週刊少年VIP [連載]

DYNASTY [22918] / 芥川

お気に入り [お気に入り一覧]

DYNASTY
あらすじ:諸見里家はバスケに夢中な一家である。諸見里三兄妹は果たしてバスケ物語をどのように歩むのか。
作者コメント:14話更新。月曜日だからジャンプの日だから謎の思い入れでここを意識してました。いつも色々とありがとうございます。寒さが増してるのでお身体にお気をつけください。(2020-11-30 00:06)
FA歓迎(一般)   過去ログ
バスケ スポーツ

芥川 先生に励ましのお便りを送ろう!

作品を読んだら、ぜひコメントしてください!

読者感想   66 件中 1 - 50 件 [ 50件 | 1000件 ]

1 2 >>

[ 66: アイソレーション ] 今更だけど「つぎにい」って呼び方好き <2020-12-03 23:56:09> rcW6wAB.P

コメントありがとうございます。お互いの呼び方にこだわって描いていたのでそう言っていただけると嬉しいです。呼び方って難しいですよね。あのキャラからすると二人とも兄になるのでどうしようかなぁ、どう呼ぶんだろうって考えてたら、名前と間柄的にそう呼びそうだと思ったのでそういう呼び方に決定しました。今更でもお伝えしてくれてありがとうございます!引き続き頑張ります。

[ 65 ] アイソレーション…ソーシャルディスタンスは大事 <2020-12-01 05:47:18> 4iQM8pj0P

コメントありがとうございます。ソーーシャアアルディスタァアアンス!!!。すごく大事ですね。今の時期、各地で拡大を見せている深刻な問題です。まだまだ脅威であること変わりませんので皆さんお気を付けください。自分も外に出なくてはならない時に、周りに人が混んできたなこれはみんなソーシャルディスタンス忘れているなと感じた際は、先ほど申し上げましたようなトーンで叫んでおりますええやめようそれはやめよう。当初はぼそっとアイソレーションって言ってたんですけどこれは皆さん効果なくてですね。それからはアイソレーションお願いしまーすも試しましたが、そんな経緯で何はともかく、密を極力避けることマスクの着用は今後自分も時期に限らずともしていこうと思っています。密なところ基本好んでないこともありますけど。

[ 64: アイソレーション ] 相手をからかうのではなく『格の差』を見せつけてM家の戦意を削ぐ思惑かな。ならアフロンティが言った「殺しちゃう」というのは選手生命を精神的に終わらせるという意味かもしれないな <2020-12-01 01:27:55> odNBGjL1P

コメントありがとうございます。この度、芥川に代わりましてご返信させていただく芥川の助手を務めますジョッシュと申します。芥川についてはこちらのコメントを大変気に入っておりすぐにでも返信をしたいということでしたが私が止めました。芥川は次の話を描かなければならないと私の方で判断しまして、現在描くことに集中をさせているという状況でございます。一つ伝えることが出来るのは芥川はこのコメントを見た時に思わず飛び跳ねて天井に頭を突っ込み、しばらく宙ぶらりんでございました。アフロンティが何をどう思い、行動されているのか私も現在調査中でございますが、コメントされている方向ではないかと私も思っておりまして、非常に興味深く有難いコメントだと思っております。あ、遠くから芥川の奴が、そうだよーなどと発言されてますから芥川の奴をしばいておきます。芥川の野郎はきっとこのコメントを見て、それだ!それ!などと乗っかろうとしているに違いない。あのアホンダラッティは私の方でしばいておきますね。素晴らしい考察をしていただき、芥川とかいう奴も本当に幸せ者だと思います。引き続きよろしければお付き合いください。

[ 63: アイソレーション ] 勉強になる <2020-11-30 21:51:16> MitTSlm0P

コメントありがとうございます。勉強になるという言葉すごく嬉しいです。主に攻めの戦術、守りの戦術を現実に即して展開させようと思っているので、なるほどこんなのがあるのか、と見ていただけると嬉しいです。作品から伝わることが一つでも多かったら嬉しいですし、何かの役に立てるのならそれも嬉しいことです。多少この作品内のバスケット仕様に合わせて競技時間やファール、作戦タイムにルールの変更があるので、そのまま勉強になることばかりではありませんが、現実のバスケットに繋がることや、知識として有用なものにもなれば嬉しいです。様々な観点いただけていること有難く思います。キャラ作品としても、競技作品としても、引き続き何か良い瞬間が作れるように頑張ります。

[ 62 ] アフロンティつよ… <2020-11-30 09:03:13> wsvWf.N.P

コメントありがとうございます。アフロンティつよ…というコメントシンプルに嬉しいです。なんかこう基本的にどんなコメントもありがたいの当たり前ですけど、内容にピタっと。彼は自分も強いなぁって思いながら見てます。彼は強いですね。独特の何かを持ってる感じのよく分からないキャラでもありますけど、上の部の人間なので一筋縄では行かなそうですね。三兄妹は、日頃より重ねた練習から基礎を完全習得した上でそれぞれ強みを持ってるというイメージで見てるんですけど、それであんな感じだと手に負えそうにないです。お手上げです。

