手首の味、他 手首の味、他 の読者感想
文芸新都 作品ID [22395]
坂口おむにご 先生に励ましのお便りを送ろう!
作者コメント:「雪野ひかり」はこれにて最終回ですが、もう一編ほど……
読者感想欄 sage
  • [46] 夢中になって読みました。ありがとう。もう一編も楽しみに待ってる <2020/06/03 14:56:03> /7/wQEi.P
  • [45: 雪野ひかり(仮題) ] スゴイです。。 血の繋がりってどこまでも繋がってるんだな、と深く思いました。。 ストリップ関係なく 光くんは複雑かつ誰にも増して絶頂なのかもしれない絶妙な感じを思いました だって家族って憎しみと愛しさが絆レベルであると思うのです 愛しいけど、知り過ぎてるが故に無関心みたいな そして光くんはひかりタソが安心してる喜んでる事を遺伝子に近い感覚で感じたのでしょうね。。 美しい姉のスッポンポンを手に入れて 『禁断』ではなくどこまでも深い愛です。。 俺は兄貴のスッポンポン見ても拍手出来んけど <2020/06/01 01:47:30> bwH0J98.P
  • [44] 優しく殺めるようにって表現なんか良いな <2020/05/26 11:47:24> nKmfIA./P
  • [43: 雪野ひかり(仮題) ] 凄い世界…… 舞台と客席 常軌を逸した緊張と興奮 平常心で居れるわけがない 更に奇をテラったようにみんなの前で咎められ 現実が何度も反転する様な精神状態 リスカすらも甘美な錯覚に。。 凄い…素晴らしいです…… 他で味わえない様なプロと妖艶と死の美の世界 芸術や……! <2020/05/26 05:51:41> ewF9LuY1P
  • [42: 雪野ひかり(仮題) ] ほおおお…… 目と意識が眩む ハイスピードとコマ送りのようなデビュー公演 この男性、何か関係してるのかな オペラ座の怪人 みたいで ショー以外に話が絡み合うなんて巧い展開。。 面白いです。。 <2020/05/22 03:48:36> gqjUHfk1P
  • [41: 15 ] マーメイド、ほっほー <2020/05/21 00:52:35> pIzXzfA1P
  • [40] どど、どえらい展開、麗香さんがまさか・・・・・・ いやもう驚きや。炎のステージに消えるダンサーか・・・ この作品、リアリズムだけやない、一筋縄でいかんとこありますな。ほんでいよいよひかりちゃんは世に「焼け出されて」もうたわけやな。「わたしを奏でればいい」って歌詞は意味深。ほんまどないなってまうねんなあ。 <2020/05/20 22:42:54> AQvpFwd0P
  • [39: 雪野ひかり(仮題) ] ほえ〜〜〜〜……… マジか…… 正に幻想的 絶望と死と祈り 麗香姐さんからは見えてたんじゃないだろうか…… 約束は一夜の幻の彼方に 凄い面白いです!! <2020/05/16 16:54:22> b9ulPt4.P
  • [38] 11話。えらいまあリアリティ。孫をめでる視線にふと性欲が、て客の年齢層をいいあらわしとりますな。ほかにもカメラ撮影は数人セットで時間調整してくれとるとか、「押しのけた体が別の体を呼ぶ」混雑状況とか、いかにもありそな描写で、自分がそこにおるようやわ。どえらい観察力ちゅうか取材力ちゅうか・・・・・・。 <2020/05/13 23:46:24> 4hLTttg0P
  • [37: 雪野ひかり(仮題) ] 凄いです…… 今回、プロの華々しさと デビューという迫りくる現実と 欲望渦巻く危うさが ビシビシ伝わってきました 36様がおっしゃるスポコンは凄くシックリきます。。 私は見せるだけなら別に構わないじゃないか、と本当に無責任に考えてしまうのですが もし私が同じ立場なら、先ずこの重圧に勝てるだろうか? と心境を思い、緊張してしまいます…… 実際、直前に演技不能になってスタッフさんが慌てる、なんて事あると思います 凄く続きが楽しみですが 出だしを思うと不安でもあります ただ、いつでも立ち帰れると信じてます <2020/05/12 04:26:57> ZU/WM1q/P
  • [36] 「そうか、誰も止めてくれないんだ」ってええな。ひかりちゃんの心の揺れ動きがようわかるわ。らせんの比喩も感心しました。どっかスポ魂ぽくて燃えますな。業界モノという言葉ありましたけど確かにドキュメンタリー的面あって、そういう興味でも読ませるあたり「オール讀物」はええかもしれせんな。で最後は冒頭のセリフへ帰る、ひかりちゃんどうゆう思いでこれ思い返してんねやろか。 <2020/05/12 00:04:24> 6wfgA6w.P
