第六話:変化と戸惑い、逃亡。

「風の様に現れ、人質の少女を救出したヒーロー……か。いやー、やるねー」
 住江図書館の受付のお姉さんは新聞を広げながら言った。
「そんなの読んでる暇があったら自分で本の整理してくださいよっ!!」
 英正は両手に大量の本を抱えながら彼女を睨みつけた。
「あー? お前そんなんじゃ駄目だぜ? このヒーローみたいにもっとボランティア精神で挑まなきゃ!」
 自分のことを褒められて、一方で貶されているこの状況はなんとも不思議な感覚だった。ただ、単純な英正はその褒め言葉ににやけつつ「しょ、しょうが無いっすね。やりますよ!」と自ら本の整理を始めた。それを見てお姉さんは少し不思議がったが、やらせておこうと直ぐに新聞に目を戻した。


 あの日以来、変わったことは特には無かった。無理やり挙げるとしたら、先刻みたいな新聞とかに自分のこと(と言ってもヒーローのことだが)が載るようになったことだ。銀行強盗なんてインパクトのある事件は起きたことのないこの街で、さらにそれをヒーローが解決したということは町民達にとってかなり印象深い出来事だったようだ。
 自分でその新聞を見たりすると、自然と頬が緩んだ。ただそういう時にはすかさず寄生虫(?)のチュウ太が『俺の、俺のおかげー!♪』と口を挟むので萎えてしまう。少しは悦に浸らせてほしい。
 

 おっと、手が止まってた。さあ、早くこの仕事を終わらせてしまおう。そう思い立って英正は手を動かし始めた。

「ん、これ……」

 また手が止まる。偶然、自分の借りた本が返された本の山に混じっていた。『名前のない声』という題名の本。チュウ太の手がかりになればと思い読んだのだが、内容はSF物だし、見えない声というのも主人公が創りだした二つ目の人格という設定あり大して参考にはならなかった。
 ただ、あとがきに書かれた言葉、それが妙に心に残っている。


「この本をただ一人、彼が誰なのかはもう忘れてしまったが、一番大切であった彼に捧げる」


 意味深長なその言葉をチュウ太は寂しそうに知らないといった。こいつは嘘が下手だた思った。でも、それ以上聞くのはよした。


 少しため息をつき、この本を棚に戻そうとした。その時だった。


「アレ……? 日向野君?」
 妙に聞き覚えのある声が英正を呼んだ。女性の声。自分で言うのも悲しいが、超が付く程ボッチの俺に話しかけてくる女子なんて家族とこの図書館のお姉さん以外いない。なら一体誰が? 疑心暗鬼になりつつも、声がした方へ体を向ける。
「あ、やっぱり日向野君だあー!!」
 そこには何やら図鑑のような大きな本を抱えながら、金髪ショートカットの少女が立っていた。
「あ……え……?」
 声がどもる。お、落ち着け。落ち着け。悟られるな、この動揺を……。
「あっ、名前、私のわかる?」
「か、金上さん……前の席の」
「そーそー! 覚えててくれたんだねー!」

 忘れるものか。あの事件の人質であり、俺が助けた少女。金上 香(かながみ かおる)。

『俺のおかげだってば』
(うっさい、黙れ)
『あ、そんなこと言っちゃうんだ。じゃあもうお前の事助けてやんないし! アドバイスもやらんしぃ!』
(メンドクセえ野郎だなあ……)
『あれあれ? そんな態度でいいですか? 僕、本気でお助けしませんよ?』
(ぐぬぅ……)

「どうした……の?」
 不安そうに金上が英正の顔を見る。どうやら声を出さずに表情だけ変える英正を不審に思ったようだ。
「はっ!? いや、その……」
 パニック状態の英正に取り繕えるはずもなく、しばらく気不味い沈黙が続いた。
「あ、えっと……。な、なんで図書館に?」
 英正は適当な質問をしてこの空気を何とかやり過ごそうとした。
「あ、ああうん。あのね、生物の課題で来たの。選択教科で取ってるからねぇ」
 なる程、だから大きな図鑑を抱えているのか。ちなみに英正は文系なので理系分野の選択教科は取っていない。
「へえ。え、偉いね」
「普通だよ~。それより図書館のお手伝いしてる日向野君のが偉いよ!」
「……っ!?」


