第三話 崩れた天使の向かう先

「神様、ご無沙汰しております」
 ボクとウーエル、オーエルの三人は神の前で跪く。巨大天使メタトロン
達ほどではないがボク達の体躯の10倍は優にある神の巨体を前に普段は落ち
着きのないウーエルですら静かにしているようだ。

 この部屋で神様と会うのは3度目になる。とはいえ記憶にあるのは成人の
儀を終えたとき、一度のみ。生まれたときにも神の間へと連れてこられた
そうだが当然記憶にあるはずがなく、つまり何が言いたいのかと言うと極
度に緊張しているということである。オーエルに至ってはこれが初めての
経験となる。見ればかわいそうになるぐらい顔が青ざめており緊張のほどは
計り知れない。ウーエルはさすがに図太くさっきから微動だにせず、顔を
見ると目を閉じ落ち着いた表情を浮かべている……って、ウーエル寝てる!?
どうりで静かなわけだ。とはいえ起こしてしまってうるさくなられても困
るので起こさないでおく。


「アーエル、ウーエル、オーエル。継承の儀を賜るべく参上いたしました」
 二人の弟の間に位置しもう一度頭を下げたボクは、ここでようやく頭を
上げ神の顔を見る。いかつい骨格に対し優しそうな目。普段建物の中から
出ていないはずなのに日で焼けたように黒がかった肌の色。そして微笑み
をたたえた口元がわずかに動いたかと思うと神はボクらに向けて言葉を発
する。

「神様なんて堅苦しい。私事で会うときはお父さん、もしくはパパでいいん
だよ」
 うん、残念すぎる第一声。前に会ったときにも痛感したことであるがそ
のごつい外見とは裏腹に神はとってもフランクであった。

「継承式は私事ではなく公事です。それに現存する天使は皆、あなたによ
り作られているのですから呼び方はパパでも神でも意味は同じでしょう」
「アーエルは相変わらずつれないなあ」
「ふざけていないで式の進行、お願いできますか?」
「そうせかすなよ。家族の久々の再会だ。長く時間を共有したいと思うのは
親の摂理だろう?」
 大げさに首をかしげる神。これがボクらの緊張をほぐすための芝居であ
ればよいのであるが、この捉えどころのない話し方を地で行くのがこの目
の前の神である。昔は普通の話し方であったそうだがどうしてこうも劣化
してしまったのだろう、多忙ゆえのストレスであろうか。
 ボクはあきらめて神の言葉への訂正をやめる。

「……黙ってしまうとそれはそれで張り合いがないな。まあよい、悪ふざ
けが過ぎても興ざめだしな。では、継承の儀を執り行うとしようか」
 神の顔から笑みが消え、そこには学校に飾られている神を模した像よろ
しく厳格な神の姿があった。張りつめる空気、聞こえてくるのは隣のウー
エルの寝息のみ。この静かな空間に緩んでいた緊張の糸が再び張りつめる。

「達成感無き天使、アーエル。平穏無き天使、ウーエル。自負無き天使、
オーエル。神の候補に選ばれし3人よ、前へ」
 さすがにまずいのでウーエルを小突くボク。ハッと目を覚ましたウーエ
ルとともにボクらは歩を進める。


「三名とも今までよくぞ耐えてきた。神は悪しき心を知らねばならぬ。そ
の考えの元、善とされる感情の欠けたお前たちは今日に至るまでいくつも
の苦難、葛藤があっただろう。オーエル、お前は自信なき故常に不安を抱
えて生きてきたはずだ。ウーエル、お前は闘争心を抑えることができず周
りから煙たがられることも多かっただろう。そして、アーエル。いくら努
力しても実感できない苦悩はどれほどのものだったろうか。けれどもお前
たちは折れず、腐らず、まっすぐに、不断の努力で正しき精神を育ててき
た。私はお前たちを誇りに思うぞ」
「……」
 認められている。ボクの努力が、葛藤が、生き様が。いままで誰から称
賛されようが自分が欠けた存在であることに気付いた時から揺れることが
なかった心が熱くなる。ボクはこんな気持ちにもなれるのか。いままで気
づかなかった自分の一面を感じ取ったボクは自然と目頭までが熱くなる。
 神の言葉は続く。

「お前たちは自慢の息子たちだ。しかし、惜しいことに今から神となる者を
伝えねばならない。だが、わかってほしいのは選ばれなかった者も私の愛
すべき息子であるということ、そして神となることだけがお前たちの存在
理由では無いということ。自分の道を探し、下から皆を支えてもらいたい
のだ」
「……」

「もちろん、神に選ばれたものは先頭に立ち天界の皆を導いてほしい。お
前たちの今まで培ってきた心はその時にこそ真価を発揮するだろう……前
置きが長くなった。私も心の準備ができた、お前たちも大丈夫であろう」
 息をのむ。とうとう運命の時が来たのだ。場の空気は極度に張りつめ、
胸に手を当てればボクの心のざわめきが聞こえるだろう。目の前の床がや
けに近く感じる。ボクは姿勢を正した。

「次代の神、私がそれと認めたものは……2人」
「えっ」
 ふたり……2人!? 神とは絶対なる存在。それが、2人、そんな。

 とっ散らかったボクの思考をよそに神の言葉は続く。

「ウーエル、そしてオーエル。お前たちが次代の神だ」
「へっ、俺!?」
「っ……」
 声を上げるウーエルと押し黙ったまま顔を伏せているオーエル。ボクは
そんな2人の隣で声を失う。


 今、神はなんと言ったんだ?