Neetel Inside 文芸新都
表紙

parousia
望遠

グラスが汗をかいている
何の匂いかわからない
ほんの近くが陰っている
何の思いかわからない

カーテンの折り目と
扇風機のまわる音
突然飛び立つ烏の群れ
身体がないのに鳴らしている

よく冷えているのに
誰も飲まない
何も抜けていかない
抜けるように青いのに

徘徊する楽しみを思うけれど
もうしばらく外をうろつかない
ただ帰宅するときの億劫さが
寝そべる私とテレビの間に訪れる
どうしてこんなに弱いのだろう
風が十円硬貨の表面をなでると
水平線が落ちて
多くの船乗りが昇っていく

人は天使の通貨なのだ
自然は天使の労役なのだ
埃をかぶったランプシェードが
形がないのに傾いている

どうしてこんなに弱いのだろう
もっと力強くと思うんだ
ここのところずっと
もっともっと力強くと

遮光カーテンから溢れて落ちる
午後五時半の淡い光たち
突然、立ち上がった一つ目の巨人が
無数の鳩を肩に載せている
表紙

雨衣 先生に励ましのお便りを送ろう!!

〒みんなの感想を読む

Tweet

Neetsha