 この時、英正の思考は高速で働いていた。
 手伝いがバレた。ということはこの図書館に入り浸っていることもバレた筈。そして金上は学校でこう話す。
「日向野って図書館で手伝いしてるんだよ。友達いないから図書館入り浸ってるんだよきっと。マジ哀れ!」
 そして英正のボッチ率が上がり、段階変化、虐めへと発展。悲惨な学校生活を送り人生終了。フライアウェイ。
 駄目だ……それだけは……っ。絶対に、阻止……っ! それが現時点での、最優先事項……っ!
「いいいいい、いや違うだよ! これは本をくぇ、返しに来ただけでっ!」
『どもり、裏返り、大声、咬み咬み。テンプレートな対応だな。ある意味百点だよ』
(終わった……)


 だが、彼女の反応は予想とは全然違うものだった。


「あ、その持ってる本、『名前のない声』だね! 私読んだことあるよ!!」
「え!? あっと……これ?」
 手に握っていたその本をチラつかせる。だが手汗で紙の部分がふやけていたのですぐに引っ込めた。
「うんうん! 日向野君も読むのー?」
「ま、まあ一応読んだけど……」
「その本はねぇ、自費出版だから殆ど手に入らなんだよー。しかも、この街を題材にしてるから、ご当地ネタを知ってるとおもしろいんだよねぇ」
 ずいぶん詳しい。
「ほ、本とかよく読むの?」
「うーん、家にあるのしか読まないかなあ。偶然あったんだよ、それ」
「へえ……。金上さんが本読むなんて、なんか以外だ」
「なんでよー! 私だって本くらい読むんだからぁ!!」


 辿たどしくも、会話が続いていた。しかも女子と。それは苦痛ではあったが、とても新鮮で嬉しくもあった。早くどっか行けと思っていたが、もうちょっと話していたいとも思っていた。彼女が、そろそろ行くねと言った時、ほっとしたが、少し寂しかった。また話したいとも微かに思っていた。
『なんだ、やれば出来るじゃないか』
 チュウ太は笑いながら言う。少し照れくさかった。こんな気持になったのは初めてだ。

 今日は、あの日以来、一番楽しい日だった。




 
「うわっ、もう八時か。結構長くやらせちまったな。ご苦労様」
 英正もその言葉に合わせて時計を見る。確かに八時。しかし自分の感覚ではそれ程時間が経っているとは思わなかった。集中してたのか、はたまた先程のことがあったからか……。
「おい、高校生。こっちこ~い」
「はい」
「ほれ、今日は悪かったな」
 図書館のお姉さんはそう言ってにそっと三千円を渡した。
「え?」
「バイト代だよ。今日は私の仕事の半分はやってもらったからな」
 は、半分て……。確かになんでこんなに返却の本があるんだと思ったが。しかも途中から入荷したばかりの様な本もあったし……。

 まあでも三千円だ。これはほぼ無趣味の高校生、英正にとっては相当な金額。昼飯代が一週間以上は保つ。だから素直に喜んでおいた。



 外はもう真っ暗だった。でも空気は澄んでいて、気持ちいいくらい晴れていた。時折吹く弱い風が肌に当たるのが妙に心地良い夜だ。

 この瞬間だけを切り取って見れば、ここ数日間の出来事が夢幻に思えてくる。

 でも……

 両足に力を込め、走り出す。五十三歩目で地面を蹴り上げる。体は宙に浮く。今度は一軒家の屋根を蹴る。更に加速し、まるで砲弾の様に商店街上空を飛ぶ。そして、一番高いビルの上に着地した。

 この力だ。これが英正を現実へと引き戻す。でも――

 ビルから街を眺める。街の光が綺麗なコントラストを作っている。英正はカバンからお面を取り出すと、それを着けた。少しボヤけた視界から見た街は、さらに光が萌えてとても美しかった。

