MENU

&LOID(途中)


 ―――――たとえば。

 人気のある曲の歌詞《フレーズ》には「一歩でも遠くにいきたい」「この町をでていきたい」なんてフレーズが頻出する。

 時代や、国が変わっても、だいたいみんな一緒。同じだ。まるで『ニンゲンの若者』のDNAに【それが正解です】と刻まれてるみたいに、そんな言葉が踊りでる。

 俺たちは、生まれた時から、集合的無意識に支配されている。「いいね!」と思う流行の血管には、すでに個人の意識は介入されてない。そんな気がしてならないんだ。


 ―――――たとえば。

 髪の毛はキミの一部だと思いますか、と聞いてみた。

 おそらく大勢の人が、ちょっと考えたあとで、どちらかと言えば「はい」と答えるだろう。

 すると髪の毛は、確かに自分の一部にかわる。疑いようのない事実として確定するのだけど、切り離してしまったそれを、いまだ自分の一部だと思う人は少数だろう。


 ―――――たとえば。

 鏡を見つめると、自分の顔が映る。髪は、どちらかといえば全体を構成する一角に過ぎず、独立したなにかであると、そんな風に考える人も少数だろう。じゃあ『自分』とは、一体なんなのか。

 どこまでの欠片《パーツ》が合わせ固まり、構成されていれば、それは【俺】だと言えるのだろうか。



 ――――――たとえば。

 叫んでいた。今この時は、一歩でも遠くへいきたい。見知らぬ大都会に辿り着きたいと思っている。普通の若者であれば、きっとそう願うものだろうと分析したからだ。だけど同時に知っていた。

 それは単なる幻想だ。近所のじいちゃん達の言う通り、大人になれば、先鋭化した価値観や欲求は、いずれ削れて丸くなる。するとたくさんのことが、妥協できるように成長する。

 折り合いをつけるのも、悪くはないと思える人生がやってくる。今度は生まれ故郷が恋しくなる。俺たちの遺伝子コードには、そういった事が、最初から刻みこまれてる。

 それでも誰かに認められたい欲求があるならば。アプリゲームのガチャに『100万円』でも『1000万円』でも課金して、時間を費やし、世界で一番になればいい。

 大都会のど真ん中で、息苦しくも、栄誉に満ちた人生を送るのと、田舎の片隅で、ありふれた仕事に就き、空いた時間でゲーム世界の頂点に立つことは、実はそんなに代わりはないんじゃないか。

 後者の存在を「さびしい」と言って、笑う人はいるかもしれないが、当人のSNSでは、同じ趣味や理解者が集まるだろう。オフ会と称して、昔話に花を咲かせることもできるはずだ。

 悪しざまに笑う世間の声さえ遠ざければ、自分たちにとっては、子供時代のように、親しい友人や仲間を得られるだろう。居心地のいい環境を築きあげ、楽しい人生を送ることも可能だろう。


 ―――――たとえば

 【糸】が見えた。あるいは【意図】の匂いを感じた。

 もちろん、事実として、そんなものが肉眼に映るはずはない。少年マンガの特殊能力のように、イメージや気配といったものが、間接的に浮かぶわけでもない。

 ただ、漠然と『そういったもの』を感じ続けてた。

 ヒトカラの個室は、ただゲームがちょっと上手い『中学生の俺』が、現時点で辿り着ける、最高地点で、もっとも遠い場所だった。

 いつか、それよりも遠くへいけるようになるかもしれない。だけど、いつかは、この場所へ帰ってくる。俺のDNAには、そういうふうに刻み込まれている。そんな、強い確信があった。

 べつだん、その事に不満はない。不安もない。俺が大人になる頃には、ネットの世界はさらに一歩前進しているだろう。自宅にいながら、遠い世界をより身近なものに感じられるはずだ。