  • [35] [ <2020/05/11 23:56:29> swUrPut0P
  • [34: 雪野ひかり(仮題) ] 業界モノ 面白くて興味深くて良いです イエモン グラムロックは ことイエモンは映えますね。。 姐さん復帰ペア楽しみ 姐さんに賢い子と理解して貰えて 子供の頃は良くも悪くも飛び出さないようにしてたのでしょうね 楽しみです。。 <2020/05/09 19:02:21> Lf3sS8Z/P
  • [33] うぉぉやっと時間取れた。なんやえらい更新速いやん、意気軒高、燃えとりますな。ところで6話の感想まだあってんねん(笑) ひかりちゃん酔い潰れてモノローグ入るとこありますけど、ここ、まるでボクシング映画でノックダウンした選手が、一種の臨死体験して帰って来て、そっから鬼みたく強なって相手タコ殴りにするあれみたいやん。ひかりちゃん覚醒。人生に打ち勝ったる。めっちゃ勇気もらいました。ほんで彼女は鏡の国に飛び込みますな。ハンプティダンプティみたく引っくり返らんこと祈っとる。 <2020/05/07 00:47:19> MQj/1TW1P
  • [32: 雪野ひかり(仮題) ] 誕生の瞬間。。 でも 出だしを考えると何とも言えない でも、出だしでは『まだ踊りたい』と言っている この世では間違った事が平然と行われてたりする みんな見て見ぬ振りもする でも、踊ってる時は純粋だ <2020/05/06 05:41:26> gP39QnW0P
  • [31: 雪野ひかり(仮題) ] 面白いです 小さな鏡に自ら飛び込む って素敵ですね。。 出逢いと引退 演目の引き続き スポットライトの裏の人生 しみいります。。 <2020/05/03 17:10:18> MAIm9b4.P
  • [30] 29訂正 初めて→はじめ  ビデオで教わるより 生で動きを見た方が凄く分かります <2020/05/01 07:09:10> 8FKO4qW1S
  • [29: 雪野ひかり(仮題) ] イイですね。。 ストリップ 初めてエロかったですがひかりタソ視点が入ってきて 気持ちが入ってきて 一緒に息を呑みました Y字バランスっぽい所からブリッジ辺り 凄く 分かります テレビやモニター越しじゃない 生の人間 目の前で動いて 空気や床のわずかな振動で 重みが伝わって来て 躍りのレクチャービデオよりも 生で技を見る方が ビクンビクンって伝わって来ます しかし麗香姐さんとの衝撃のSHOW劇場の出会いやヨシ ピルエットって技名なんでしょうね 麗香姐さんもダンスを背負っているんだと思います 楽しみです! <2020/05/01 03:40:18> atNRqvL1P
  • [28] 坂口です。みなさんのコメントのおかげで書き進められています。コメ返は完結後に何らかの形でやろうかと思います。まあ質問などがあれば随時するかもですが。 <2020/05/01 02:08:39> g1hMiEa/P
  • [27: 雪野ひかり(仮題) ] 地獄に仏。この麗香っちゅうのもまたえらいタフな人やな。そんで今更思い出したがひかりちゃんリスカしてんねんな… 思たんやけど、ひかりちゃんのパトスっちゅうか自由を求める情念みたいなもんは、いつもこの子の肉体をとびこえて爆発したがっとる、せやけどそこは自己批判のブレーキかかっとるもんで、本人としてはそんな奔放な己れをどやしつけたるとカミソリでもって傷つけるしかない。せやけど、結果的にそれは「血」という人間で一番熱いもんを噴きだせるちゅう意味で、願望を一部叶えてやってんねんな。痛々しいけどそゆ事と思いましたわ <2020/04/30 23:59:50> md3virV1P
  • [26: 雪野ひかり(仮題) ] 面白いです ストリップ、イヤ、究極のフリースタイルの第一歩ですね 鏡やシルエットを意識するのは私も最近身につまされました <2020/04/28 14:40:25> REYBK6l1P
  • [25] コメ返、わたしはしない派かな 時間とその気があるなら、でいいと思う 執筆大変そうだし 連投ごめんなさい <2020/04/26 19:40:43> n6RGlsv/P