 ――英正はこの街を、力を使って守った。悪い気はしない。それに、自分の足りないところを埋めてくれているような、そんな感情もあった。

『ヒーロー、やってみるか?』
「……考えとく」

 それは今までで一番前向きな解答であり、しかもその後もそれが面倒だなんては思わなかった。



 いや、思っている暇がなかったと言うべきか。



「やっと見つけたぞ!! 仮面の英雄……!!!」


 英正は、驚き振り返った。



 立っていたのは、男。それも筋骨隆々。服装は、何と言えば良いか、アメコミのヒーローが着るような全身タイツとはまた違うやつ。そして右手には日本刀。それもかなり長めだ。太刀、といったらいいのだろうか。


「俺は帰ってきたぞ。仮面の英雄……っ!」


 両手で日本刀をゆっくりと引き抜き、鞘を投げ捨て、構える。その姿は素人にも理解できるほど殺意に満ちていた。いつかの『包帯男』に襲われた時の恐怖が克明に思い出される

「黙りか。俺達の間に言葉は要らない……。そうだな。ならば存分にコレで語り合おうぞ」

 恐怖心から言葉が出ない英正をよそに、男は一人盛り上がる。まるで昔年の好敵手にあったかのような振る舞いだ。人間違いも大概にして欲しい。英正は男の顔はおろか、声すら聞いたこともない。しかし向こうは英正を知っていると言い、更には殺意までも向けてきている。

 なんという不条理。

「行くぞっ!」

 男がそう叫ぶ。刹那、男の姿がまるで闇に溶けたように消える。

『避けろっ!』

 チュウ太の声に英正は無理やり動かされる。目の前に一瞬風が吹く。と同時に日本刀を横一閃し終わった男の姿が現れる。

『まだだっ!』

「破亜っ!」

 男はさらに剣を振り切った体勢から体当たりをかます。反応が遅れた英正はそれをモロに受けてしまった。吹き飛ぶ体を捻り、何とか体勢を立て直し着地する。
「ごはっ……」
 体が軋む。チュウ太が一瞬力を発動してくれたらしく大事には至らなかったが、この衝撃は人間の域を超えている。
 何なんだこいつは!?

『まだ来るぞ! 上だっ!』

 その場から体全体をバネの様に使い後ろに飛ぶ。すると英正が居た場所に剣を振り下ろした男が現れた。
「どうした! 避けるばかりでキレがないぞ!! 一度手合わせしたからと舐めているのか……っ!?」

 男のボルテージはどんどん上がっていく。

 しかし、チュウ太は何故男の行動が読めたのだろうか。そして男が英正と誰かを間違えていると考えるともしや……。
(おい、チュウ太。お前あいつと会ったことあるのか?)
『……ああ。朋也と一度戦った。だが話は後だ』
 やはりか。あの男は前にオメンダー、つまり朋也と戦った。そして朋也が死んだ今、代わりにそのお面を着けた英正を朋也と勘違いしているというわけだ。
 ならば、正体を明かせば奴は助けて……。いや、そんな甘い考えは捨てよう。あの男がそんな思考を働かせるはずがない。問答無用で斬り殺される。

「興冷めだ。お前のような腑抜けは死んでしまえ……っ!」

 今は全力で、この場を切り抜けることを考えるべきだ。むしろ、これ以上思考を他に割いていては確実に殺られる。今も紙一重で一閃を避けるのが精一杯だ。

「ぬんっ!!!!」
『右だっ!』
「ッ~!?」

 右腕から血が流れる。少し掠ったらしい。あの男、大きめの日本刀を振り回しているのに、そのスピードは段々速くなってきている。

「捉えた……。次は外さん」

 滴る血を、剣を振り、払う。そしてまた構える。

「貴様に同情の余地はない。あの、精気滾るお前のまま、逝け」



 刹那、英正の目の前に人影が現れる。一瞬遅れ反応し、後ろに飛び退く。



 もうダメだ。斬られる。死を覚悟した。





「誰だ貴様は!?」

 男の怒号が響き渡る。

「……」

 腰には日本刀。マフィアを思わせる風貌。そして見る誰もを惹きつけるであろう、顔全体に巻かれた包帯。

「ほ……包帯、男……」

 何故、何故このタイミングでこいつが!? 

