Neetel Inside ニートノベル
表紙

もう、こんな魔法!
第一話「黒の代償」

〇第一話「黒の代償」

「代償魔法……?」
「そ、代償魔法。その名の通り、アンタの体の一部を代償に使う魔法だよ」

 悪魔と契約し、力を得る。それには何らかの代償を払う必要がある。
 まあ、よくある話だ。そしてそれは大抵、フェアな取引にはならない。
 だとしても……だとしても、俺はそれに頼るしかない。

「その魔法で、邪竜を倒せるのか?」
「それはアンタ次第じゃないの? 魔法を使うより先にまた殺されちゃうようなら、話にならないし」
「う……」
「でもまあ、普通の魔法を使うよりは可能性は上がるだろうね。小石を投げつけるか、大砲を撃ちこむかくらいの違いはあるよ」

 俺には何の力もない。非力で、武器だって満足には振れない。
 そんな俺にとって、これは唯一残された可能性なんだ。

「分かった。契約しよう」
「へえ、随分とあっさりと決めたね。後悔しても知らないよ?」
「……い、いいからさっさと、力をくれ」
「くふふふ……じゃあ、目を閉じて」

 代償魔法……代償となるのは、腕か、足か……
 怖くないと言えば嘘になる。それでも奴だけは、俺のこの手で……

「おっと、アンタの名前を聞いてなかったね」
「リヒター」
「ふぅん……ではこれより、契約の儀を始める。我、ラプンツェルの名において、汝、リヒターに代償を求め、力を与えん」

 先程までの軽い調子から一転、大仰な口調で契約の儀式とやらを始める、悪魔。
 すると俺と悪魔の足元に、何やら魔法陣のようなものが浮かび上がった。

「万物を飲み込み滅ぼす、黒き光の力よ、この者に宿れ! その代償は――」

 その、代償はっ――


 ◆16年後 王都エステラの地下水道

「リヒター殿! なぜ、なぜ魔法を使ってくださらないのです!」
「ぐ、ぬぬ……」

 俺の目の前に巨大なスライムがいる。どのくらい巨大かって言うと、こう、馬車とかがすっぽり入りそうなくらい? とにかく巨大なのである。
 って言うか、今はそんな事はどうでもいい。問題は、こいつには俺のにわか仕込みの剣が全く通じないという事なのだ。

「そんな細身の剣で斬れるわけないじゃないですか! 早く魔法を!」
「いや、そんな君、簡単に言うけども……」

 王都の水質汚染の原因として、傭兵ギルドに討伐依頼があったのが二週間前。初めは中堅クラスの傭兵達が依頼を受け、討伐に当たった。
 だが、スライムが最弱モンスターの代表みたいな話はどこか別の世界の事であって、少なくともこの世界のスライムはそれなりに強いモンスターである。ましてや、こんなにも巨大となれば、並の傭兵では太刀打ちできなかったのだろう。
 そこで、この俺に討伐依頼が回って来たわけだが……立場上、断るわけにもいかず……

「あ~、それじゃあこの油瓶をぶつけて、火をつけてみるか」
「無駄ですって! そんなの俺の仲間が――前任者が、とっくに試してますよ!」
「そ、そうなのか?」
「ちなみにその前任者の一人が、あそこに取り込まれてます!」
「おおう……」

 案内役の傭兵が指さす先、巨大スライムの体の一部に、まだ消化され切っていない人間の骨が埋まっている。その手には、俺が持っているのと同じような油瓶があった。
 更によく見ると、巨大スライムの体内には他にも色んな動物やら何やらが埋まっており、スライム自身も泥水のような色で、臭いも酷い。こりゃあ、水が汚染されるわけだ。

「ズロロロロ……」

 と、その時、巨大スライムは緩慢な動きながらも、その身を大きく引き伸ばし、こちらに覆い被さろうとしてきた。

「ひっ!?」
「むっ!」

 しかし、その狙いは俺ではなく、案内役としてついてきた傭兵であった。
 恐らくこのスライムにとっては、無意味な剣を振るって来る者よりも、静寂を破る者の方が許しがたい存在なのだろう。この傭兵、さっきからずっと大きな声を出していたからな。
 ただ、この傭兵もそれなりに戦いの経験があるようで、悲鳴をあげつつもその場から大きく飛び退き、スライムの攻撃を間一髪で回避していた。