[ 61 ] ゲームの大会優勝すごい!ふとe-sportsで検索したら専門学校までありましたよ <2020-11-30 05:39:42> zNN2mj.1P

コメントありがとうございます。確かにザウルスです。グオオ(ザウルスの声)。ゲームの大会も大小様々あると思うんですが、シンプルにすごいことですよね。まず上手にゲームをすることは確定なので、それが彼のどんな性質や思考、プレーに活きてくるのか自分も楽しみに描いていきたいところです。検索までしてくださりありがとうです。そうですね、今ってe-sports結構きてますよね。部活でもあるらしいですよー。なんか高校生大会とかもこの前テレビでやってましたし。レギュラー番組でも取り上げてるのありますよね。時代というか色々仕組みとか社会状況変わってますよね。お医者さんも手先の器用さであるとか、判断能力とかもだと思いますけど、ゲームが仕事上でも有効だと認められてるみたいな話聞いたことありますし。ゲームっていいですよね。自分も好きでよくやります。

[ 60 ] 舐めプは負けフラグや! <2020-11-30 03:19:43> GbxnoK4.S

コメントありがとうございます。舐めプですね。相手を舐めたプレーですよね。戦闘において非効率的なプレーをして、その効能としては相手の戦意を削ぐであるとか、意欲を奪う、または自分の強さを見せつけるというような…。彼の舐めプが今後の展開にどんな意味を持つのか。セオリーというか、王道の展開で言えば負け確定のいわゆるフラグですよね。これ、フラグやああああああ!(笑)。書いててちょっと自分でも笑いました。楽しい返信をさせてくれてありがとう。返信はみんな楽しいですけどね。なんか、フラグやあああとか言って自分で笑いましたから。冬なんで最近寒いですねー。

[ 59: アイソレーション ] キャラが本当カッコいいです。。 個人でもチームでも格が違いそう ゲーム脳が活かされるか <2020-11-30 00:20:56> DvYuZ.g.P

コメントありがとうございます。キャラ褒められると生き生きしますね。本当カッコイイとのことですごくモチベーションにもなります。いいものを描こうという気持ちの高まりを感じますし感謝です。椅子に座って描くんですけど今椅子ごと跳ねてますもん。天井に穴空いてしまうほど跳ねましたので雨漏り心配ですが。そうですね、個人でもチームでも格が違うという表現がクリーンヒットしてますね。確かにそうですね。日頃より尋常じゃないトレーニングを積んだ者達でも明確な差を感じるほどの相手、その差をどう埋め合わせるのか、自分も三人の活躍に期待しながら先を進めています。ゲーム脳、果たして活かされるか…。引き続き頑張ります。

[ 更新 ] 14話更新。月曜日だからジャンプの日だから謎の思い入れでここを意識してました。いつも色々とありがとうございます。寒さが増してるのでお身体にお気をつけください。 <2020-11-30 00:06:38>

[ 58: M家 vs バイキングス 試合開始 ] 先手は取ったが全然慌てている様子がない。逆に楽しんでさえいるような・・・ <2020-11-26 12:23:28> SG1Ruzd1P

コメントありがとうございます。何とか先手を取れましたね。壁を使ったプレーも色々ある中で、狙いを持って実行して、その狙い通りに事が運んだ場面でした。あの選手に関してはまだ謎も多く、おっしゃる通りで楽しんでいるような表情をされるので正直、自分、困ってます!(ええ…)どうしたらいいんでしょうか。月曜には間に合わせられるように頑張りたいと思います。

[ 57 ] アフロやべー奴だなターンオーバーの世界からやってきたのかな? <2020-11-24 20:40:19> JPgutVS.P

コメントありがとうございます。作品中、現在一番実力を求められる部に所属する選手として、まだ明らかになってることは少ないもののアフロはやべー奴ですね。ターンオーバーとは過去に自分が描いていた作品のタイトルとして受け取って良いのなら、とても懐かしく有難い言葉です。自分は元々、色々影響を受けやすいタイプで、何かあるとすぐにそれを表現しようとしてみたり、してきました。新しいものを描くときはだいたい何かしらの節目だったり、気分的に何か平坦な流れではなくてちょっときついことだったり理不尽を感じる時は強く心が震えて、それを外に出す作業としてだったり、それを利用して自分好みの何かに仕立てながら登場人物に強く感情移入してく形で先を描いてきた側面や時期もあります。もともと自分が大好きな物語を作ってみたい、常に先が気になるように描けたら自分が先を読みたくて描けるから楽しい、とかが根底にありますけど。基本的にもっとこうしたかったとか、後から見たら気に食わないことが多い時期もあって、その時は一気に描きなおしたのを更新したり、とにかく自分の納得に対して一番素直にやってきたような気がします。そういう人は基本的に人から見て関わりづらいですし、嫌な感じがします。あいつはなんか独りよがりで話を聞かないし素直じゃないから嫌いだと思われます。色々自分なりの考えあってのことだとしても、そういう人が自分なので、過去作品にも触れながらここにいてくれることが本当に有難く申し訳なくもあり、寒くなってきましたのでお気を付けくださいなわけです、ありがうございます。ターンオーバーって失敗のことを言います。バスケってボールを取られたり、パスをミスしたり、そういうの全部ターンオーバーって言います。だからそのタイトルが自分のバスケ作品を最初に描くにあたってつけたタイトルです。めちゃくちゃへこむんですよターンオーバーすると。チームに迷惑かけるし、シンプルに落ち込むし、みじめな気持ちになるし、その場ではどうにもならないし。自分なりにそういうめちゃくちゃ辛い気持ちに対しての答えもこの作品の中に注ぎながら、引き続き頑張っていきます。

