第八話:抗う者達。前編

 最近の英正を取り巻く環境は、まるで平行世界に移動したかのように激変している。まあ、チュウ太が現れた時点で激変と言えなくもないが……。

 例えば学校。これまでなら登校したとしても何も無かっただろう。本当に言葉通り、何も。だが、今日は違った。

「あ、日向野君おはよー」

 教室の前で談笑している女子の一人が他でもない英正に声をかけてきた。染めた金髪にショートカットが特徴の金上だ。英正は唾を飲み込み、薄く息を吸い、腹に力を入れる。

 出るか? いや、出す! 出せる!

「……ぉはょぅ……ござぃます」

 蚊の鳴くような声。ま、まあ出ないよりは……良かったことにしよう。

「うおっ。お前……喋れたのか!?」

 真っ先に反応金上ではなく、隣にいた長身セミロングの女。
「あ、あかり~。ひどいよぉ」
 金上は膨れっ面になった。
「わ、悪い。冗談よ!!」
 彼女は米山 朱莉(よねやま あかり)。金上を見かければそこに米山在りと言えるほど仲が良い。そして、顔に似合わず意外と毒を吐く。今みたいに。

「て、てかさ、カオは日向野といつ仲良くなったの?」
「え~? 元々私の席の後ろだよ?」
「いや……まあ……。なら挨拶くらいは……そうよね」

 悲しいことに今日が初めてです。ただそれは沽券に関わるのことなので黙っていた。これ以上惨めにはなりたくない。

「……」

 英正はその場に閉口したままずっと立っていた。むしろ、そうしていることしか出来なかった。

 まず第一に、今自分が蚊帳の外である状況。膨れる金上、なだめる米山、傍観する英正。哀しいかな、居なかったことにされている気がしてならない。
 第二に、この状況下で、自分はいつこの場を離れていいのか、ということ。すでに蚊帳の外であるならこの場を離れても問題ない、そう考えていたが、それは間違いだった。この瞬間、もし英正が居なくなったとしたら、向こうはどう思うか。

 なんだ、あいつ私達のこと嫌いか? 仲良くしてやろうと思ったのに。

 これは非常に宜しくない。平穏なる高校生活が消え去る可能性がある。その思考がまるで影縛りのように英正を硬直させる。


 が、それも杞憂で終わった。


 校舎内に響く予鈴の音。

「あー、今日授業体育だあ!!」
「マジジャン。やっばっ」
「じゃ、日向野君、また後でね!!」

 英正は軽く二人に手を上げ別れの挨拶をする。救われた。なんとか、乗り切った。安堵する。平穏、なんていい言葉だ。

 しかし、女子に朝の挨拶をされるなんて、幼稚園以来か? 

『……体育、お前もだろう? 同じくクラスなんだから』

 そして、脆くも崩れ去る平穏。英正は泣きそうになりながら廊下を全力疾走した。