 10年後には、大都会にあこがれる、人間の総数もずいぶん減っているかもしれないと思った。『都落ち』なんて言葉も、いずれは無くなるかもしれない。


 ―――――たとえば、そういうものが。


 一人でいると、じっと物思いにふけっていると、だんだんと、見えてきてしまうんだ。

 たくさんの【糸】が集まってくる。一見して複雑で、幾何学的に絡み合ったそれらに向かい、頭の中のハサミをそっと差し込んだ。
 
 シャキン、シャキン、と断ち切れば、すぐに【正解】が現れた。


 最初は、夢中になった。
 答えが見つかるのが、楽しかった。

 もちろん、単なる俺の独りよがりかもしれない。直感というものに過ぎないのかもしれない。今すぐに答え合わせもできないから、痛い子供の独り言として処理される程度のものだろう。

 ただ【対戦ゲームに勝利する最適解】という意味では、証明が可能だった。対戦相手の思考、行動という結果に結びついたプロセスを対戦中に一早く見抜き、対処に移る。そうすることで勝利に結びつくことができた。

 プロも入り混じる、アクティブプレイヤーが100万人を超える対戦ゲームで、単独での順位がトップになったこともある。

 ゲームに勝利することで、俺は自分の能力に、ある程度の自信を持つことができた。

 それはある意味、謎解きの答えを見つけられた楽しさにも通じている。毎日、ハサミを持って、シャキン、シャキン。たくさんの【正解】を考えるのが、だんだんと癖になっていった。

 そうして俺は、ふと、次の疑問を持ってしまったんだ。


 【俺って、なんだ?】

 【俺は、どこにいるんだ?】

 【どこまで揃えば、それが俺だって言えるんだ?】


 初めて、怖くなった。
 シャキン、シャキン、シャキン、シャキン、シャキン。

 俺は頭の中で、ハサミを振り回した。
 無数の【糸】を切り刻んでいった。

 わからなかった。どこにも【俺】がいなかった。

 切って、切って、切りまくり。

 無残な残骸が床に散らばった時に、一瞬、自暴自棄な考えがおとずれた。実際のハサミを手に取って、自分の喉元を切り裂いて、その色を確かめてやろうと思ったのだ。

 だけどその直前に、液晶モニターの向こう側から、
 

「その痛みが。辛さが。苦しみが。愚かさが。痛々しさが。なによりの、キミの証であろう。少年」


 そいつが、現れた。


「キミは面白いな」


 不敵に口元をつりあげ「フッ」と笑った。


「気に入った。オレが、キミの標となろう」


 力強く宣言した。


「なにも迷うことはない。膨大なる思考の闇を存分に解き放て。物的な筋肉を振るわせ叫ぶんだ。幾憶もの夜が、どれだけ圧縮して押し寄せようとも、オレ自身がその境となり、キミを護ろう」

 そいつは、ハサミの刃を持ち、握り手の部分を渡してきた。


「キミの、たいせつな一部だ。道具は、ただしく使いたまえよ」


 受け取る。たくさんのあたたかいものが、冷たい金属から流れてきた。


「さぁ、もっと【どうでもいい、つまらない事で悩みたまえ。叫び続けたまえ。その先にキミが求めるものがあるだろう】」


 現れたオレは、俺を、全肯定した。


「キミの旅路は、まだ始まったばかりだ。いつの日も、どんな時も、生ある限り、続いていくんだ。さぁ、立ちあがれ。キミがこの先も苦しみ、悲しみ、嘆き、いっそ死んでしまった方がマシだと叫ぶ、どうしようもないその痛みを、オレもまた共有しよう。故に」


 もう一人のオレが口にする。


「そろそろ、目を醒ました方がいい。呼ばれているぞ」


 光が見える。


「今日はきっと、良き日になる。また後で会おう」


 世界が変わる。
 ぐるぐると、イメージが一転する。

 これは夢だ。

 誰かの理想。集合的無意識。

 長い時間をかけて根付き、花開いた、その一端。

* * *

「――――くん、前川くんっ、飛行機着いたよ! 起きてー」
「え………………?」
「あはは。どうしたの、寝ぼけてる?」
「あ、ごめん。うん、起きた起きた――うわっち!?」

