210 ~シェアワールドアンソロジー~

提供: NeetshaWiki
移動先: 案内検索

210 ~シェアワールドアンソロジー~』は、ニートノベルの企画作品である。

概要[編集]

架空の都市「新都市」について、各自が設定や伏線を追加しながら書いていくアンソロジー企画小説。

新都市[編集]

基本設定[編集]

  • 人口20万人。ちょっと大きい地方都市である。駅前は都会だが、少し離れると田んぼが目立つ。
  • 海に面している。
  • 今日は3月31日。20時ごろに流星群がみごろとの予報がある。
  • 朝7時の段階での天候は曇り。


拡張設定[編集]

  • スナック「エイリアン」。火星人にそっくりだが、気は優しい「ユウカ」と、「アヤカ」が働いている。
  • 新都駅。つい最近立て替えられた。見た目は城のように豪華だが、塗りムラのあるピンクの塗装が安っぽい。ロータリーがある。壊れた自動販売機がある。
  • 新都駅。無駄に大きい階段が、二階の改札口まで続いている。駅とドッキングしたショッピングモールがある。立て替える前は木造のオンボロ。
  • 見られる流星群は「しぶんぎ座流星群」。観測史上最大の規模で、ピークには一時間あたり400~500の流星が見られるとの予報。
  • 駅前に奇妙なレストランが有るらしい。
    • ファミレスに客を取られ、ガラガラなのになぜかつぶれない。かまどで焼いた自家製パンが売り。全席喫煙。(定点観測)
  • この日有名なアーティストがライブをしており、街で見かけた人がいるという。
    • 90年代系の香りがする激しめのロックバンドらしい(エイプリルフールになる前に)
  • 文系の大学院が充実している。
  • 商店街がある。
  • 神社。寂れており、手入れはされていない。手水を取る場所と水取りの井戸があるがすでに枯れている。社の裏手から本殿にいけるが、一般人は立ち入り禁止。



登場人物[編集]

将太(流星タクシー)[編集]

38歳。タクシー運転手。ガキ大将気質。マルボロを吸っている。愛称は「将やん」。
  • 息子一人と、祖父と暮している。妻は亡くした。(うつくしき都市)

根津(流星タクシー)[編集]

28歳。タクシー運転手。ネズミにそっくり。噂好き。
  • 3/30日中に、山田二一美を轢く(乙女流星群)

拓海(風はまだ、吹きやまない)[編集]

15歳。陸上部。市外の高校へ進学が決まっている。愛称は「たっくん」。
  • 山田二一美にストーカーされているが、本人は気付いていない(乙女流星群)
  • 少子高齢化を食い止めるべく通り魔となる(うつくしき都市)

真奈美(風はまだ、吹きやまない)[編集]

15歳。陸上部。事故で両足と心臓を患った。余命の期限は過ぎている。

榊原冬人(幽霊の晩酌)[編集]

25歳。大学院生。院進学と共に新都市に越してきた。木下の所有する神社横のアパートに下宿している。
  • 酒の買い出しに訪れたコンビニで多喜山勤に会い、その異様な姿に戦慄した。(こんぺいとう宇宙人)

木下小雪(幽霊の晩酌)[編集]

29歳。高卒で、アパートをいくつか所有する大家さん。
  • 元々は新都市一帯の地神であったが、人に忘れられ、力を失っていった。あまりに自我が薄くなりすぎたために、人の姿に転生。現在の姿になった。かつての畏れを取り戻すため、災厄をもたらす《アラガミ》になろうとしている。(ぼくのかんがえたさいきょうのヤンデレ)

チャマ(カルマとサンサーラ)[編集]

21歳。幽霊。本名は長踏雅。

ロミ(カルマとサンサーラ)[編集]

17歳。本名はひろみ。制服が可愛いけどあまり賢くない高校の2年生。

山田二一美(乙女流星群)[編集]

15歳。同級生だった男子にストーカーまがいのことをしている。
  • 神社にいた浄源武久を襲い、人外認定された。地神の結界をいとも簡単に無視し、破壊する力を持つ。(ぼくのかんがえたさいきょうのヤンデレ)

庄山由香子(乙女流星群)[編集]

