何かが続く続けてるって 確かに。で <2020-05-02 04:13:44> 2c62OUI0P

ありがとうございます。今回の3つの詩については、それぞれ書いた時期もその時の心情も全然違ったりするのですが、ある意味実際にあった出来事を抽象化した記憶があります。対象物に対して自分がどの視点から見ていた事象かによって、テイストが変わってるという印象だと思います。描いている時はそういった小難しい事は何も考えていないので、読んでいただ来、感想いただいたときに改めて「そうだったのか」と思う事がたくさんあり、とても感謝しております。ちなみに、アンチスーサイダーについては、もう少し内容を発展させて短編のマンガもあったりします。

[40] 素晴らしい。。 <2020-05-02 02:44:08> DSfQJYD0S

ありがとうございます!!

[39: ジェニファー【20/4/23】 ] どちらの詩も物語としての体裁を備えていて、すこし肉付けすれば小説にもなりそう 叙事詩というのかな、不遇な人物が逆境をしのび、さいごには全世界に影響を及ぼす ロマンを感じました <2020-04-26 20:19:03> n6RGlsv/P

ありがとうございます。実際には、どちらも結構壮大な物語になってしまってます。まさに、叙事詩ですね。叙事詩大好きなので、なんかすごくストンと来た気がします!!

[38: るりゑ【20/4/23】 ] 面白い! そうきたかぁという感じ これは新解釈の創世神話だ <2020-04-24 13:05:01> GylURy21P

ありがとうございます!学生時代に、「この世の成り立ちについて」の既成概念をぶち壊す妄想の論文書いて、教授をぶちギレさせてしまったのも今はいい想い出です。

[37] 面白いですw 寂しくも不思議な文章 <2020-04-23 18:29:51> lZUt/U0/S

ありがとうございます。なんとなく、寂しさとか哀愁、「あわれ」と言う情景がこの上なく美しいと思ってしまいます。

[36: ジェニファー【20/4/23】 ] 【るりゑ】深い悲しみ 光のない絶望の中 途中で「あれ?殺しとんの?」ってなり 半信半疑が完全にシュールに変わり素晴らしいですwwww 【ジェニファー】はアスですね。。 被害はこちらの詩の方が酷いかもしれませんが しかしこちらの詩は「アダム」も実害もアスの物語からすると抽象的で しかし何だかとても 物語のアスの立ち位置にピッタリで納得致しました。。 るりゑって誰だろう? 小説は姫子だし。。 <2020-04-23 14:56:36> sGqQLfY/P

ありがとうございます。おっしゃる通り、「ジェニファー」は「us」の原型になった詩です。2つの対になった詩を思いつき、その一つがどうしても頭から離れなくて、大きな物語になっていきました。「るりゑ」も、もう一つの物語としてもうすでにこっそり出しております。ネタバレになってしまうので、どうしようかとも思ったのですが、2つとも個人的にとてもお気に入りなので、載せてしまいました。すみません。

[35: 黒魔術ラヴィンユー【20/4/16】 ] 妖しい魅力と背徳感、超常現象と、まさに真骨頂ですね! 最後、腐乱した少女をやさしく抱きしめるところ、こういうアンビヴァレントな描写好きです。黒魔術の素材もユーモラスでいいですね。カエルの心ってどんな心かな笑 <2020-04-19 20:44:10> 00A1tfN.P

ここ最近「自虐の唄」と言う4コマ漫画を読んで涙しています。まさに、こういう事なのかな。と。本当の気持ちが出てくるのは、最後の最後なのかもしれないです。「カエルの心」は最初「カエルの心臓」だったんですが、どうしても語呂とかイメージ的に「心臓はないよな」となって「心」になりました。カエルの心は体のどの部分に宿っているんでしょうか。

[34: お耳汚しを召し上がれ【20/4/16】 ] 『黒魔術』メチャメチャ面白いですwwwww 悲しみのメランコリーからブードゥーのくだりで吹き出しました その後、悲しみの中に、ちょっと俯瞰で見たようなシュールさが絶妙です。。 『お耳』、凄く素晴らしい表現、心神喪失な文章が心に染み入ります…… 足元も、目の前すら見えない、心象風景とうつつを行き来する 夢遊病者のような表現がシビれます……!! <2020-04-16 15:23:49> BiBuTBW1P

ありがとうございます!!結局必死になった時の人間ほどシュールに笑える者ってないのかも知れないな。と、そんな思いで書きました。「お耳汚しを召しあがれ」の方は、もうこれは本当に何に目的もなくただただ浮かんできた言葉をまとめただけなんですが、その分、気持ちがストレートに出ているような気がしないでもない感じです。