[ 56 ] 次回死人が出そう <2020-11-24 05:31:25> d3bliby/P

コメントありがとうございます。次回死人が出る可能性が高く、自分としては先に進むことを拒んでいる状況でございます。ハッピーな話ではありませんからね。いつかは死んでしまうものですけど、いざ死ぬとか死なれるとかなると、その、いざって時の感情ってあるわけじゃないですか。端的に申してその人間のそれ以降が無くなるわけですから、現在登場しているどの人間が亡くなってしまうのでしょうか。死ぬってある意味、麻痺ですよね。きっと。死んだ時というのは、一時停止状態が時が流れてる中で起こるような。そんな効果を周囲に、そして本人自身にかける魔法のような側面が死にはあると思います。基本的に亡くなったら悲しいとかなぜそう思うように至るのか、麻痺してない時なら考えられますけど、漠然と悲しいことなのはあるとして、それ以降に何があるとか何があったはずなのに無くなるとか、そうやって想像していくことで膨らむ悲しみもあると思います。美味いもん食べさせたかったとか、一緒にもっと笑えたなとか。昔、暇を極め時に確か小学四年生くらいでしたかね、ありました、死にたいなと。暇だからって理由、すごく平和な時期でしたが、ふと思って、それと連動して当時知りたての織田信長に思いを巡らせまして。彼は死んでるけど今もなお知られている不思議な存在であり、こういう存在だと死んでも生きてるような継続性のある存在だなと。誰かの死の記録、死に至るまでの記録と物語も歴史にはありますよね。だからもし死んでしまった場合は背負うというか魂の中にその人間の居場所を用意するようなそんな気持ちで、忘れないってことも大切にしたいと個人的に思っています。死なれるとまあ困る人って周囲にいるじゃないですか。死なれたら困る、困るだけじゃないですけど困るは困るんですよね。現在登場してる人物誰に死なれても困るってのもありますけど、極力死なれないように筆を執りたいなと思っています。極力全力でその人間が死にたくないなら死にたくない気持ちがどう展開するかを考えていきたいです。鋭い次回予測ですね、そう言っていただけたので、これ出るぞ死人!ってことでとても良い重圧のかかる場面になりました。引き続き頑張ります。

[ 55 ] ゴルフパートまで先は長そう <2020-11-23 10:13:26> H5a//dK1P

コメントありがとうございます。第1283話に収録予定の諸見里家VS タイガーウッド一族をまさか存じ上げている?これは困り果てました。困り果て小次郎です完全に。そこまで予見されているとは本当に熱心に関わっていただけている、感動の大きな風が屋根を吹き飛ばし、凍え丸三太郎です。今更ではあるんですが、ゴルフパートってゴルフやる場面って意味でド正解されてますでしょうか心配9割で跳ねました。まだ先は長いと思われますね。それにしても御覧いただけましたか?今回更新分で、打った球が後ろに飛んで行って、とんでもなくファーーーって叫ぶところ、力入れたんですよね。大真面目に、大真面目に、一つ一つ重ねてホールインワンとまではいかないでしょうけれど、何か成せればいいなと思います。梨崩し三郎。た、ぶん、ゴルフやります。自分自身、朝早く起きるのと家を出るのが苦手なのでゴルフが見事に当てはまってるんですよね、あ、バスケもか。そのパートまでいけるように頑張ります。

[ 54: M家 vs バイキングス 試合開始 ] 面白いです そして絵が極まってきたなぁあああ。。。 カッコイイです。。 前話のタイトルアイキャッチのスタイルとか  ニューヨーカースタイルというか(スタイリッシュなモノを、とりあえずニューヨーカーと言っておけば間違いないスタイル) ポップでコアで ビービス&バットヘッドとか ジョン・レノンのロゴみたいな 洗練されてて本当に恰好良いです。。 <2020-11-23 08:22:26> /Zm31Zn.P

コメントありがとうございます。面白いと言っていただけた。とても嬉しいですね。おはようって何度言われても、まあ、その場で10回くらい連続で言われると、うってなりますけど、日をまたいで言われる分には何度聞いても嬉しいものでして、そういう感じでこうして面白いをいただけるのはとても嬉しいことです。自分自身、テーマにしている言葉でもありますので。嬉しいです。絵が極まってきてるんですね!?いやぁ、初耳学認定ですな。ありがたや。色々考えてみて試行錯誤してみて、見栄えを見て、バランスを見てってのはやってますけどこう、極まってきてるって聞くと、これは何か不思議な感覚になりますね。こう、やっててよかったなと思うことの一つと言いますか、感謝ですね。何か、いい、とか、おお、とか、いいね、とか、いいぞ、とかそういう感覚を持っていただけたら嬉しいですし、カッコイイという感想を持たれることも嬉しいです。そして、そこに気づかれましたか、参っちゃいましたねぇ、アイキャッチ…。めちゃくちゃ意識しましたもん(白目)。ニューヨーカースタイルって呟きながら描きましたもん(白日)。いやぁ、自分の知識幅って狭いので、お忙しいところグーグル教授呼んできて知恵を授かりましたね。ビービス&バットヘッド、ジョンレノンのロゴを引き合いに出していただいたり、ポップでコアという言葉恐れ多いですが受け取らせていただくほかありません。それらはある種極まったものとして、しかし自分については怠惰で手抜き、下手で悪魔、センスもなければゴミ、未完の大器、天才の始まり、と悪評もさることながら目立った粗もまだある状況ですので、自分なりの納得についてはその場で極力100に近く行い、先をまた0から進めていこうと思います。熱量を感じ、愉快な気持ちになりました。ありがとうどん、です。