  • [24: 雪野ひかり(仮題) ] 「思考の逆襲」というところに共感を覚えました 「ひかり」さんというこの主人公は常に自分を批判する「もう一人の自分」を抱えていて、その自分から逃れる、あるいは和解して一つになるためにも踊りや観客の視線といったものを必要とするのかなと思いました <2020/04/26 19:37:35> n6RGlsv/P
  • [23] 坂口です。コメ返なるものはしたほうがいいのですか? <2020/04/26 04:12:07> phS2YY.0P
  • [22: 雪野ひかり(仮題) ] エエでエエでェこの身を切るよな臨場感。都会の夜風で頬っぺたヒリヒリするようやぁ。この主人公はほんまに生きとる! 悪いことは言わん、やっぱしこの話は完結させるべきや。ちゅのは坂口ほど物の書ける人間が、一度手をつけた物語に自分自身取り憑かれんとはとても思われへんからや。ひかりちゃん夢枕立ったらどないする? わいも小説書いた経験から言うがそういうのは後々まで尾を引くでェ。それに登りきった山頂からしか見えん景色もあるはずや。…と無責任発言はここまでにしとこか。毎度お騒がせ、長文垂れ流しおじさんでしたぁー <2020/04/24 20:22:42> GylURy21P
  • [21: 雪野ひかり(仮題) ] これヤバい 凄い 親子のバレイ教室の辺りも 上京の更新分も 鳥肌が立ちます そもそもバレイがヤバいですからね 3チャンのキーロフバレイの人が教える番組とかマジヤバいし マス大山氏の本にも書いてあった 『鏡』をモチーフに進む話 過去と 呼吸を奪われる程の緊張 失望と終わってないダンス この過去の出会い 楽しみです!!! これは凄い <2020/04/24 04:17:31> FWwNomU1P
  • [20: 雪野ひかり(仮題) ] ほんまにシビアな人生やで。あるがままに踊ることを赦されず(そのためにか?)知的で早熟に育った少女にとって、他人の目を通じて自分を見る生き方が骨身に沁みてまうんは一種の宿命やったんやろな。ほんで「負けつづけの後出しじゃんけん」などとシニカルに半生を思い返す。せやけど敗者を自覚したぶんだけ強かにもなれるっちゅうことなんやろか、ある意味ごっついタフなおなごやわな。ワシもひかりちゃんの踊り見とうなったわ… 例えるならそれは操り人形が手足の糸をプチ、プチ切ってくよな踊りになるんやろ。なんやワシずいぶん感傷的やんかぁ <2020/04/24 02:36:24> GylURy21P
  • [19] ユナって子は骨折したの。ひょっとしてその夢まで背負ってたりもすんのかな しかし屈折したストリッパーの内面とても執念ぶかく追うね そかプロ志望か・・・ <2020/04/19 20:58:13> 00A1tfN.P
  • [18] すごい凝ったつくり 過去、現実、歌の歌詞までからめて <2020/04/19 07:24:31> 00A1tfN.P
  • [17: 雪野ひかり(仮題) ] いつの間に過去にさしかかっとんねん。わしも迂闊やったわあ。鏡張りのステージン中でぐるぐる回るんは、ふっきれん過去の残像、歪んだ鏡像やっちゅうわけやな。ユナちゃんオカンのお気に入り。せつないなぁ・・・。ところ下コメですけど「探す光の最長距離」ってまさにこの作品にぴったりの表現おもて感心しました。わしも「堕ちよ、生きよ」ちゅうの密かに考えたんですけどコレよう考えんでも安吾のパクリですわ。作者はバレエ経験者ちゃうの? <2020/04/15 19:38:55> ABfRR9q1P
  • [16: 雪野ひかり(仮題) ] 書きたくてしょうがない、という意気込みが随所に感じられて、読むときちょっと身がまえてしまう笑 しかし指導の名のもとに鋳型に入れられて育った女が、その教わったバレエとともに素っ裸をさらす、というのは何かの復讐なんじゃないかという気がするな。 <2020/04/12 13:51:12> nsSamVV0P
  • [15: 雪野ひかり(仮題) ] 女主人公、心の中で客に毒づきながら局部をさらすってすごい二面性ですね・・・ そうかスポットライトで過去にフラッシュバックするんだな。 <2020/04/07 05:08:31> rpKsz7O0P