15歳。卒業前は学校で『最も苦労してそうな女の子ベスト1』。

山田莊一(乙女流星群)[編集]

市議会議員で、様々な方面に顔が利く。

坂東(エイプリルフールになる前に)[編集]

10年服役後、新都市にやってきた過去を持つ。仕事帰りの呑みが楽しみで、気のいいおじさん。

九十九(エイプリルフールになる前に)[編集]

自分探しの旅をしにきた、という少し肥満形な骸骨のような顔をした男。

たまたま呑んでいたところ、坂東と出会う。

多喜山勤(こんぺいとう宇宙人)[編集]

コンビニ店員。
  • 20代前半の学生。身長が高い。(約束/幽霊の晩酌)

サ・シャ・ラウラ(こんぺいとう宇宙人)[編集]

宇宙人。時間停止や空間転移の能力を持つ。

浄源武久(ぼくのかんがえたさいきょうのヤンデレ)[編集]

人に仇なす神々を滅する役目を持つ「浄源」の血族の戦士。自らの血に刻まれた「神を呪う力」を駆使して戦う。年齢は大学生くらい。

聡一(うつくしい都市)[編集]

15歳。新都市に増える老人たちを疎ましく思っている。

和馬(うつくしい都市)[編集]

15歳。新都市に増える老人たちを疎ましく思っている。祖母が糖尿病で亡くなっている。

おねだりジジイ(うつくしい都市)[編集]

85歳。将太の勤めるタクシー会社で働いている。いつも洗車を他人におしつけ、同僚たちから疎まれている。3/29の夜に、バットで頭を殴られて殺害された。

アヤカ(約束)[編集]

23歳。スナック『エイリアン』の従業員。火星人と形容される自分の容姿にコンプレックスを持っている。偶然、エイリアン裏にてサシャを探す多喜山勤に会う。

ユウカ(約束)[編集]

38歳。スナック『エイリアン』のママ。アヤカを「愛嬌がある」と言い、自分の店で働かせる。アヤカを大切に思う気の良い上司でもある。

ローファー(定点観測)[編集]

40代ぐらい。妻と息子に会社が倒産したことを言えず、駅前を徘徊している。

野球帽(定点観測)[編集]

60代ぐらい。廃ビルにかってに住み着いているホームレス。

タキシード(定点観測)[編集]

20代ぐらい。彼女に重大な告白をするために、時計台の前で待ち続けている。

ジョン・スミス(アザーワイズ)[編集]

30代。全身黒づくめの男。とある任務でこの街に来た。

ジェーン・ドゥ(アザーワイズ)[編集]

20代。全身黒づくめの女。ジョン・スミスの相棒。


伏線[編集]

回収済みの伏線も、まだまだ回収しておkです。

通り魔潜伏中?[編集]

  • 渋谷で起きた連続通り魔事件。その犯人が新都市に逃げ込んでいるとの噂。38歳。少し肥満形で骸骨のような顔。首の後ろに蜘蛛のタトゥーがある。(流星タクシー)
    • 自分探しの旅と称していた男が坂東と別れた後に、犯人が自首したというニュースが流れた。(エイプリルフールになる前に)

幽霊の噂[編集]

  • 三丁目の神社に夜な夜な女の幽霊が出るとの噂。(流星タクシー)
    • 木下小雪が月見酒と称して酒を飲んでいるところを、見た人が勘違いして噂を広めた?(幽霊の晩酌)

駅前のドーナツ屋の噂[編集]

  • 駅前のドーナツ屋が、こっそり麻薬を売っているという。(流星タクシー)
    • 店の裏で、不審な人物を見かけたとの情報がある。(風はまだ、吹きやまない)
      • 山田二一美が夜な夜な店からドーナツをもらっていた姿が勘違いされた?(乙女流星群)

宇宙人[編集]

  • 宇宙人の目撃者が増加中?(流星タクシー)
    • 青髪で、「私は宇宙人です」と言うらしい。(風はまだ、吹きやまない)
      • 時を止める能力のある宇宙人が存在している(こんぺいとう宇宙人)

外部リンク[編集]

210_~シェアワールドアンソロジー~
読者感想
小説企画会議スレ★3