[33: お耳汚しを召し上がれ【20/4/16】 ] 凄い。心から湧き出た言葉。感動しました。 <2020-04-16 12:26:32> wkOMoII1S

ありがとうございます!!確かにフッと沸いた言葉をそのまま書き留めているだけなので、恐縮です。

[32: 空色暗中【20/4/2】 ] この詩めっさエエなぁ。特に最後んとこ、「ふと気が付くと やっぱり~」ってえらいニクい思います。これほんまにヘコんどらんと書けん詩です。そういう意味ではちと気の毒でフクザツですねんけど・・・ <2020-04-15 20:00:32> ABfRR9q1P

ありがとうございます!!死にたくなってリストカットとかもバリバリやってたクチなのですが、この詩自体は実はもっと後になってから書いたものです。あの頃はなんであんな事してたんだろうな~とか思うと恥ずかして仕方がないので、こんな形で吐き出してみた次第です。

[31: 建墓記念の夜に【20/4/8】 ] これいいですね・・・好きです。とてもいいと思います。自分の墓を思い、眠るように目を閉じる男・・・。時間も人も無常ですね。もう一つのもすごく意欲作という気がしました。(無常、ということで永遠につながるのかな) <2020-04-12 13:34:00> nsSamVV0P

ありがとうございます!!死ぬことについてより、死んだ後の世界の事ばっかり考えていた時期がありまして、その時に書いたものです。自分が死んだ瞬間、この世界自体も無になるという説もあるそうですが、自分が死んだあとの世界、残された家族とか、環境とかその辺を考える事が出来ているうちは、多分幸せなんだろうと…そう思い聞かせております。

[30: 果て。1【20/4/8】 ] スゴく感動します。。 欲望 探求のルーティンが辿り着いた境地のような感じがします。。 私は志茂田先生のアングラ的文学(アングラ×シュールは超絶コラボ)にハマってますがw 先生の漫画は(文章ではなく)比較的未来思考のポジティブなモノが多いと思いますが 陰鬱というコメが心配です どうか安寧を。。 <2020-04-08 22:47:32> TOklst/0P

ありがとうございます。詩の形式がほぼ全ての原点で、基本的にアングラ文学とシュールレアリズムは大好きです。書いたあと、それが漫画やら小説やらに発展していくので、実は、RDやUSにも原型になった詩が存在してたりします。同じくアングラでドス黒いものなんですが、漫画として長期間描いているうちにキャラクターたちが勝手に頑張りだして、ポジティブに立ち上がろうとした結果、あんなバランスになっているような気がします。こんなこと言うとただの中二病みたいですね。。。すみません。根本の部分は陰鬱としてた方が、頭の中を良くない事が色々よぎるのでアウトプットする分には良い感じではあります。重ねてありがとうございます。

[29] すげえ 新境地だ <2020-04-08 20:27:58> VEguJiW/P

ありがとうございます!!「果て。1」については、実は、「ふーふー」に次に古いもので、むしろこっちが原点だったりもします。

[28: 悲しみを具現化できる世界【20/4/2】 ] こう言うのもなんですが・・・多分今までの中で一番好きです。悲しみを持て余すようすがとても鮮明に迫ってくる気がします。独り歩きした悲しみは辛そうにして寄り添ってくるが、一緒にいたくない、申し訳ないけれど。彼らは虐げられても我慢している。そういうところに、感情の捉えがたさがとてもよく表れていて、ちょっと感じ入っちゃいました。 <2020-04-07 04:18:27> rpKsz7O0P

ありがとうございます。そういっていただけると、物凄く嬉しいです。小躍りしたくなるほど嬉しいです。悲しみが多すぎてどうしようもない時に書いたものなので陰鬱な気持ちにもなりますが、それが救いになる事が実は多かったように思います。

[27] ええな。。 <2020-04-03 12:11:53> e4wTSv01S

ありがとうございます!!

