Neetel Inside 文芸新都
表紙

ソロMMOンのガキ
泥沼への入り口

今から大体3年ほど前、中学1年生だった頃に僕は初体験をした。

と言っても性的な意味でではない。初めて僕はオンラインゲームに手を出した。

そしてそのことが後の3年間を変えることになるとは思いもよらなかった・・・





2004年、1月。中学1年の僕は物理部に入っていた。物理部というのは物理科学を解明し、

それらを応用してなんたらかんたら・・・なんていう部活ではなく、はやい話が

工作部みたいなもので文化祭の時には木材を切ってUFOキャッチャーを作ったり、

嘘発見器を作ったり、部室に置いてあるパソコンで組んだプログラムを公開する。

そんな部活で僕は生まれて初めてハブられた。

きっかけは僕の取った行動だった。同学年の友人2名が文化祭に出展した先輩の作品を

破壊し始めたのだ。

僕は「これはいかんよやめとけ」と忠告したのだが聞かず、彼らは「ストレス解消」等と

小学生じみた意見を言い、結果的に彼らが中1部員ほぼ全員、と言っても6人を煽動し

僕を孤立させた。孤立した僕に対する扱いは、もはやアメリカに旅行で来た日本人のようで、
例えば僕が持っていた

単三電池8本を盗んだり、僕の工具箱を破壊したりと器物損壊罪や窃盗罪で

訴えれそうなものなのだけれども如何せん証拠がない、むしろ部員ほぼ全員が

敵のようであった。

そして僕は次第に部活に行かず、家に帰っては

パソコンでインターネットをするようになった。




僕のゲーム暦と言うのは長い。幼稚園に入る前はファミコンをプレイしていた母親のテトリス
父親の信長の野望を横で見ており、幼稚園の頃からマリオブラザーズを始め

小学生になると丁度ブームのポケモンをプレイ、朝7時に起きてゲームをし、8時に

学校へ行くといった、ある種ゲーム漬けの子供時代だった。

にもかかわらず僕のゲームの腕というのは壊滅的なものでストⅡの波動拳は出せない、

時のオカリナを積むといったいわゆる「ゆとり世代」を顕著に反映したものであった。

ゲームが好きなのには変わりがなかったが。

そんな訳で僕がオンラインゲームを初めて知ったのは小6の頃、ネットの回線会社と

契約したときについて来たCD-ROMに入っていたオンラインゲーム「ルネージュ」が

きっかけだった。そしていつかは僕もオンラインゲームをやってみたいものだ

と思い続けていた。


そしてその望みを実現する運命の日、忘れもしない2月16日。

部活にも行なくなってからは毎日インターネットでフラッシュを見たり、動画を見ていた。

2月16日も同じようにフラッシュを見ていた。

僕はサイトの上部に僕の運命を

変えたといってもいいオンラインゲームの広告を見つける。

そのオンラインゲームは「ブルームーン」

僕はブルームーンへ、ネットゲームと言う深淵の泥沼へ引きずり込まれていく
表紙

Dusk 先生に励ましのお便りを送ろう!!

〒みんなの感想を読む

Tweet

Neetsha