木馬の大痴態

パーティは無事、迷宮一層を突破した…!



◆ボルトリックの迷宮 B2F エントランス 2-3日目 深夜。


2層攻略に備え、皆は眠りについた。

私は帰りたかったが、他メンバーは誰ひとりとして「帰ろう」とは言わない予感がした。
勿論、リーダーをガザミに渡して帰ることもできるが……。


寝付けない。
頭がぼーっとする以上に、身体が火照る。何度も水を飲んだが、熱感は止まらない。
最初は、魔物にレイプされかけたことで、心身のバランスが崩れて風邪様症状が出ているのかと考えていたが、時が経つにつれ、どんどん肌の感度が上がってくる。
夕餉後から何かがおかしい。

寝返りを何度も打つ。
寝具の中でそっと下腹に指を這わす。

「はぁ……!」

膝の裏まで痙攣するような感覚。

「んっっ……!」

ちょっとだけのつもりが行為に囚われてしまう。
適度に距離をおいて皆が寝ているんだとしても、流石に無防備すぎる。
乙女としてありえない。

「……」

寝たフリをしながら、耳で周囲を探る。
ガザミ…ホワイト・ハット…フォーゲン…ガモ…ケーゴ…。
全員の寝息を確認した。
そっと寝具をはねのけて起き上がる。

焚き木は随分と小さくなっていて、か細く周囲を照らしている。
もう一度、皆を確認する。

ガザミと子供二人は寝具に身を横たえている。
フォーゲンは武器を抱え、ガモは機材を抱え、壁に背中を預けて座ったまま寝ていた。

足音を殺して地下二階エントランスを横切り、階段を上がる。
かなりの段差を上り、巨大ローパーと戦った部屋に戻ってきた。

ケーゴがガザミのつけた傷後に魔法剣を刺し、魔力に寄って爆散させたと聞いた。
信じられないことに、フォーゲンがアシストを決めていたらしい。
いいパーティーなのかもしれない。

ローパーの残骸が燃え上がっている。
獣の遺体などとは違うどこか甘い匂いが漂う。

「……」

下腹の疼きに耐えかね、その場にしゃがみ込んだ。





◆ボルトリックの迷宮 B2F エントランス 3日目 午前


「点呼とりまーす」

翌朝。
それぞれ寝床を片付けながら別々に朝食を取り、身支度を終えてから集合する。

「ガザミ」
「おう。何時でもいけるぜ」

「フォーゲン」
「フッ……まだまだ俺の剣が必要だろう…」

「ホワイト・ハット」
「ダンジョン探索日和のいい朝ですね……。今度は寝ないようにがんばります……」

「ケーゴ」
「へっ」

1人だけ態度悪いのが居る。

昨晩は大人気なかったと反省もしているのだけど、謝ると蒸し返すことにも成りかねない。
なので特に咎めることもないままにする。
ガザミにも「昨日はすまなかった」みたいな話はしないでイイと伝えていた。

「へっ。じゃなくて、デブ商人も言ってたでしょ。離脱の意思があるなら戻って日当を受け取って……」
「行くさ。まだお宝も何も見つけてないしな」

そう。誰も離脱しない理由はそれなのだ。
変種ローパーを1体倒しました、では日当だけで終わってしまう話。
ここである程度稼げていたのなら、帰ると言い出すメンバーも居ただろうに……。


「では、直ぐにでも出立します。今日も元気にがんばりましょう」

帰る!とは言い出せず、点呼を終える。
武装を確認し、身につけ、ニヤニヤと笑っているガモに荷物を預ける。

「なによ……?」
「何がだ?」
「別に。ニヤニヤしててマジ最高にキモイなーって思っただけ」
「さっさと出発しろ」

やはり一々癇に障る。フンっと一瞥して、ダンジョンの奥へと進み始めた。


暫くは1層の時と同じ、変化のない通路が続いた。多少の曲がりくねり上昇下降があるので、
脳内で正確にダンジョンの外形を描けるものはいないだろう。
少なくとも私にはできない。