[26: 悲しみを具現化できる世界【20/4/2】 ] 25途中送信 ゴッホの星月夜をイメージします。。 『悲しみを~』はUSのタイトルにもあったのでドキッとしました そして悲しみが寄り添ってきたり 一人歩きしだしたりしてる内に 悲しみと夢希望がそっくりに突然現れることにビックリしました 最後のマイクの部屋は何を意味するのか…… 悲しさと夢希望、それがマイクなのでしょう。。 先生の言葉、先生の心象風景の表現だから 最後の一行が ピーターパンの指ぬきみたいに 意味を帯びてきます。。 <2020-04-02 15:20:00> jWLiyi8/P

ありがとうございます。usのタイトルの件も覚えていただいておりまして、凄く嬉しいです。このタイトルはとてもお気に入りのモノなので、usの中で少しだけ使っていました。最後の一行(と言うか、一番最後の表現)はマンガでも、小説でも、詩でも一番重要視している部分なので、とっても嬉しいです。「マイク」と言う人物は、過去に更新した小説「永遠の向こうにある果て」「中央悲劇閲覧センター」に出てくるマイクの事で、その「マイクの部屋」が重要なキーワードになる長編小説「夢喰いバクヲ」と言うお話もあります。いずれ、この小説もご紹介できればと思っております。

[25: 悲しみを具現化できる世界【20/4/2】 ] 二作とも 寂しさ 孤独 空と自由と救いを見ます。。  <2020-04-02 15:08:45> jWLiyi8/P

[24: 空色暗中【20/4/2】 ] いいじゃん。俺も悲しいけど、悲しい詩を書いてくれる奴は好きだよ。 <2020-04-02 15:00:01> DOwTS/V.P

ありがとうございます。感情のマイナスが少しだけ救われるような気がしないでもない日々を過ごしております。

[23] 6ですが 「耐性がある」なんて とても失礼で情けない物言いだと思い返しました 先生の純粋な支配欲や征服欲の追求に共感致しますし 私も好きです そして何より 何モノにも囚われない表現 自由 に感銘致します 創作と芸術を感じます <2020-04-01 05:01:03> 3MIu3xl.P

ありがとうございます!全く気にしてなかったので、どうかお気になさらず。癖は強いように自覚してますので仰る通り耐性がないと気持ち悪い文章の塊だと思います。芸術だとまでは思ってないので、恐縮ですがありがとうございます。自分としては、こうやって吐き出すことで何とか正気で居る部分もあるので、もう少し続けさせていただければと。

[22: 瓶詰めの幼女【20/3/26】 ] 「ロリータ」の作者ってそういえば昆虫採集大好きだったらしいですねぇ。瓶詰め標本ということで思い出したんですが(関係ないっすね・・・)。実はグミチョコ読んでないのです。なので寺山修司さんとあわせて今度読んでみたいなぁ・・・なんて(タモリに物真似されていた認識しかなかった 笑)。ところで『遊星~』小説版興味あります! <2020-03-30 01:14:50> 4ISoxdY.P

「ロリータ」の作者ってナボコフでしょうか?昆虫採集趣味だったとは知りませんでした!だとしたら、何となく今回の詩とつながるような気がして、テンションが上がってます!グミチョコの件。壮絶なネタバレになってしまいましたね。本当にすみません。未読の方、もちろんたくさんいらっしゃると思いますので、配慮不足でした。「遊星屠殺ワンダー」の小説版については、昔に書いたものなので、校正しつつそのうちアップさせていただきます。

[21: 瓶詰めの幼女【20/3/26】 ] 「愛があれば歳の差なんて関係ないと人は皆口々に言うけれど~~」って何か深いような屁理屈のような <2020-03-26 21:42:59> 0LDsMaN1P

屁理屈ですよね。逆張りと言いますか、ダメになっていることを自己の中で正当化しているだけです。すみません。

[20: 瓶詰めの幼女【20/3/26】 ] これはほんまにアングラやなぁ。南君の恋人読んだばっかのわいのハートにはズドンと来るでぇ・・・。けどサイコキラーの愛を貫徹したとこはええな。また来るわ。 <2020-03-26 19:32:47> /gxHo7E0P

第三者から見たら異質だとしても、貫くことで最後には何よりも美しくなるんじゃあないかと思っております。現実では、そこに倫理的かどうかと言う観点が入ってしまうので、せめて創作の世界ではその部分に気にしないで居たいです。

[19: 瓶詰めの幼女【20/3/26】 ] またアングラ的文学ですね その中にちゃんとシュールをあえて含んで 【かなり大きめのガラスの小瓶】のアンサンブルに 禁断の笑いが込み上げます。。 愛の純粋な追及と このアングラ世界観に 何か 昔の 江戸川乱歩とかパラノイアサーカス団とかの あのドロドロ グログロした世界を爽快にインスパイアされた気がします。。 <2020-03-26 14:46:45> Wz90jCC1P

ありがとうございます。アングラなものホントに大好きです。これまで読んだ全ての中で最も美しいと思った物語が江戸川乱歩の「蟲」です。あの世界観に浸っていたい日々を過ごしております。

読者感想   68 件中 1 - 50 件 [ 50件 | 1000件 ]

1 2 >>

Tweet

コメントに返信する(作者用)

Neetsha