[ 53 ] 3Dメガネをつけてるボーボボみたいなの出てきた! <2020-11-23 05:58:10> JugCa8P1P

コメントありがとうございます。3Dメガネをつけてるボーボボみたいのなんて本作品に出てきて…ん?あ、あああああ、いますね!!!、うわぁ、本当だぁ。あれは3Dメガネをつけてるボーボボみたいなのですわ。じゃあ、あの3Dメガネをつけてるボーボボみたいのの所属チームのチームメイトはドンパッチみたいので決定じゃないですか。困りました。困りましたよ。懐かしいギャグマンガ作品のタイトルを目にして、思わずボーボボ思い出しましたね。頭からオシリスの天空竜降臨させてる場面がフラッシュバックしました。バスケ用語に3アンドDって言葉あって、これ3ポイントシュート打ててディフェンスも上手い選手って意味ですね。3Dメガネって赤青のやつですよね。完全にあれ3D対応作品を見過ぎてレンズどっか行っちゃったんですかね。裸眼で3D見えるとこまで達していて、レンズ必要ないんですかね。3Dメガネを日常使いしてる人、いらっしゃったら申し訳ないですけど、そういう文化も人も知らないので、完全にあのボーボボみたいのは映画好きってことですよ。じゃなきゃ3Dメガネかけないですもん。映画好きなんかなぁ。

[ 更新 ] 13話更新。月曜日だから。 <2020-11-23 00:59:26>

[ 52: 領域と前髪 ] 試合に勝った相手だったが、練習では遅れを取っている。8得点の短時間勝負なら格上相手でも駆け引きや作戦で勝てたってことか <2020-11-21 16:03:01> YRfbNgy.P

コメントありがとうございます。公式初戦とはいえ積み重ねた練習量がどこまで他チームに匹敵するかが試される位置づけの試合でした。練習量はおそらく日の練習量はどうか分からないですが、積み重ねと経験は圧倒的に七連勝チームにある中での戦いでした。本来のバスケットに比べて短期勝負になることから、コメントでおっしゃられている通りで、駆け引きと作戦は大きいと自分も思います。今現在どのスポーツも繊細に作戦や駆け引きがあるものですが、それが際立つ形や、現実味も併せ持った形でこの作品の試合が描けたらと思っています。時々、先を進めるのに苦悩しかない時もありますし、スーッと描けたものでも引っ掛かりを感じて更新に至らない時もありますが、苦しみながら楽しむスタンスで先の展開につなげられるよう頑張ります。ありがとうございます。現在制作に苦悩している状況ですが、月曜には更新したいと思いつつ、描きためもしておきたいですね。頑張ります!

[ 51: 領域と前髪 ] 前の対戦相手と一緒に練習して、お互いを高め合うっていいな! <2020-11-18 01:09:11> YImlO7q0P

コメントありがとうございます。自分自身、スポーツの持つ爽やかさというかそういったところもスポーツを好きな要素の一つで。高校バスケットの世界とかだとよく練習試合をしている二校が公式戦で当たるとかあるんですよね。高校バスケに限った話じゃないと思いますけど、解説の人がたまにそんな話をするのをよく聞いていて。この二校はよく練習試合しますからねぇ、お互いに手の内を知り尽くした中での戦いなんですよねぇ、みたいな。こういうのいいなと思うんですよね。お互いに高め合いつつライバルとしての位置づけって、そういった知り尽くした同士の試合につながったり、何かいいなぁと思います。スラムダンクでも主人公の湘北高校に対して陵南高校が同じ神奈川県内にあって、練習試合もしますし、公式戦も当たりますし、なんか熱いんですよねそういうの。以前、自分が別作品で描いた場面に、試合に負けるけどそこを強いチームが見て、その負けたチームの良さを見出して言葉を言うって場面なんですけど、それ描いたときに大坂なおみ選手が見出された時のエピソードを交えながらしてくださったコメントをふと思い出します。スポーツ漫画としての特長、個性を持ち合わせながら何かいいものになるように頑張りたいなと思います。ありがとうございます。自分もこういう展開が好きで描けたことでいただいたコメントなので、すごく嬉しいです。