ただひたすらに歩く。

「ねー……ここって何だと思う?」

パーティーの誰かに向かって話しかける。

「なんかの貯蔵庫じゃないか?……生活感もないし、飾り気もない。涼しいし。そうなると倉庫くらいなんじゃね?」
「この湿気で?」
「……うーん」

返事をしてくれたのケーゴだった。延々無視されるのかと思っていた気の重さが晴れる。

「分かれ道だ」
「なに!?」

目のいいガザミが前方に現れた変化を口にする。
それに対して何故かガモが返事する。
他のメンバーがそれを認識するまで、もう少し歩く必要があった。

T字に通路が伸びている。
そして、壁には謎の文様だ。
皆でその文様を前に首をかしげる。
文字であることは分かるものの、読めるわけがない。

「コレより先、群れは……分かたれ……」
「ケーゴくん読めるの!?」
「ミシュガルドの古文字だよ。哀れな…なんか所々霞んでるな…」
「それぞれ哀れな3匹の羊たちは、狂馬による試練を受けるだろう……ですね」

ホワイト・ハットがケーゴの先を継ぐ。
なんともイヤーな感じの、警告(?)指示(?)である。

「つまり……?」
「フッ……3人に別れて進めと……面白い……」
「そういえば羊の乳は飲んだことがあっても馬の乳ってのまないですね……」
「二手に分かれるか。字が読める魔法っ子とケーゴは分けないとな。フォーゲン、魔法っ子。右に行くぞー」

黙々と場を仕切るガザミ。不平を言わずそれに付き従う2人。

「……こんな壁の警告に従って、戦力を二手に分ける意味、無いよね?」

背中に向かってそう投げかけるが、アタシの勘だよ。の一言で封殺されてしまった。
残されたケーゴと視線を絡ませる。微妙な距離感。

「……じゃあ、行こっか」
「……へいへい」

ガモはボルトリックとなにやら連絡を取り合っている。その表情は意外にも真剣そのものだ。
今のうちに引き離してやれ、と小走りで通路を進んだ。


◆左の通路 シャーロット ケーゴ ガモ


奥に進めば進むほど、湿気は増し、あちこちから水が滴り落ちている。
苔に足を取られそうになり、ケーゴに腕を支えてもらう。

「……そういえばさ、ローパー倒したのケーゴくんなんだってね。すごいじゃん」
「別に?コレくらい普通だよ……」
「最初はさー。この子大丈夫かなー?と思ったんだよね」
「ちぇ。少しばかり年上だと思ってさ」
「これからも時々仕事一緒しそうじゃない?その時はヨロシク」
「へいへい……」

浮ついた会話だ。
いや、浮ついてるのは私か。
ケーゴはダンジョン探索そのものに目を輝かせている様子だ。
あの文様を見てから、嬉しそうにしている。

「なに?古文字があって嬉しい?」
「あったりまえだろ。本格的に遺跡潜りって感じするじゃん?」
「そうかなー?」
「女にはわかんないかね。このロマンが」

急に男を振りかざすケーゴ。ローパー戦で自信をつけたのか、ちょっと雰囲気が違ってきてる。
ニンゲンそんな簡単に成長しませんって、まったく単純なんだから、と微笑ましく呆れる。

しばらくすると、通路に変化があった。
通路の幅は変わらず4メートルほどあるが、ソコから先は中央に30センチ程の幅を残して床が抜けていた。
ケーゴが小石を拾って投げ落とす。何時まで経っても何の音も帰ってこない。
谷からは風が吹き上がってくる。上昇気流が生まれるほどの深さがあるのか。

谷の始まりの壁には例の古文字文様が書かれている。

「『雌羊が先に進んだ』……か」
「羊呼ばわりか。まあトロルよりマシかな?私が先にいけってことね」
「別に従わなくてもいいんじゃないの?」
「心配してくれてんの?まあ……警告文に逆らうとペナルティあるかもしれないし、元々私前衛のつもりだから」

