Neetel Inside 文芸新都
表紙

魔女旅に出る
ぬま

草野
 非番の日にビルへ入るのは初めてだった。勿論、浜崎さんが出勤し、監視している中で行っているため、他の警備員に見つかることはない。
 きっかけは浜崎さんの一言、「最初の約束、覚えているよな」だった。
 最初の約束、というのは佐藤の情報を盗み出そうとする俺を黙認し、更に手伝いまでしてくれる事を条件に、浜崎さんの手伝いもしなければならない事だ。。
 そうして、その約束は今日、果たすこととなった。
 浜崎さんが当番の日で、且つ、残業する社員が少ない日をを選んだ。
 今回狙うのは、計算書類だ。大概は監査や決算前に不正の無いよう、調整して提出するのだが、今回は調整前の書類を狙い、隠蔽や横領などを発見し会社の弱みを握ろうという作戦だ。
 一見、安易な考えに思えるが、実際、企業間の抗争で頻繁に行われている手法らしく、実に効果もあるようだ。
 まったく嫌な世の中だ。
 俺はスーツを着用して社員を装い、何食わぬ顔でフロアを歩いていく。
 目標の書類は、倉庫にある。パソコンのデータを盗む方が簡単なのだが、幹部以上の決済印の押された書類ではないと、効力が薄いからだ。
 倉庫は普段から人の出入りが少なく、仮に社員と会っても、社員のフリを通せばいい訳だから、リスクの低い任務である。
 唯一、危険があるとすれば、書類をしまっている棚の鍵を受付に取りに行く際くらいだが、問題なく鍵を手に入れることが出来た。
 ここまで、何の問題もなく、ビル内での仕事をやり遂げている。もしかして才能があるのではないか。
 そんなしょうもない妄念を抱きながら、すっかり慣れたビルの中を迷わずに進み、倉庫を開ける。
 浜崎さんの記憶が正しければ、今から、二年前の六月、営業部が担当した民間の顧客に対して実勢価格の偽装を働いているとのことだった。偽装の単価自体は大した事はないようだが、数量が多く、実際は大幅な偽装らしく、間違えましたでは済まない額になっているそうだ。
 外部の監査では上手くやり過ごすつもりなのだろうが、その前に浜崎さんが手を打つという魂胆である。
 浜崎さんに指定されていた棚の扉を開く。中は書類を綴ったファイがびっしり敷き詰められている。目の前のファイルを一冊手に取り、拝見する。
 部外者では、一目では分からないが、指示通り、計算書類であることは間違いない様だ。ファイルは親切に時系列で並べられており、確認が容易であった。
 一応、指定された日付の書類が幾つか見つかったが判別がつかないため、指定された辺りをまとめて、鞄へ入れる。
 これで借りは返したことになるだろう。まだ浜崎さんが許してくれるのかは分からない。
 そして、棚を閉じようとしたとき、片隅に収納されている、「勤務表」と記されたファイルが目に留まった。
表紙
Tweet

Neetsha