寂しい人と山ガール

 ヒモ男の朝は早い。
 勿論、朝早く目覚めたところで何かをするでもない。
 では、何故朝が早いのか。
 俺の置かれている状況のせいだ。
 十も歳の離れた女性に養われていると、背徳感に苛まれ、自尊心が砕け散りそうになる。早起きというのは、そんな精神的衝撃を少しでも和らげてくれるのだ。
 何故か?
 早起きは、何だか良い事をしているみたいだろう。
 何だか、真っ当である感じがするじゃないか。
 するよな?

「何ぶつぶつ言ってんの?」
「…現実逃避だ」
「いい加減、現実を受け止めなよ」
「お兄さんなら、なんでも受け止められると思ってるのか?悪いがヒモにだけはなるつもりはない」
「そう言いながらも、提供されたご飯は必ず食べてるけどね」
「…少し、外に行ってくる」
 気分を害した俺はお椀を置き、ソファから立ち上がる。
「ちょっと待ってよ」
「何だよ」
「ご飯残さないでよ。子供じゃないんだから」
 返す言葉が無く、腰を落とし食事を再開する。
 これから先、華族に歯向かおうと画策しているのに、こんな事で悩んでいてよいのだろうか。
 俺は食事を終え、健気に片づけを始めるアキコの姿を見た。
 日がな一日テレビを眺めている事も増えてきている。時には昼ドラの後ろめたい恋愛模様に心を揺さぶられたり、夕方には5時に夢中の出演者らから放たれる際どいコメントに魅了されることもある。
 そんな現実を受け止め精一杯の感謝を彼女に告げるべきだなと思った。
 テレビのニュースでは稀勢の里、二度目の優勝が報じられており、街頭インタビューを受けた親子が和気藹々と語っている。
「お父さん、稀勢の里に勝てる?」
「あっさりやられるだろうなあ」
 そうだろう。子にとって父親はヒーローだ。親としてもヒーローでありたいだろう。多少であれば虚勢を張りたいだろうが、相手が悪い。
 そんな微笑ましい親子の様子を、不意に自分に重ねてしまう。
 俺が、俺達が華族に適うだろうか。
 やはり。あっさりやられるだろう。
 大なり小なり策を弄したところで、圧倒的な力に圧し潰されるだけじゃないのか。今までだって、必死に奔走しているつもりだったのに、実際は華族達の掌の中じゃないか。
 宮田茜に化けた構成員の不敵な笑みが浮かび、溜息をつく。
 もはや玉砕覚悟の特攻しか残された道は無いのだろうか。
 小さな葛藤を募らせていると、テーブルに置いていた携帯が鳴った。
 液晶には諸星の名前が表示されている。



 諸星からの連絡内容はまさに青天の霹靂である。
 彼は無事、隠していた俺達の資金を入手することに成功し、諸星のアパート傍を流れる河川敷でお金の受け渡しが行われることになった。
「はい、約束のブツです」諸星は不気味な程の笑みをみせ、トランクを差し出してきた。
「確かに」
 俺はトランクの中を確認し、諸星の隣の人物へ視線を移す。
「ところで、その妙齢の女性は誰だ?」
「よくぞ聞いてくれました。この人は、私達の救世主です」
「救世主?」
「元、宮田茜さん、そして私達の憎むべき組織の元構成員、その名も桐谷さんです」
「は?」
「改めまして、桐谷です」
「…訳が分からない」目の前に立つ二人は何を言ってるんだ?
「だから、彼女は宮田茜さんになりすましていた、桐谷さんですよ」
「竹ノ内さん。私の正体を尋ねるならお金の受け渡し前にするべきですよ。あまりに不用心です」
「…仮に諸星の言う通りだったとして、何故、彼女は軽々しく偉そうなことを言っているんだ?そして何故この場にいるんだ?」
 俺が畳みかけると、彼は腕組をして思案する様子を見せる。
「やはりそうなりますよね。説明させてください」
 最初からそうしてほしいものだ。