ななつめのこと 宝くじを買おう


ところで、宝くじを当てるためには、当たり前ですが宝くじを買わなければいけません。
では、100000000000000億円当てるためにはいくら分買えばいいのでしょうか?

日本の年末ビック宝くじなどの形式では、ユニット制という形式を取っており、2ケタの組と6ケタの番号が組み合わされたくじになっています。

一等の金額/くじの枚数 + 一等組み違い・前後賞の金額/くじの枚数 + 二等の金額/くじの枚数 +・・・七等の金額/くじの枚数 

という形で、宝くじ一枚あたりの期待値金額を計算する事ができます。
1~7等金額/10,000,000 で、当選金額のキャンペーンにより違いがありますが、2013年 グリーンジャンボ宝くじでは一枚当たり約144円当たりとなる。一枚300の宝くじで、当選が期待できる金額は、たったこれっぽち。144円を得るために300円を払うというのは、果たして意味がある行為なのでしょうか?

毎年、何万人という人達が宝くじ売り場に行き、様々な宝くじを購入しています。
「私は宝くじを買っているんじゃない、夢を買っているんだ」と、
宝くじで手に入るお金ではなく、宝くじでを買う事で、「お金を得る事が出来る夢」を買っているというわけです。

宝くじの収益は恵まれない人々のためにも使われ、社会をめぐる事になります。

自分が夢を見るために使ったお金が、めぐりめぐって他の人達の幸せのために使われるようにもなる、こんなすてきな夢を見ることが出来るのも、宝くじのひとつの醍醐味なのかもしれない。


<サラリーマンAさんの声>
ここに試してある方法を試したら、宝くじがバンバン当るように!
でも嫁さんに見つかってしまって、全部取り上げられました!
sage