[ 50 ] 領域…なにか代償もあるのかな? <2020-11-17 06:16:22> 9gXhb2q1P

領域についてありがとうございます。今回の話でドキドキしながら持ち込んだものなのでコメントいただけるの嬉しいですね。もともと現実に存在するこの言葉自体が持つ意味合いとしては、どうやら人間の高い集中とそれに伴う様々な効能、心理学や精神的な概念として、主にアスリートの間で使われる概念のようですね。アドレナリンとの関係も感じる、いわゆる肉体的に活発な状態かつ精神的に極度の集中かつ矛盾してる程に冷静でいるような、そういった最大限にその人間が能力を発揮する状態。よく、周りの音が聞こえなくなって…とか、相手が遅く見えてみたいな、本人談や類似体験に頼らない限り、全員が体験してるとも言い難い、存在を容認しつつ実感に乏しいものというか。本作品でもそこをどう扱うかをテーマにしてこの設定を練りました。現在、判明しているのは極度の疲労を感じるものであるということ止まりではありますが、今後様々なキャラが登場する予定です。おそらく強力な領域であればあるほど相応に代償があるかと。強力故に発動が困難、や、代償で何かを失うという体感的に理に適う(これで、かなう、なんですね)ものになるかと思います。自分自身、こういうのわくわくするので、どんなキャラ来るん?って描く人ってより読む人になってること多いので、むしろそういうの作りたくて作るので、自分も正直それ気になってますね。今後そういったところもスポットを当てられるように頑張って描き進めたいと思います。ありがとんかつ、です。

[ 49: 領域と前髪 ] 良いですね キャラがいつもカッコイイ <2020-11-17 04:46:35> LkTdiGC0P

良いですねとのコメントありがとうございます。更新をする時に心は一度空っぽになります。人よりもとか一般的にとか、そういう感覚で良いものが出来てる感覚でやってることはないですけど、自分なりに更新する分には更新するだけの何かを持って更新するので、そこに良いって要素もあって自分なりの良さを持って打ち出すものかつ、その瞬間に自分を守るものがなくなって空っぽになるというか。そこに 良いですね といただけるのは全身に怪我を負った後に一瞬で完治するような喜びとありがたみがあります。そういう空っぽになることは折り込み済みでやってることですが、ありがたいことはどうしたってありがたいです。キャラがいつもカッコイイ、すごい嬉しいです。自分のキャラメイクの簡素なとこってあるんですけど、一人を生み出すのに時間をかけることが少なくて、力を入れようとすると逆に納得いく感じにならないことが多くて。そしたらそのキャラを描く度に思い入れを注ぐというか。そのキャラを生み出す簡素さに対して描く度に増す深みみたいのが個人的に感覚としてあるので、初登場時からそのキャラの魅力が増していければというか、そのキャラを色々魅力的に描き映せたらなと思ってキャラを描いてます。良いと思っていただける何かを今後の場面でも描けたら嬉しいですし、また頑張ります。

[ 48 ] ゾーン使い対策にタイムアウトは有効なのだろうか <2020-11-16 18:02:55> KslKtoV1S

コメントありがとうございます。これは予想になりますが、ゾーン状態を器用に扱える選手であれば自分でコントロール可能なんだろうと思います。その選手にとってはゾーンに入るだけの十分な条件がタイムアウトによって失われなければ有効度は低いですね。実際の試合でも流れが相手に行ってる場合と判断されたり、一部の選手がゾーン状態と見られる場合にタイムアウトを取ることがあります。本作品ではタイムアウトは一回につき二分を二回、この二回の使いどころも今後各チームの戦略が試されるところだと思います。これは自分も今後色々な選手やチームが出てくるバリエーションにもなるので楽しみつつ苦しみつつ進めていければと思っています。スポーツ漫画はスラムダンク、ハイキューなどのリアルの強い路線と、黒子のバスケやテニスの王子様、イナズマイレブンもそうですね、割とリアルに対して作品によって度合いは異なりますが超次元さを入れたものの大きく二つがあると考えています。この作品は当初はリアルのみを描こうと思いましたが、そもそも服装からして違いますし、色々それなりの理由と根拠も持って設定してますけど、上手く超次元さもミックスしていけたらと思います。このようにコメントいただいて、あ、タイムアウト有効かも!と思ったのが正直なところで有難い考える機会をいただいたような思いです。創作は自分の満足、自分の納得を大前提に進むものですけど、こうして共有度を高めながらやれることは自分が創作をする上でかけがえのないことです。ありがとうございます。引き続き頑張ろうと思います。

[ 更新 ] 12話更新。いつもありがとうございます。励みになります。頑張ります。 <2020-11-16 15:19:19>

[ 47 ] バスケって2点差以内だと土壇場で逆転ってたまにあるよね(「誠英 徳山商工 バスケ」で動画検索すると!) <2020-11-13 15:50:06> Mw8/DPY0P

