トップに戻る

<< 前

[Ⅴ]


   5

 ……もうだいぶ長いこと話してるね。そろそろ、夜明けの時間かな。
 えっと、日の出まで、あと一時間くらい時間があるね。もしあんたさえ良ければ、いいところに案内しようと思うんだけど。
 この近くにでかい電波塔があってね。六百メートルくらいだったかな。その一番上の、展望台から見る朝焼けは格別なんだ。
 ところがちょっとした問題があってね。ま、想像はつくと思うけど、電力が来てないから階段で登らなきゃならないのさ。
 ここかい? いまどきぼくは、やかましい発電機で明かりを灯してるのさ。「管理局」は恒星十個分とか、銀河系百個分のエネルギーをひょいひょい使いやがるけど。レモン百個分のビタミンC、みたいなもんかね。ぼくなんか、面倒なときはロウソクだぜ。
 だけど塔の上まで行けば、いい運動にはなるさ。さっき「管理局」から連絡があったよ。注文した本の発送のお知らせかと思ったら、朝になればあんたをもとの世界に送り返すっていうお知らせさ。残念ながらね。意外なほど仕事が早くて、なんでぼくが先月頼んだ本はまだよこさないんだ、って感じさ。
 まあ、それはあとでクレーム入れるとして。あんたに最後に、いい思い出を作ってあげたいのさ。
 こうやって世界を越えて出会ったのも、なにかの縁だしね。
 ……そうかい。じゃあ、行こうか。覚悟ができてるってんなら。
 あれを登った日の翌日は、いつだってひでえ筋肉痛さ、まったく。

 ほら、見えてきただろ? あれがくだんの電波塔さ。
 こっからちょっと離れたところに、あれの半分くらいの赤い塔がもう一本建ってるんだけど、そっちは老朽化でけっこうヤバいから、ぼくはもっぱらこっちに登ってるね。
 こいつがもし倒れたら、間違いなくぶっ潰されるんだろうな、とか考えてしまうよ。でかい建物を見るといつもそうさ。
 こいつもあと何百年かすれば、そうなるに違いないさ。ぼくは延命処理を受けてないから、きっとその前に死ぬんだろうけど。
 

 ……はあ、きついねまったく。
 ここはどうやら、はあ、観光名所でもあったらしいけど、はあ。そいつらみんなはエレベーターで登ってたと思うと、腹立たしいね。
 あんたまだ平気なのかい、はあ、大丈夫? ぼくが体力なさすぎるだけか。
 ……どうやらまだ半分くらいらしいぜ。空も白んできたな。
 はあ、どうやらちょうどいい調子だね。このままぼくがへばらなきゃ、の話だけど、はあ。


 ……はあ、はあ。どうやら到着したね。
 毎回途中で休憩を挟むんだけど、はあ、今回は時間があんまりなかったんで、はあ、急いだからな、はあ。
 だけど疲れたかいはあって、はあ、いいものが見れそうだ。こっちが東で合ってるよな。
 ……え? 朝日は西から昇るものだって?
 あんたのところではそうなのかい? だけどこっちじゃ、お日さまは東から昇って西に沈むのさ。
 ぼくがもうろうとしすぎて、間違ってなければだけど。
 ……ふう、もうしばらく、休ませてくれないかい。


 ……ほら、太陽が昇ってきただろう?
 きれいなもんさ。この、群青色が薔薇色に変わる瞬間。
 町の闇が――夜が、吹っ飛ばされる瞬間。
 最高だね。疲れもいっしょに吹っ飛んだら、もっと最高なんだけど。
 今日もどうやら、いい天気になりそうだ。あとはのんびり、本が届くのを待ってるさ。
 また歌でも歌いながらね。
 ……あんたがもとの世界でも元気でやれるよう、願ってるよ……異世界の友人として、さ。
 あれ? もう、行っちまったのかい。
 ほんとう、仕事が早いな「管理局」は。こういうときだけ。
 ……あの人の世界にも、行こうってのかい。
 攻め込んで、ぶっ壊して、管理しようってのかい。
 それもきっと、クレーム入れても改善してくれないんだろうな。
 やれやれ、あの人が無事でいられることを祈るか。
 だとしても、二度と会えないだろうけどね。
 ……それにしても、今日はほんとうに朝焼けがきれいだな。いい日になりそうだ。


   ■


 朝の町で、鐘の音が鳴った。
 道ゆく誰の耳にも、その音は聞こえていない。
 ひとつ、ふたつ、と鳴り響く澄んだその音。
 そのとき、ひとりの少女が足を止めた。
 彼女は鐘の音を聞いた気がしたけれど、辺りを見回し、それが気のせいだと思ってまた歩き出す。
 どこかほんの少し遠くの世界で、六回目の鐘を鳴らした時計台は沈黙し、そして世界は朝日の下、一日を開始した。


   <END>
 
5

涼 先生に励ましのお便りを送ろう!!

〒みんなの感想を読む

<< 前

トップに戻る