つまるところ、歩幅30センチの橋を渡れ、みたいなミッションだ。
意識しすぎるとグラグラするけど、普通にしてればなんてこと無い。

「これの何が狂馬の試練??ケーゴ、落ちないでよ?」
「ありえねーよ、こんなの目隠ししてても渡れるぜ」

そのまま曲がり角を曲がると、目の前に高さ1メートルくらいの箱があった。
その前面には古文字と壁画調の絵が彫り込まれている。

「『木馬を超えよ』……この絵みたいに、飛べって事か?」
「飛んで、手をついてアッチ側に…」
「だな」
「この数字の8ってなんだと思う?」
「さあ…?」
「あ、ここなんかジャンプしやすくなってる」
「ご丁寧に足の踏切マークまであるな?」
「木馬のあそこに手のひらのマークが」

ルールを把握し、ちょっとだけイメージで予行演習する。

「スタタっと来て……ここで飛んで、これに手をついて足を開いて、あっち側にストン」

ケーゴも一緒にイメトレする。
無様に失敗すれば、左右の谷に落ちるのかもしれない。
多少のプレッシャーはあるけど、やはりこれが「試練」と言うのはチョロすぎる。
戦斧を背中に背負う。2メートルの助走区間を設ける。

「はっ!」

ちょっとグラっとしたけど、飛んで、木馬の背に手をつき、足を開く。
ガクン!と何か抵抗があり、宙で一時停止してしまった。

「はれ……?」
「あれ!?ねーちゃん?」

見えない蜘蛛の巣にかかったように、足に何かが絡まっている?

「足が……」

木馬の背についた手のひらが、くっついて剥がせない。

「手も……?」

え?なにこれ?

「引っ張ろうか……?それとも押すか……?」

ケーゴが申し出る。確かに腰のベルトを掴んで引き戻してもらったほうがイイかもしれない。

「お願……い?」

手のひらに振動を感じる。木馬が中から振動してるのだ。
その背の鬣(たてがみ)を模した無数の柔らかそうな突起が、ザワザワと動き出した。
ヴヴヴヴヴヴ……。
私のベルトに手を伸ばそうとしているケーゴもそれを見た。

「そう言えばさ。鬣があるのって首だよな?これ背中にもあるね」

ケーゴは蠢く柔突起をつつく。

「針とか刃物とかならアブナイけど、これじゃただのクッションだな」

まったく。針とか刃物ならどうなっていたか……あれ?
ケーゴが腰のベルトを掴み、身体を押してくる。
手の接着はビクともしないけど、足に絡まっていた何かはブチブチと音を立てて緩んだ。
腰が落ちる。