 身体を起こそうとしたら、腹のところでなにかが引っかかった。

「あ、シートベルト…」
「祐一はバカ?」
「あーちゃん、そーいうこと言わないの。でもでも、逆にすごいよねー。到着のアナウンスとか、着陸時の揺れとかもあったのに、前川くん平然と寝てるんだもん」
「いや…飛行機乗ったの初めてで緊張してさー…ってか、そう思うなら起こしてくれてもいいよね?」
「どこで目を醒ますか、そらと二人で賭けてた。提案はそら」
「あっ、あーちゃんっ! それ内緒って言ったじゃん!」
「うん。西木野さんもナチュラルにひどいよな。竜崎さん、俺の顔に落書きとかしてない?」
「額に『女湯』って書いてる。そらが提案して実行した」
「ま、マジかよ!! 西木野さんアンタなんてことを!!」
「してないよ! 書いてないよ! あーちゃん、平然とウソつかないでよ~!」

 そんなこんなで、3人でぎゃあぎゃあ叫んでいると、

「――お客様、どうかなされましたか?」

 綺麗なCAの女性が、ニコニコしながら、俺たちの前に現れる。すでに周りは空席になっていて、俺たち3人は同時に意味を悟る。

「す、すみませんっ、すぐに降りますっ!!」
「はわわ。ごめんなさいっ!!」
「みんな、荷物ちゃんと持った?」
「オッケ!」

 一応、席の周りを確かめてから、小走りで搭乗口に向かった。

 はじめて降り立つ都会の空港。ごった返す人の波。無数の案内標識。俺は今日、まったく知らない場所にやってきていた。

(……たった一週間で、なんかいきなり、飛んだなぁ)

 日本の首都。東京。羽田空港。飛行機でたったの1時間。
 大人がいなくても搭乗は可能で、パスポートなんて物も不要。

 中学生3人の男女はちょっとは目立つだろうけど、重なった週末の3連休、その日曜日にチケットを予約して乗り込むなんてのは、現実的に言えばぜんぜん可能で、普通にありえることだった。

 そう。理屈としては、ありえること。

 だけど自分がそんなことをするなんて、クローゼットの向こう側に異世界が広がっていて、その先で生死をかけたり、世界の存亡をかけた大冒険をするぐらい、ありえないことだと信じてた。

 スマホで時間を確かめると、まだ昼にも遠かった。

(……すげーな。本当なら今頃、家でじいちゃん達の頭洗ったり、ヒゲ剃ったりしてんだもんな)

 一歩、立ち止まって、ぼんやり空中を見上げてしまう。そんな俺とは裏腹に、二人の女子は手慣れた感じで空港の道を歩いていく。

「車、いつもの場所で待ってるって。祐一、迷子にならないでよ」
「わ、わかってるよ」
「ふふふー。前川くんの反応が初々しくていいですなぁ」
「そら、先輩づらしないで。あたしが言いたいのは、迷子の相手をするのは、二度とごめんってことだけ」
「もー! なんでバラすの~!」
「そらは犬。興味がそれると、すぐ走ってく。可愛い」
「わたし人間だよー! 人間的に褒めてよ~!」
「人間は迷子にならない」

 竜崎さんが言いきった。すねた西木野さんが言い返す。

「あーちゃんは、スマホなかったら、生活できないでしょー」
「むしろそれ以外、必要なものがあるの?」

 竜崎さんの表情は変わらない。冗談でなく、割と本気で言ってるらしかった。

 それから俺もまた、自分の一歩を確かめる。俺は今日、ちょっとだけ、遠いところに踏みだしていた。住み慣れた町をでて、ちっぽけな世界を、ほんの少し、広げた。
〒コメント一覧

sage |