トップに戻る


3.この国では育たない <9.24> <9.30>


  3

 トーニが殺されてから二週間が過ぎた頃、ロイ達の部屋に新しい住人が加わった。ロイがこの部屋に入って以来、同僚が増えるのは初めての事だった。
「ここがお前の部屋だ。詳しい事はそこの奴らに聞いておけ」
 見知らぬ女を連れてきた兵士はそれだけ言って、部屋を後にした。
 残された女は立ったまま腰に手を当て、眉をひそめながら兵士の去っていった方角を見つめている。
 ちょうど食事をしていた同僚達は、手を止めて女性を見上げた。
「何の説明もなし? 失礼な人だな……」
 女の呟きに、ロイ達の顔はさっと青ざめた。もし兵士に聞かれれば、大変な事になる。
 数秒間の息苦しい沈黙があった。
 しかし、兵士が血相を変えて戻ってくる事はなかった。
 女は平然とした顔で軽く溜息をつき、座っている同僚達に顔を向けて微笑んだ。
 美しく成熟した女性を思わせた後ろ姿とは裏腹に、振り返った彼女は、少し幼さの残る顔立ちをしていた。
「あたし、サナ。よろしくね」
 同僚の大半は返事をせず、無言でサナから顔を背けて食事に戻った。兵士に悪態をつくような者には関わらない方がいいと判断したのだろう。
 ぽかんとサナを見上げていたレイリが思い出したように会釈し、立ち上がってサナの分の食事を用意し始めた。レイリの隣に座っていたロイも、それを見て腰をずらし、サナの座る場所を空けた。手でサナを隣に呼ぶ。
「ありがとう」
 サナは微笑んで、ロイの隣に腰を下ろした。
 しばらくして、レイリがスープの入った皿とパンを持って戻ってくる。サナはレイリにも微笑みかけて礼を言い、スープを口に含んだ。既に冷めていた上に、ほとんど味のないスープに顔が歪む。
「なに、これ……」
 やっとの思いでスープを飲み込んだサナが、苦虫を噛み潰したような顔でロイとレイリを見た。レイリが申し訳なさそうな表情を返す。
「ごめんなさい、味付けが塩だけなので……」
「そうなんだ、なるほど……」
 それでは仕方がない、といった様子でサナはパンをかじった。
「私はレイリと言います。よろしくお願いします、サナさん」
 パンを飲み込んだサナが微笑んだ。
「あ、サナでいいよ。よろしくね、レイリ」
 レイリは静かに微笑んで返した。サナは二人に挟まれて座っているロイに目をやった。
「君は何て言うの?」
「……僕は、ロイ」
「よろしくね、ロイ」
 ロイは軽く頷いた。サナは改めて他の同僚達を見回したが、彼らは一様に俯いており、こちらを避けているようにも見える。
 サナは二人に顔を近づけて囁いた。
「なんか暗いね、みんな」
 レイリは困ったような顔をした。ロイは唇を噛んで顔を上げ、真剣な顔でサナを見つめた。サナはきょとんとする。
「サナさん」
「呼び捨てていいよ」
「……サナ」
「なぁに?」
「さっきみたいな事は、言わない方がいい」
「ん、さっきみたいな事って?」
「兵士に向かって、何か言ってただろう」
 サナは首をかしげた。
「あたし、何か言ったっけ」
「失礼な人だ、とか何とか」
「ああ」
 サナは手を打った。
「言ったね、そういえば。でも多分、聞こえてないよ」
「そういう問題じゃない」
 ロイのはっきりとした口調に、サナは怪訝そうな顔をした。ロイは声をひそめて続ける。
「少しでも逆らえば殺される。君だって分かってるはずだ……それだけで、この部屋の全員の命が危険に晒されるんだぞ」
 サナの表情が強張った。真剣な瞳でロイを見つめる。
 そのままの状態で数秒が経ち、サナは溜息をついた。
「……あたしさ、この国の人じゃないんだ」
「えっ?」
 ロイが思わず声をあげた。隣ではレイリが驚愕の表情を浮かべ、口を両手で塞いでいる。
「あちこち渡り歩いて生きてきたんだけどね、なんか歩いてたら突然捕まっちゃってさ」
 呆然とする二人に、軽い調子でサナは話す。俯いている他の同僚達も、顔こそ上げないが耳はサナ達の話に集中していた。
「この国の噂は聞いてたし、捕まえてきた兵士も確かにやばそうな感じだったけど、そんなに酷い所だったとはね……」
 ロイはサナの不幸に同情した。こうなってしまった以上、もう彼女に先はないだろう。自分達と同じように。
 ロイはそれから数十分かけて、自分達に課せられた奴隷同然の生活をサナに説明した。

 次の日から、サナはロイ達と同じ場所で仕事に就いた。女は男に比べて多少、仕事の量を加減されるが、厳しい肉体労働であることに変わりはない。
 サナは手際よく仕事をこなしながら、監視役の隙を見て時おりロイに近づき、小声で話しかけた。ロイは彼女に黙るように注意するだけで、最初は相手にしなかった。
 それでもサナは懲りずにロイに話しかけた。彼女は他の同僚にも話しかけていたが、ロイ以外の人は反応すら示さない。
 あまりにしつこく話しかけてくるサナに、ロイは不機嫌そうに振り返った。
「いい加減に――」
 ロイはその時、サナの様子に違和感を覚えた。常に激しく身体を動かしている労働中にもかかわらず、サナは涼しげな顔をしており、息もまるで乱れていない。
 ロイはぽかんと口を開け、少しして声を漏らした。
「君……随分、タフなんだね」
 サナは得意そうにロイを見上げ、微笑んだ。
「まあね、元気なのはあたしの取り柄だから」
 サナにつられ、ロイの表情が少し和らいだ。
 それから二人は仕事中に時々、会話を交わすようになった。

トップに戻る

Tweet

Neetsha