まさに土壇場の逆転劇に相応しい場面ですね。逆転に次ぐ逆転シーン、熱いですよね。スラムダンクの作者さんですとかも、漫画内に多くの劇的な場面がある中で、実際の試合はもっと劇的だという内容のコメントを残していたと記憶していますが本当に土壇場の逆転ありますよね。35秒という時間の中で何点取れるかって考えてみた時に、自分達が攻めるのに使える秒数って24秒なんですよね、早めにシュートすれば時間は最小限で済みますけど、次は相手ボールです、そうするとだいたい多くて二回?って感じがします。相手からボール奪ったら何回いける?敵も本気ですよね、そう考えた時に35秒で逆転できる点差って何点ですかね。3ポイントを二回決めて6点、三回決めて9点、その間敵の攻撃は防ぐとかボールを奪うとか、まあ、そんな感じで考えた時にどう考えたって残り35秒でもし10点差あったら絶望なんですよね。ただ過去にその35秒で一人で13点取ったマグレディという男がいます。もちろん彼の残したその場面はNBAという世界最高峰のバスケットボールの舞台での、記憶する限り35秒における最多得点になります。自分はバスケという競技ってバレーや野球と比べて、最後の最後までっていう側面が少ないようにも感じていて、残り1分で50点差とかさすがに無理なんですね(物理的に)。だから本作ではバレーのセットカウントや野球の先攻後攻に平等制をもたせたような表裏の概念を導入したくてそんなルールになってます。バレーって最後まであるんですよねチャンス。野球も。もちろん時間がある中でやるバスケットをはじめとするスポーツ魅力的なんですけどね。最後の最後まで分からないを極限まで演出出来るように、諦めることがなければ食らいつけるかもしれないという可能性を残した形を実現したかったんです。スポーツってルール変わるんですよね。野球もバスケも変わっていきました。最近3×3はオリンピック競技にもなったですよね確か、そういった時代の流れを見ていても、自分なりの流れを作ってみたかった、バスケットという自分の大好きな競技で、そんな思いもあって描いています。コメント、ご紹介、ありがとうございました。

[ 46 ] バスケで人が死ぬんですか!? <2020-11-13 05:15:45> KObk8R2.P

コメントありがとうございます。にわかには信じがたい話ですが彼がそう発言をしたことに言葉通りの意味があるのか、含みがあるのか、その辺りはまだ不明なことがありますが、自分自身の経験から言うとバスケで人が死ぬことは考えづらいですし、バスケで人が死ぬ報道なんて聞いたことがないですよね。まさかバスケで人が死ぬなんて…。まさか…。そんなわけ…。

[ 45 ] 5話の冒頭に出ていた人か。初戦を勝利した後で上のカテゴリーの人が対戦相手とは大変だが頑張れ <2020-11-12 18:36:42> RyDYTDj.P

えっと、あ、出て、ま、したっけ…?え、あ、ほんとだ!!!!。いやぁ、たまげました。すいませんでした。そしてコメントありがとうございます。そうです、四話にも出てますね。そして五話冒頭のキャラが今回出てくるキャラと同一人物になります。自分が一番この作品に触れるもんだから、この先どうなるかなとかキャラに対して向き合う時間も長いわけで、記憶することも自然ですが、読者の方が細かく見てくださっていたり記憶してくださっていることは励みになります。そしてそれを伝えてくれてありがとうございます。わりと以前出したキャラを再度出せたりするのは自分でも嬉しくて。おお、出せたやんみたいな。一話の怪しげな警官とかもコメントいただいてるのもあって、自然な形で出したいですね。公式戦として初戦を終えた彼らに何が待ってるのか考えたら、あの勝ち方して相手がああいうチームなら同レベル帯じゃないだろうなと予感はしていましたが、まさかあいつが降りてくるとは。きっと上のカテゴリーなのでやばい相手なのだろうと思います。自分自身、先の展開の未知に挑む形で引き続き頑張ります!彼らにも伝えておきます。応援ありがとうです。

[ 44: バイキングス ] バスケに詳しいバスケ漫画だ <2020-11-12 16:40:14> 2kznS/b1P

ありがとうございます。バスケに詳しいと評していただけることは光栄なことです。物心ついた時からやっていてとは言えないですけれど、それこそスラムダンクという作品を知ったのはすでにバスケをやっている時でした。それでも上手いわけじゃないです。昔はバスケットボールの為だったら外出するような人間で、それ以外の外出を学校に通う以外で学生時代の時にした記憶はほとんどないです。記憶の問題もありますけれど。バスケが好きで、高校バスケ、NBA、最近は大学バスケも目を通します。もちろん力不足なんて常で、競技者として成功した記憶も経験も乏しすぎるほどです。センスのある人なんて言葉は好ましくないですけれど、物覚えが良いとか身体能力が高い人が一週間あれば余裕で自分のバスケ能力は超えられるものですし、漫画だってそうです。この場所も、この場所の外も、自分の能力というのは全て超えるのに苦労されるもんじゃない。常にアマチュアで素人でと思いながらも、好きなものをただ好きでいて、こうして漫画だってやめとけばいいのにって時だってある中で苦しみながらも楽しむことを常に意識して取り組んでいます。だからとてつもなく嬉しいですよ。このコメント見たらもっと詳しくなりたいなと思うんですから。怠け者が本性の自分です。とても勇気づけられるコメントです。皆さん一人一人、言葉一つ一つが自分にとって嬉しく、糧になる存在です。読みづらさや分かりづらさも抱える本作品、ジャンルも自分の好きを通す分、そしてこの作者なのでなかなか難しいもんですが、まずはここまでに感謝、この先はまた0からと思いつつ積み重ねていこうと思います。長々と失礼いたしました。