 戸惑う英正をよそに考える暇も与えず、包帯男は剣を抜く。


 一瞬、包帯男の姿が消える。いや、左に高速移動した? と、同時に太刀を横一線した男が包帯男の元いた場所に現れる。


「獲物を横取りするな……っ!」
「……」

 こいつら……化物か!? 
 聞こえるのは剣を交える音、風をきる音、地面を擦る音。そして、時々二人の姿が現れ、また消える。英正は怯えることしか出来無かった。

 絶対に死ぬ。ヒーローなんて、やっぱり出来無かった。確信した。やっぱり自分は、ただのヘタレだ。

『今のうちに逃げるぞ!!』

 英正は我に返った。そうだ、逃げよう。死ぬよりよっぽどましだ。プライド? 糞喰らえ。死んだら何も残らない。そう、自分に言い聞かせる。

 二人が戦っている今しかない。英正は自分の持てる力を全て逃走に回す。立ち上がり、二歩目で最大スピードになり、その勢いで屋上から飛ぼうとする。



「逃がさん!!」
「……」


 だが、甘くはない。背後から二つの殺気が近づいてくるのがわかる。それと同時にやってくるのは死の恐怖。

 駄目だ。やはりここで終わる。




 そう思った次の瞬間に、背後を強烈な光が包みこみ、ものすごい衝撃と、鼓膜を破る程の爆音が響き渡った。 

 


 
 衝撃波で英正の体は更に加速し屋上を飛び越える。

 雷。それが英正達がいたビルの屋上に落ちたらしい。空は数十分前とは打って変わって雲が覆っている。
 奇跡。その言葉意外に何があるだろう。あの絶体絶命の危機に、雷だなんて。

 地面に着地すると、英正は急いで薄暗い路地裏へと入っていった。そして息を潜め、じっと体を固める。奴らはきっと雷が落ちたといっても死んでいない。そう直感していた。

 数分後、雨が降りだした。

『雨か……。そろそろ帰ろうぜ。流石にもう追ってこねえよ』
(あ、ああ……そうだな)

 帰る。歩いて? もし道端で彼らに出くわしたら?
 負の連想ゲームは始まったら止まらない。足は地面に埋まったように動かない。死の恐怖が英正をその場に縫い付ける。

『おい、どうした?』
(いや、まあ、ちょっと――)

「トモヤ!!!!」

 不意に背後から女の子の声が聞こえた。死の恐怖により五感が研ぎ澄まされていた英正は、その声に必要以上に驚き、逃げようとするのと同時にすっ転んだ。それでも恐怖から、這いずってでも前に進んで逃げようとする。

「ど、何処行くの!? 待って!!!」

 方や素人ホフク前進、方や全力疾走。結果は三十秒もしないで、追いつかれた。

「トモヤ! トモヤなんでしょ? なんで逃げるの!?」

 女の子は英正の前に回りこむ。それに驚き瞬時に起き上がり体制を立て直そうとする。が、一瞬遅くお面に手をかけられ、怯えて身を捻るのと同時に、お面が外れた。


「えっ……トモ……ヤじゃない……」


 顔を見られた。二人とも理由は違えど驚き戸惑う。そして、互いをまじまじと見つめる。見覚えがある娘だった。

 そうだ。この間の銀行強盗があった時、ビルから落ちる直前にトモヤ名前を呼んだ少女。


「なんで……なんであんたがこのお面を持ってるのよ!!!!」
「……」
 少女は英正に掴み掛かる。
「これじゃあ、やっぱり……トモ、ヤが……死ん、だって……こと……じゃ……」


 雨が急に強くなった。土砂降りだ。雨水が建物や地面を叩き、その音が二人の声を聞こえなくする。

 彼女はまだ何か叫んでいた。
 英正も叫びたかった。ただ、それよりも先に体が動いていた。我慢の限界。自分に少し自信が持ててきたのに、現実は非常にもそれを打ち砕く。

 自分を殺そうとする男達。大事な親友の名を呼ぶ女の子。もう、何が何だか分からなかった。

 
 全てを吐き出して自分を守るためだろうか、全てから逃げたいだけだろうか、ただ豪雨の街の中を一人走っていた。
sage