「あ!ち、ちょっと待っ!」
「なんだよ!?」
「離さないで!ベルトを離さないで!!持ち上げて!!!」


両足の拘束が解ける。一気にどんっと腰が落ちる。

「うお!?」

歯を食いしばり両手でベルトを釣り上げるケーゴは鬼の形相に違いない。

「重~~~っ!!!」

かなり失礼なことを言う。

「そ、そのまま!そのまま引いて!あっ!」

じわじわと腰の高度が下がり、ザワザワとした絨毛突起が尻に当たるようになってくる。
私のお尻が跳ね上がると、男のケーゴにもトラップの意味がわかったらしい。

「え?いや!?ねーちゃん無理だってコレ!」

物凄い焦りが伝わってくる。

「離さないで!ケーゴ!離さないで!!」

木馬よ壊れろとばかりに腕を動かす。なんなら手のひらの皮が剥がれてもいい。

「ねーちゃん!暴れるなって!腕が……!マジで!なんかブチブチ言って……!」
「えええ!?」

腕の筋繊維が断裂!?
もう離しなさい!と言うべきか。
今は下着の上に極小範囲だけどソフトレザーの武装を履いてる。
一番敏感なところに変な刺激は来ないはず。

「無理せず離し──」

ビチ!と筋なのか腱なのか、そんなものが弾ける音がして、腰が木馬に落ちた。

「うわっ!ごめん!ベルト切れた!!取れたァー!!!」

ベルトには下腹部を守るソフトレザーのビキニが付着していた。



◆左の通路 ガザミ フォーゲン ホワイト・ハット

「……兎に角。アタシから飛べと」

ガザミの問にコクリと頷くホワイト・ハット。
そう、彼女たちの前にもまた、同じトラップがそびえ立っていた。

「まったく……ダンジョンってのは何処もこんな感じなのかね?」
「フッ……しらぬ……」
「この絵によると……」
「あー。はいはい。そんな感じで飛べってことね」

大雑把すぎる性格のガザミは、魔法っ子の説明を遮り、助走に入る。

「まったく!早いとこモンスターとお宝をだせって……ぶっ!?」

真面目に説明を聞いておらず、踏切板の踏切位置表示を直前になって始めて認識した結果、たたらを踏み、跳び箱に正面衝突する。
吹き飛ぶ木馬。
危うく谷に転げ落ちそうになるガザミ。
ミッション失敗。パーティーに電撃走る。

「……」
「……」
「……」

何も起こらない。

「……なんかペナルティとかがあるんじゃねーのか?」
「フッ……雌羊が先にトライすれば成否は関係なかったのか……?」

なーんだ、と3人で高笑い。突如グラつく足元。

「な、なんだ?」

ガザミが見れば、今まで歩いてきた方向から通路の崩壊が始まっていた。

「「「でええええええ!?」」」

そこからは追いつかれる!追いつかれる!と大騒ぎしながらの全力疾走。
母乳を差し出せば魔法でなんとかしますよ……と囁き続けるホワイト・ハットを小脇に抱えて1200メートルを2分弱で走る。
余談。競走馬は1200メートルを1分そこそこで走るという。


「馬ってコレか…?……ダンジョンってのは……何処もこんな感じなのか……?(ぜーはーひーふー」
「フッ……しら……ぬ……(う…おえっ」

ようやく通路の幅が通常に戻り、崩壊も止まって、ガザミとフォーゲンはその場にパタリと倒れ込んだ。
◆左の通路 シャーロット ケーゴ ガモ

地獄だった。

「ああんっ!は、はい!う!はう!」

木馬の責めを堪え切れず、周囲がドン引きするような、かっこ悪い喘ぎ声を披露する。
正面から顔を見られていないので致命傷で済んだ。
それは百年の恋も一時に冷める破壊力であっただろう。

「はぅん!もっと、もっとぉ!あ!あーっ!あああーーっ!!!」

ケーゴとガモに見られているのだから、舌を噛みちぎってでも我慢しないといけない場面。
昨日から身体の芯に熱があるこの状態で堪えられる訳もない。
見られている事が逆にトリガーになってしまっている。

「ケーゴくん!みないでぇ!みないでぇーーーっ!!あっ…あっ!あぁっ!」

身を捩って仰け反りながら、刺激を求めて自ら股を擦り付け続け、木馬の絨毛が蠢く度に愛液が飛沫く程になる。
故意に腰を持ち上げて、彼にだらしないソレを見せたのが何度目なのかも、もうわからない。
目の前がチカチカする。息が弾む。

『うわああああ!うわあああああ!ねーちゃん!?ねーちゃん!?』

水の中から聞こえるみたいに響くケーゴの声。
全てを見られてしまっているのだと自覚させられ恥ずかしさに死にたくなる。
顔を覆い隠せるなら、今すぐにでもそうしたい。

『ねーちゃん!もうダメだって!もう無理だって!ギリギリだって!』

彼は私のお尻を捕まえて淫らな腰使いを諌めようとしてくれる。

「やん!触っちゃ、ダメ!」

そんな彼の掌や食い込んでくる指先にまで感じてしまう。
愛液が湧き溢れ。流れ落ちる。
羞恥混じりの快楽が背筋を駆け上がって全身が痺れる。
下腹から逃がせなくなった熱を吐息で漏らす。