[ 43 ] 5部でこのイキリ、やべぇ世界だわ <2020-11-12 15:27:19> H1j.h0i/S

コメントありがとうございます。自分自身も五であのイキリなので、どういうことなんだろう、あのキャラがそういうキャラなんだとは思いますが、五であのイキリならその上どうなってんだ?てか、どんな感じなんだ上の奴らはと不思議に思います。だいたい描いた部分は数時間、または数日は寝かせてることもあり、更新までに何度も読み直して上げているので、何となく納得してあの展開が生まれてはいるんですが、やべぇ世界が待っているということで、自分自身もこれはやべぇ、諸見里家大丈夫なのかと思いつつです。彼らの日々の練習を信じつつ今後を描いていければと思っております。

[ 更新 ] 11話更新。一戦を終えた諸見里家の次なる敵は… <2020-11-12 13:10:09>

[ 42 ] 三太のヘッドギア、昔チャンバラみたいに棒でしばき合う番組を思い出した <2020-11-10 21:10:48> QQas58W0P

コメントありがとうございます。三太のヘッドギアに関するお問い合わせですが、本人に聞いてみたところその番組のそれだそうです。(チャンバラ しばき合う 番組 で検索してみましたが該当番組に行き着きませんで申し訳ないです)。遠い記憶にあるような無いような、オレンジのヘッドギアですよね。バラエティ番組っぽいですが何という番組だったのだろう。チャンバラ大将ぶったぎりとかですかね。

[ 41 ] バスケ三昧の生活すごい <2020-11-10 06:25:38> uz8G2tn0P

バスケ三昧の漢字の「昧」という字が最初見た時、味だと思ってしまったのはいい思い出でしょうか?。何かを突き詰めるのに時間を要することはきっと何事も同じだと思うのですが、とにかく向き合い続けることは大切なことかつ難しいことだと思います。作品に登場する人物達にもきっとただ過ごせたわけじゃない苦悩もあるのだと思っていて、その辺りも自分の目で頭で見えるものをその限り適度に表現出来ればと思っています。ただ羨ましくもあります、あれだけ外に出ないでバスケ出来る生活(笑)。コメントありがとうございます。

[ 40: 逆王手を懸けた一撃 ] しばらく見てない間にかなり進んでた。スリーポイントを狙ってマークを引き付けてから逆サイドに投げて、反対側から別の選手がスリーポイントを決めたのか。うまいな <2020-11-10 03:03:55> XZA2HPg/P

コメントありがとうございます。しばらく自分なりの歩みで進めておりました。あの場面は守備側のナイスプレーになるのですが、その後の動きとして攻撃側が逆サイドのスペースに動き、フリーになったところに、あの選手がナイスパスした場面ですね。出来るだけ狙いやプレーの意味合いを持たせて描けたらと思っているのでまだまだではありますが、そうコメントいただけると嬉しいです。また自分なりに進めていこうと思ってますので何かプラスに感じていただけるものが描けるように頑張ります。

[ 39: 決着!VS灰雷回 ] 即落ちワロタ <2020-11-09 17:11:05> YMQQxCi.P

すーぐ落ちていくんですから自分もあらあらあらと慌てふためきました。即落ちだけはやめてくださいと伝えているのですが、ああいう人ってお約束だろ?とか言って正しいことをしたように思ってるんですよきっと。即落ちワロタコメントありがとうございます!

[ 38: 決着!VS灰雷回 ] ははっ!バスケで無点試合とか! <2020-11-09 17:01:41> 0//Wf/z0P

ふぁーーーーー、バスケで無点試合なんてあるわけがねーですね。ほんまですやん。まさかです。バスケットボールってどんなに点差開いても12対156とか、絶対1点は入ってるもんですね。自分が見てきた試合結果から見ても、0は正直無くて、多分世の中にそう存在するものではないですよね。よほどやる気などの問題かフルコートプレスやられ続けた力の差が開きすぎじゃなければ。今回、出てきた男の発言はおかしな発言です。ルール上、2020年のバスケットボール競技においてよりは、本作中のルールであれば、厳密に無しとは言いづらいけど、ははっ!バスケで無点なんてですね。コメントありがとうございます。

[ 37: 決着!VS灰雷回 ] 面白いです 三王、何でバスケ界を騒がすんだろう <2020-11-09 14:40:41> TgZ0tuA/P

ありがとうございます。面白いと思ってもらえたらそれ以上のことはないし、面白いに到達するまで読んでもらったことも感謝ですし、自分の好きとか面白いの為に自分はものを描くけれど公表する必要って、それがどう見てもらえるとか、自分の好きと面白いはどうですか?って提案でもあるので、そこに対する反応として自分はとても嬉しく思います。今回登場した三王というチームについても今後自分でも面白がりながら色々展開させていけたらと思っています。引き続き無理のないよう、作品とお付き合いいただけたら幸いです。