  • [14: 雪野ひかり(仮題) ] 匂い立つようなディテールやん。「雪野ひかり」続きやねんけど。最長距離で。曲線を描く。縮こまって伸びる。まるで目に見えるようやんな。冒頭も振るってるでぇ。闇色のファウンデーション。これはつまりは決意の表れや……演技せざるを得ない女の決意や。ほんまこの子は過去になにがあったちゅう話やわ。麗香ちゅうのは師匠すじにあたるんかな。いずれにせよ続きを待つほかないわな…… 過去現在、明暗の対比。これが今回の主軸や思いました。 <2020/04/02 23:28:17> DOwTS/V.P
  • [13: 雪野ひかり(仮題) ] 更新あったんかいなぁ。しかも先週て。気づかんかったわぁ。 <2020/04/02 09:59:46> DOwTS/V.P
  • [12] まだ「雪野ひかり」一話めまでなんですけど良かったです。ひかりの差し迫った感じというか後戻りできない感じが濃厚に伝わってきて。このまま下関の海に飛び込むんじゃないかってくらいの印象。清水の舞台も目じゃないですね・・・。あと「ゆ」とか「よ」とか一見意味のない文字をさりげなく駆使するとこ上手ですねぇ。 <2020/03/30 01:54:43> 4ISoxdY.P
  • [11: 雪野ひかり(仮題) ] これエエなぁ。。 心の闇と葛藤ともがきあえぎ 探す光の最長距離 ポアントってバレエ用語のようだけど過去とかかな <2020/03/29 12:20:06> OKeTNx50P
  • [10] いつのまにか連載になってる・・・。じっくり読ませてもらいますね。 <2020/03/29 08:30:37> VWZhGUW.P
  • [9: 雪野ひかり(仮題) ] 更新してくれたか坂口ィ!! しかしこの姉ちゃんどこ行っても身の置き所ないようすやなぁ。二度吐いただの「後頭部の脂臭さ」だの、嫌気がヒシヒシ伝わって来よるわ。そのぶん海の風にあたった心地よさは格別やけどなぁ。ストリップ劇場んとこ、Yの字三本とか「乗る」っちゅう隠語とか小道具の貝殻とか、やけにリアルで感心する。実際見てきたんでないと書けんおもうわ。でも今日のは全体にちと描き急いだ感ないか? 麗香っちゅうんが何者かも気になるし、両親はどこ消えた? 桜の木の下に埋めてきたんちゃうやろな? また書いてくれやぁ! <2020/03/28 00:31:30> WppzwgT1P
  • [8] 暗転は比喩も兼ねてるのかも。ひかりちゃん失神したんかな。 <2020/03/26 13:34:57> /gxHo7E0P
  • [7: 雪野ひかり(仮題) ] ト書き脚本でもないのに暗転の指示出す? <2020/03/26 05:32:59> kAqexjB1P
  • [6: 手首の味 ] うん、素晴らしかったです。。 作風に見覚えがあるような…… 気のせいか <2020/03/25 05:10:22> oEImzfl0P
  • [5] これもっとコメントついてええ思うけどなあ。なあ、力作ですやん。才気走っとりますやん。青年期特有の鬱勃たるエロスとパトスが、慟哭しながら傷と恥部をなめあっとるそんな文章と言えますやん。そいがなんでや? みんな最初のトイレんとこで回れ右しとるんちゃうやろか。UターンラッシュはGWだけにしときぃや……。 <2020/03/24 22:58:33> J2aO8SW.P
  • [4] 無頼派や。作者も作品も。 <2020/03/21 14:03:45> wKG9ezR0P
  • [3] うめぇなあ。。。弟はろくでなしっぽいけどさ。。お姉さんが東京来たきっかけとか知りたいです。あと下のコメントだけど、最期の方喧嘩売ってるみたいだぞw 褒めてるのはわかるけど <2020/03/20 16:43:16> eU9YKhh0P
  • [2: 手首の味 ] 読んだよ。泥沼んなかに咲く彼岸花みたいな作品だと思った。微妙なラインで揺れ続ける肉親への愛情をそのまま書くって、なんか綱渡りみたいな芸当だよね。『踊りたいのに、死にたいの』ってセリフにはグサッと来た。ほかにも引用したい箇所はあるけど割愛。「すっかり寂れましたね」だのと言うくらいなら、もっとじゃんじゃん書いてちょうだいよ。おたく、上手いんだからさ。 <2020/03/19 20:44:36> pCe5dQa0P
  • [1] まだ途中までだけど、今日中に全部読むわ。いろいろドロドロしてるようだね。 <2020/03/19 12:48:05> pCe5dQa0P