「だ、大丈夫か?」
「…………」

 体勢を立て直した後も、自身が狙われた事により、表情に焦りと恐怖が浮かぶ傭兵。しかしその顔は次第に、怒りの形相へと変わっていった。

「だ……大丈夫か、だって? ふざけるな! 何が天才魔術師だよ! 依頼料だけで俺の何倍ももらってるくせに、とんだ役立たずじゃないか!」
「や、やくたたず……?」
「噂じゃ、物凄い魔法使いだからって言うから! 目の前で仲間の仇を討ってくれると思って! だから俺、案内役を引き受けたのに!」
「お、おい、あんまりそんな、大きな声出してると、また……」
「あ、分かった! お前偽物だな!? リヒター殿の名を騙って、依頼料だけもらおうとしてるんだろ! それで邪魔者の俺が死ねば、口封じもできると思ってるんだな!?」
「え、いや、ちがっ……」
「くそ! そうはさせるか! こうなったらせめて、お前だけでも!」

 と、傭兵が先程までと同様に――いや、それ以上に大声でがなり立て、終いには俺に剣を向けてきた、その時……

「ズロロロロォ!」

 再び、スライムが体を伸ばし始めた。ただし今度はそのまま覆い被さるのではなく、流体である自身の性質を活かし、体を幾つかに枝分かれさせ始めた。
 それはまるで巨大な手のようであり、その形状も相まってか、先程までよりも明らかに、確実に、捕食の意志を感じさせた。

「ひっ、あ、あ……」

 傭兵はスライムの新たな攻撃態勢を目の当たりにし、慌てて剣の切っ先を俺からスライムに向け直したものの、腰は完全に引けてしまっていた。
 そしてやはり、スライムの攻撃目標はその傭兵に向けられているようで、傭兵が一歩後ずさったその時、巨大な手となったスライムが傭兵目掛けて伸びてきた。

「う、うわあああ!?」
「ええい、仕方ない!」

 俺は、覚悟を決めるしかなかった。できれば魔法を使わずに討伐したかったが……最早、そんな甘い事を言っていられる状況ではない。
 俺は先程まで使っていた剣を素早く、逆手に持つ。実はこの剣は元々、魔法の触媒として使う杖に仕込まれたものであり、柄の先端には魔法の効果を高める宝珠が付いているのである。
 そして続けざまに、詠唱らしい詠唱もしないままに、宝珠の先を振るった。その瞬間、俺達の目の前に大きな魔法陣が展開され、それがバリアとなって、スライムの攻撃を阻んだ。

「え、え、え?」

 何が起きたのか分からない様子の傭兵と、その一方、スライムも少し驚いているようだった。まあ、スライムの表情なんて分からんが、動きが止まってるから、多分そうだろう。
 しかし、バリアとしての効果は単なる副次的なものに過ぎない。この魔法の本来の用途は、攻撃なのだ。

「俺にこの力を使わせたこと……あの世で後悔するがいい」

 と、俺のキメ台詞の直後、魔法陣から真っ黒な光線が、その魔法陣の直径と同様の太さで発射された。そしてその光線は、スライムの巨体をまるごと地下水道の壁に押しやり、貼りつけにしながら焼き続けた。スライムの体が全て、蒸発し切るまで。
 後には、地下水道の壁に真っ黒な穴のような焦げ跡だけが残された。と言うか、少し壁の方も削ってしまったようで、これはこれで後で文句言われそうだ。一応、できる限り出力を絞ったつもりなんだが……

「……ハアァ……さて、大丈夫か?」
「え……あっ!」

 俺は大きなため息をつきながらも、傭兵を気遣って見せた。
 いや、別に俺は、先ほどまでの傭兵の態度を怒っているわけではなく、仕方なくとは言え、魔法を使ってしまった事を後悔しているだけだ。
 しかし、傭兵の方はやはり、俺が怒っていると思ったようで……

「も、申し訳ありませんでした!」

 と、土下座する勢いで頭を下げてきた。

「無礼な言葉の数々や、リヒター殿を偽物と疑った挙句、剣まで向けてしまって……この上は、どのような処罰も受ける所存です!」
「ああ、いや、そんな大袈裟な……まあなんて言うか、俺もほら、ちょっと焦らし過ぎたかなってね」
「焦らし……そ、そうとは知らず、俺、いや、私は……」
「まあ、何だ。お互い、いい経験になったと思おうじゃないか。なあ?」
「うう……何とお優しいお言葉……やはりリヒター殿は噂に違わぬ、英雄です!」

 英雄……英雄ねぇ。俺はただ、後先考えずに復讐の為だけに悪魔と契約した、愚か者なんだけどな。
 それに、その大層な肩書のせいで、今もこうして戦いを強いられ……ハアァ……
 まあともかく、討伐は達成した。傭兵ギルドへの報告は案内役の傭兵に任せて、俺は一足先に帰るとしよう。

表紙
Tweet

Neetsha