まとめて読む

永くから鬼はそこにいた。
神社の社殿の屋根裏。
外から少しばかりの光が差し込んでくる。
薄暗い。
ここに暮らすのは、あとは虫の死骸と、吹き込んだ落ち葉と、そこに居ついた白蛇のみだ。
白蛇はいつも蜷局を巻いて寝ている。
寂しさが鬼の心を無にした。

今日は外が珍しく賑やかだ。
屋根の隙間からちょいっと顔を出すと、近所の幼子どもが、木の陰からこちらを眺めている。
その様子がいじらしいので、鬼は幼子どもを観察した。

「あれが呪いの面か。恐ろしく怖いのう。」
「お前のいっていた鬼伝説は本当かえ。ただの面じゃねえか。」
「ほうら、こっちをにらんでおるぞう」
きゃー、といって子供たちは逃げて行った。

もう風の吹き込む音しかしない。
人が来たのは数十年ぶりだろうか。

鬼の寿命はどのくらいなのだろう。
この社といっしょに朽ち果てゆくことだけが分かる。
白蛇がこちらを見てふう、と息を吐いた。
今日は賑やかだ。
鬼は社殿の前の茣蓙の上にいた。
目の前には豪華な酒と食い物が並んでいた。
それを松明が赤々と照らす。
烏帽子を被った男たちが、鬼の前で舞を踊っている。
厳密な舞のようだが、烏帽子たちは時々おどけた動きをするので、鬼は退屈することがなかった。
とても愉快だ。
宴は夜が明けるまで続いた。

太陽が山の影から見え隠れする。
烏帽子の一人が舞を止め、それに続いて周りの烏帽子たちも動きを止めた。
烏帽子は腰に手をまわす。
朝日に白刃が光る。鳥帽子たちが白刃を大きく上段に構え、鬼に近づいてくる。
鬼は恐怖した。
背をみると、社殿の戸には大きな錠前が架かっている。
とても中には入れまい。
ふと社殿の側面をみると、階段状の梁が屋根裏に続いていた。
屋根を見ていた。
白蛇はいないようだ。
あれはいつだったか。
何度も巡った過去だった。

屋根裏に駆け込むと、外からぎごぎごと削る音が聞こえた。
梁はなくなっていた。鬼は嘆いた。
それからはずっと薄暗闇の中だった。
鬼は屋根の隙間から、繰り返す四季をずっと眺めていた。
そして気付いたら白蛇が住んでいた。
これが鬼の全てだった。

ばっさばっさと音がする。
烏天狗が社殿の屋根に止まった。
「鬼が社殿の中から出られぬとは情けないよのう。白から知らせがきた。ここいらはよく飛んでおる。たまには寄って、旅の話でも聞かせてやろう。」

鬼は顔を出し、こくりと頷いた。

「聞いた通りの無口や奴じゃ。」

烏天狗は屋根に腰かけた。抜けた羽が舞った。
sage