「ふぅう~!あっ!ケーゴくん!あっ!ケーゴぉ!」

なんとか理性を繋ぎ止め、歯を食いしばり、下腹部を押さえ込み、ブルブルしつつ30秒位は止まっていられた。
でも、抗えば抗うほどにどんどん性衝動が貯まっていく。
体裁を保っていられる間に、ケーゴが早く助けに来てくれる。それを願うばかり。

「ひぁ!?あ、ケーゴ!はやく!はやくケーゴ!あうぅう!!」

願いも空しくリビドーが決壊して、前後に腰をグラインドさせて、今まで以上に木馬の背にじゅぶじゅぶに擦り付け、擦り付け、擦り付け、擦り付け、擦り付け、擦り付け、擦り付け。

「ケーゴ!早く!きて!ダメ!あ!ダメ!あああーっ!はぅ!はあああああーーんんっ!」

迎える何度目かの絶頂に、足先まで痺させ、助けを求め天井仰いでビックビクにアクメする。

『くっ……!』

ケーゴの苦しげな呻きが聞こえる。無力感に歯噛みしてるのかもしれない。
私がもう少し耐えられたなら、彼を傷つけることはなかったのかと思うと、自分が嫌になる。涙も出る。
それなのに、身体は次なる絶頂に向かっていて、性衝動が暴れ出す。
絶頂は、次の絶頂の始まりに過ぎない。
迎えるたびに、強く大きく、達しやすくなっていく。

「あっ、はい、はう!あっ、ひゃん!」

ゾクゾクと背筋から震えて、お尻を振り回し、下腹を木馬に叩きつけていく。
パン!パン!パン!
男性に激しく突いてもらってる時のような音が出る。
止まらない。止められない。もう一度大きく腰を持ち上げ、シナを作ってケーゴにびしょびしょになっているソコを見せた。


『ちくしょおおおお!!!』

堕ちていく私を救えなかったケーゴの絶望の叫びか。
それに答えるように木馬が停止した──。

その気になった途端に行為を止められてしまい、木馬をガタガタ言わせて全身で揺する。

「きゃっ?え?なに!?なんなの!?」

もうタダのシリコンの絨毯毛みたいになっている木馬の背。囚われる程の気持ちよさはない。腰を捻ってグリグリしても、フカフカするだけだ。

「……」

ケーゴの気配はすぐそこに感じる、息が背にかかるほどすぐ後ろに立っている。
でも彼からはなんのアクションもない。
放置されてようやく頭が冷え、羞恥が戻ってきて、背筋が寒くなる。
今更ながら喘ぎを芝居がかったもの(できるだけ可愛く)に変更する。

「あぁんっ。あん。恥ずかしぃ…」

もしかしたらケーゴが抱きしめてくれるのでは……と思い、吐息を漏らしながらお尻で円を描いてくちゅくちゅ音立たせる。

「……」

ケーゴは動かない。

どうして良いのかわからず、泣きながらお尻で円を描き続けていたら、天井がパカッと開き、バケツを引っくり返したような冷水が浴びせられた。


まさに地獄だった。


その後木馬は通路に沈み……。
ケーゴもガモも木馬の試練をする事なく通過して、ただ3人でトボトボとあるき続けた……。
聞こえよがしにガモが何事かを笑ったが、噛み付く事もできなかった。

勿論、一切目を合わせていない。
私が1メートル先を歩き、私が止まっても、彼がきっちりその距離を守る。
膝が笑ってしゃがみこんでも、その場でアクメに襲われて崩れても、手が差し伸べられることはなかった。
あれ?これって汚らわしいとか思われてます?もしかして。

やがて通路はもとに戻り……。
歩き……。
会話は一切なく……。
道は大きく右にカーブして……。
前方には広間が見え始めた……。


ガザミ、フォーゲン、ホワイト・ハットの姿が、そこにはあった。