[ 更新 ] 10話更新。いつも読んでくれて書いてくれてありがとう。助かっている。 <2020-11-09 13:43:34>

[ 36 ] 八点で勝負決まるなら、スタミナはあんまり必要ないね <2020-11-06 22:12:38> MlxHPIM0S

そうですね。実際の試合だと5対5なら計40分フルコートを走ることになりますし、3×3も取るべき得点数がルールにもよりますが高くなりますもんね。作品内のルールだと試合時間の規定がないので、入らない展開続くと長引いてスタミナ削られますけど、そこまで必要ないですね。反則の規定などもいじったので、個人ファール3で退場というのとチームファール5で敗北という。そこはこの場になりますが、バスケットボールという競技を初めて知る方には、現実とずれがございますので申し訳ないです。この作品をつくるにあたって、ルールを最適化したいと思い、バレーのように決着を試合時間に関係のない得点到達で終えつつ、野球のように裏にも追いつき追い越す可能性を残しました。競技自体、やや長引くように設定変更した分、獲得点数は少なくしました。この競技はワンプレーに重点がより置かれると思いますし、私も戦術を勉強しながらやらないといけないなと思っています。ルールの細かい変更は特に野球で試合時間短縮を目的に行われてる印象で、そういうのを目にする中で考えてみました。今後、大会等の仕様によっては八得点ワンセットで、三セット先取などのスタミナ必要展開もあるかも分からないですけど、自分の技量でやるには今も上手くやれてるか疑問なところもまだあるので、常に最善を心がけつつやってみます。長々とすいません。コメントありがとうございます。

[ 35 ] 捲り合いだ! <2020-11-06 18:36:59> 4tQ8MHY.P

終盤まで分からないですね。いやぁ、捲り合いになるなんて驚きです!(すっとぼけ)。決着は近いですね。コメントありがとうございます!励みになります。

[ 更新 ] 9話更新。 <2020-11-06 01:24:18>

[ 34: 一点 ] がんばってる <2020-11-04 15:55:40> .GDPO54.P

ありがったい。この先も頑張ります!ありがとうございます。

[ 33: 一点 ] よし、勝ったな <2020-11-04 15:27:54> JvC/bxR/P

試合も終盤です。まずは一つの試合を終着点までと思い、頑張ります!ありがとうございます。

[ 更新 ] 8話更新。いつもありがとう!優しさも厳しさも応援も全て力にして前に進む。 <2020-11-04 15:06:24>

[ 32: 作戦時間 ] 作戦タイムも緊張感があって面白い <2020-11-03 23:35:08> vbbrEXM1P

コメントありがとう。そのチームが何をどう考えて戦うのか、これは自分がこの作品でこだわりたかった部分なので、そのような感想をいただけるととても嬉しいです。各回、自分なりに考えて描いてはいますが、模索しながら進行してる部分もありますので、とても自信になるコメントでした。ありがとうございます!

[ 31 ] 兄者に期待していいのか? <2020-11-02 12:00:57> k.xyjvb0P

普段から絶え間なくバスケットと向き合ってきた男、きっと期待をしてよ、い、か、と。コメントありがとう。多分、兄者なんか頑張ります。

[ 30: 作戦時間 ] ちーん <2020-11-02 05:54:33> Akr.yTZ0P

ちーんありがとう。ないすちーん!。ないすちーーーん!コメントありがとちーん。

[ 更新 ] 7話更新。月曜だから。 <2020-11-02 04:07:21>

[ 29 ] 実戦を通して成長していく過程がいいね! <2020-11-01 22:33:24> swlpyVv/P

いいね!をありがとう。長い時間、練習を重ねた彼らの初の公式実戦、自分もこの選手達は何をどれだけどうやって練習してきたのか考えながら描き進めています。彼らの過程が続くように頑張ります!いいねをありがとう。

[ 28 ] 最近の先生の描く女の子キャラがみんな魅力的で好きです <2020-11-01 20:04:51> LkSvoRI1P

見るものが魅力を引き出す側面はバスケのプロ、NBAの選手達の生い立ちにも数えきれないほどあるんです。みんながあいつは大したことない、とか魅力的でないと評価しても一人のスカウトがその人間を高く評価したことで陽の目を見る選手もいる。人を見る目はみんな違うから、そういう意味でも魅力的だという評価は自分が作品を通して描いた女性にとって光栄なことです。ありがとうございます。今後もキャラのこと向き合う時間大切にして先を描きます。

[ 27 ] やはりオカマが必要か <2020-10-31 09:01:57> GrdCpay.P

うむ。我々もついにオカマさんの導入を検討する時期に来たということだな。彼らは個を極めることにおいてリードを感じさせてくれる方々だと個人的に思いますね。まずはオカマ枠志願者を募り、慎重に選考を重ねてご出演願いたいところ。ありがとう、過去のことを良い形で思い返させていただける嬉しい言葉ね。あたしも頑張るしかないわね。

[ 26 ] コメよりコメ返が多くてビックリ <2020-10-31 08:54:03> ky54BPG1P

コメントありがとう。読んでくれたらまず嬉しいですし、書いてくれることも嬉しい。嬉しいのダブチ、ダブルチーズバーガーです。ダブチ。

[ 25 ] 才能ねーよこいつ <2020-10-30 19:57:43> 4RwchoN0P

コメントありがとう。才能というものがちゃんとは分からないこと前提に、自分に必要なものが一般に言われるような才能だと考えることは今の自分にはないので、無いと言われることについては特別何かを思うことはないけれど、反応に感謝しつつ、いつか貴方にとっての才能というものに少しでも近づけたら幸いに思います。出来ることをやってみます。

読者感想   66 件中 1 - 50 件 [ 50件 | 1000件 ]

1 2 >>

コメントに返信する(作者用)

お絵かき掲示板で、この作品のファンアートを描きませんか?

FA許可設定:一般FA歓迎

Neetsha