Neetel Inside 文芸新都
表紙

parousia
弛緩

諦めたみたいに長い夏が終わった
イヤホンを外したみたいに帽子を被って

哲学者みたいにレンガを積んで
地雷ひとつみたいに時間を狂わせた

髪は長いほど遅れる
脚は遅れるほど長い

頬は病んでいるほど赤らんで
空は赤らむほど病んでいる

それは誰の顔だったと
君が独り言のように聞く

恋が電線のように
おし並んだ朝を見張ってる
表紙

雨衣 先生に励ましのお便りを送ろう!!

〒みんなの感想を読む

Tweet

Neetsha