正しい街

椎名
 
 教会へ通い始めて何度目の週末だろうか。
 いつもより、重い荷物を背負って改札を抜ける。
 地上へ続く階段を昇るにつれ、冷たい風が身を刺していく。
 朝日を浴びて、筥崎宮の鳥居を横目で見送り足を進める。
 この道を往復するのも、これで最後なのだろう。そんな事を考えていると、「椎名さん」と名前を呼ばれた。
 声の主は、間違えようもない佐藤さんである。
 振り返り、頭を下げる。
「最後なのに、教会まで行かせてくれないんですね」
 私の掴みにくい発言に対して、彼は眉をひそめ首をかしげる。
 そして、私の明らかに多すぎる荷物をみて、察したような顔をする。
「どこへ行くつもりなんだい?」
「すぐに分かるなんて、流石ですね」
「そんな事は良い、どうするつもりなんだ」
「察しの通りです。旅に出るんですよ」
「そんな機会が訪れたのかい?」
「私は囚われた魔女だから、どこへも行けなかったんです。だから、いつ街を出ても構わないじゃないですか」
「その抽象的な言い回しは既に聞いた。君の言う魔女っていうのはよく分からないけどね。言葉こそ魔法みたいなものだ。繰り返し使う程、効果は薄くなる。つまり、言葉の重みは無くなってしまうんだよ。そんな言葉で誤魔化して、本当は、ただ逃げ出したいだけだろう」
 何なんだ。
「何でそんな事を言うんですか?佐藤さんこそ、前に言ったじゃないですか。自分の為に生きた方が良いって」
「確かに言った。だけど今、街を出ても草野君と同じ結果になるだけだよ。未練を残して逃げるように街を離れても、気持ちはこの街に囚われたままだ。何も真犯人を見つけろとは言わない。だけど、草野君と話も着けず、有耶無耶な状態でいいのかい?」
「それは」
「ただ街を離れるのも、未練があるかどうかで、全く違うんだ」
 でも。
 ならば。
「どうすればいいんですか?今更、草野にどんな顔をして会えばいいのか」
「心配しなくても、草野君なら助けてくれるんじゃないかな?真一君と椎名さん二人の為に、ウチの会社に侵入した時みたいに」
 彼の言葉で、10年前からの思い出がよみがえる。草野が起こした行動の数々。
佐藤さんの言う通りかもしれない。草野が少し取り乱した位で、私は。
「分かりました。もう少し待ってみます」
「そうか」
「だけど、この道を通うのは最後にします。最後に、教会にも行かせてください」
 佐藤さんは、微笑を浮かべ、頷く。
 しばし見つめ合い、交わった視線を離した後、教会へ足を運ぶ。
 最後に、祈らせてほしい事がある。
 そして教会へ着く前、携帯電話に着信が入る。
 佐藤さんの言葉がなければ、この着信に応じることもなかったかもしれない。